FC2ブログ

4月から6月終わりまでは知識定着80%を目指せ!

さて、予備校も個別組の授業も落ち着いてきて、軌道に乗ってきました。

長年指導している学生たちは、高3に入ってから文法事項を30~45分だけにして、

後は自主学習でやってもらい、長文事項に全力投球しております。

まあ高2の早い段階で長文に入る学生が大半ですが、

文法がなかなか定着しない人もいるので、一応高2冬もしくは、

1年半だけは文法をみっちりやっております。


予備校で1年でケリをつける学生たちはどうしているかというと、

4~7月手前までに文法事項と英単語を処理することを目標にして、

インプット重視で学習に全力投球してもらっております。

この時期によく「長文を読まないのは不安だ」と言われるのですが、

それは自習でやれることであって、受験を経て一度ある程度読んでいるので、

初期段階は文法事項を重視して私はやっております。

文法事項って後半になればなるほどやる機会が減るし、

模試では長文事項で点数を取れていなきゃならないので、

文法事項に手を回すことができないんですよね。

もちろん前半期にも模試はあるのですが、前半期の模試はまだまだ長文が読みやすく

特別に何かをしなくてもスコアが出ちゃうんですよね。そして、文法や構文をしっかりやっていると

それなりにスコアがでちゃったりするんですよね。

そんな1年のスケジュールのこともあり、文法はとにかくさっさと覚えてもらい、

夏に死ぬほど長文を読んでもらうことにしています。

どれぐらい読むかというと、そうですねー、夏休みに多い学生でしたら

400ワードクラスの英文を150本読みます!これは1日2~3本ペースです。

かなりの量ですけど、文法が出来上がっていると

躓く点が少なくなってるのでこういう量を読み込めます。

そして、問題点が複雑な文法構文内容と単語だけになってくるんですよね。

この状況と分量を読めた学生は、偏差値70から75に到達します。

ま、短期集中と私のゆるめな管理と学生の意志があればこういう状況には

仕上げることができます。長文をやらないってのはまずいかもしれませんが、

基礎事項を覚えることを優先すると時短に繋がることを結構気づいていないんですよね。

まあ自分でやるってなると、結構気が遠くなるような作業にみえるのかもしれませんね。

しかし、国立医学部の上位の闘いはここまでできて当然で、

その先でライバルを出し抜かなければならないので、その積み上げ方が難しいんですよね。

そして、ここからが予備校講師の腕の見せ所なんですよね。

いかに少ない分量で彼らに大切なことを沢山教えられるか。

今年はこのことが私にとっての課題で、国立志望がたくさんあつまってしまったので

しっかり教材作りをします。

私にとって「前半は文法!」と言い聞かせているのは

長文授業を本格的に始める前のモラトリアムともいえますw
cancan
Posted bycancan