FC2ブログ

スロースターターでも段階を踏めば一変できる!

2月から指導している中1の学生が4月になって飛躍的に進化を遂げ、

5月~6月中には中1の範囲を終えてしまいそうな状況になってきました。

正直最初はスペルの怪しく、ありえないだろうっていうミスをしていたのですが、

反復練習をしっかりこなしてくれて、単語をしっかり覚えてくれたので、

毎週授業をするたびに復習が完璧で、取りこぼしが少なく、

予定通りのスピードになってきました。6月に英検を受けさせますが、

多分思った通りの結果になると信じています。

うまくいけば、来年の1月には準2級を受けさせたいですね。

学生本人は実感していませんが、まあ私は毎年そんな感じなので、

是非ともそんな風にもっていきたいですね。


私も実はこの学生のように出だしのスタートでもたついた一人です。

私は中1の範囲で扱う一般動詞とbe動詞の区別がよくわからず、

それを理解するのに相当時間がかかりました。

ルールがいっぱいあるとどうしてもパニクってしまい、

また代名詞の意味もよくわからずにいたので、

普通の単語を代名詞に置き換えろと言われてもよくわかっていなかった学生ですw

しかも、中3の状況でです…。

しかし、塾でしっかり基礎を春休みに叩き込まれて、2か月で中2の基礎を叩き込んだおかげで、

あとは惰性と演習量で、半年の期間で中3の範囲をすべて終わらせました。

スロースターターの学生は1つはまってしまうと、うまくいくことがあります。

そのスロットを探すまでは、私も親御さんも、そして学生も我慢です!

そのスロットを見つけ出すまでに1ヶ月という学生もいれば、

1年かかることもあるので一概に「こんな方法がある!」って言えないのですが、

努力を積み重ねていると必ず大きな変革がおとずれます!

ずっとやっているのに変化がおとずれないってこともあるのですが、

それは、

1、定期的に勉強をしていない、まばらにやってしまう
2、わからないことをわからないままにしておく
3、やっているけど頭の中は上の空


だからでしょう。勉強にマインドが向かっていなければ、成就は無理です。

勉強を好きだと言う人は稀かもしれませんが、嫌いな人でさえも

「これをやらなきゃダメなんだ。理解できるように頑張ろうかな!」って思うものです。

それさえも放棄して、「疲れたからもういいや」、「やってもできないからダメなんだ」って

悲観していてはいつまでたってもできるようになりません。

コツコツやり続けて、それを自分や親御さんや予備校の先生に統制してもらって

ある程度できるようになるんですよね。

私が中学生にやっている授業は相当オーソドックスなもので、

特別な解法なんて一切教えておりません。

でも、コツコツやることを約束してもらえれば1年以内に中3の範囲まで

ある程度網羅してできるようにしてきました。

勉強への気持ちが逸れている学生や、やる気がない学生、

極度にネガティブな学生はやはり私とやりとりしていてもできるようにはならないし、

やっているだけ辛いと思うでしょうね。

空元気でもいいので、前向きに頑張っていきましょうね!
cancan
Posted bycancan