FC2ブログ

大きな仕事を終えても、続けることが大事

先週、予備校に卒業生たちが遊びに来ていました。

彼らは適度に遊んでいるようですが、死ぬほど勉強させられているとの話も耳にして、

医学部生もなかなか大変だよなー、まだ医師免許試験もあるしなー……って考えていると、

結局また6年間の受験生としてスタートさせるわけなんですよね…。

先月も我が軍の個別で教えていた、現在就活中の学生が私のところに電話してきましたが、

大学3年間は遊びよりも、バイトや勉強ばかりしていて、

ゆっくりする時間がなかったと話していました。

(ただ、そいつは面白い経験値をつけていたので、またどこかで…)

彼らと同様、私も原稿から脱稿したのはいいもののやることが山積しており、

特に今年の受験生は死ぬほど勉強してくれるので、

新しいテキストや授業構築を入念に行わなければなりません。

その勢いがあるので、学生にもものすごく勢いを乗せた話ばかりしてしまいます。

まあ学生には刺激になっていたらいいなーってぐらいに思っています。


さて、そんな感じで、真面目に頑張っている人たちはのんびりしていません。

(私も一応仕事はしていますwでもヘタレの部類なだけですw)

大きな一大イベントを終えても、先のことを考えて、ガンガン進んでいます。

それだけ自分の仕事や勉強にプライドを持っているわけですが、

本来ものごとを続ける、生活し続けるってことは、

こうやっていろんな所へ目を配らせておきながら、1つのことに一心不乱になることですよね。

大きな達成をしたらしたで、また目標が現れてきます。そして、また反復が始まって、

葛藤して、ワーワー言って、また成し遂げての繰り返し。

私は英語を通じて、英語そのもののことを教えるよりも、

反復と対立と達成の関係性を知ってもらいたいっていう欲求の方が強いです。

英語の知識なんて、それなりにやってりゃだれだってつきますからねw

いつか、そういった人生論に密着したレベルの英語授業ができるように今頑張ります!
cancan
Posted bycancan