FC2ブログ

一人一人の学生のことを考える必要性

指導がひと段落するこの時期にになると、やはり考えることは

「来年はよりどうやったら、どのように考えたら指導がよくなるだろうか…?」

でしょうね。これを考えなければ、講師としてはやっていてはいけないのかもですね。

今年は他の仕事も多く、できない学生には手が回らないだろうって思い、

仕事を引き受ける前から英語の成績が比較的伸びそうな学生に絞り、

そのせいもあって授業はスムーズに向かったように思います。

また、質問も敢えてそっけなく受け答えをした部分があり、

学生も私に質問しに来ませんでしたし

(できる先生がいっぱいいるので私の出る幕がない(笑)私が受け持った生徒のだけ!)、

とにかく楽させてもらい、他の指導学生に目がいき届いたように思い、

結果的にはやはり多くの人間に成功がもたらされたかなーって俯瞰しています。

でも、とくに予備校の学生ですが、突っ込んでやってあげた感は正直ないです。

講師として手助けをしたという手応えは正直なく、

できる学生は他の科目に全力を捧げ、英語の勉強はとにかく解きまくって、

自分で処理できるレベルになればいい!っていう状況にしてしまいました。

まあある意味理想でしたが、きれいにまとまりすぎたのもあり、

今年は本当になんかやったかなーっていう感じしかありません(笑)

しかし、仲良くさせてもらっているベテランの先生から、

「生徒一人一人、人間にしていくことをしていく努力もしないとね。

一つのことを紋切り型のように指導するのは、やはり指導とは違うよね。

時分のやり方について来れない人を排除しきってしまうと、

やっぱりへこんで、その学生の勢いがなくなっちゃうほうが一般的なんじゃないの?

全教科ダメってなったらやはり受験したくなくなっちゃうよね…

ある程度褒める部分はつくってあげとかないとまずいから、褒めて伸ばす、

そしてその学生に見合った方法を構築する必要性はあるかな…」

非常に考えさせられましたね。もちろん、その学生の適性を考えながら、

説明も宿題の分量も、方針の持っていき方も考えているつもりですが、

その1人1人への配慮の的確さはまだまだ甘いなってのは、

お話しさせてもらってからちょっと気づきました。

私自身が師匠についていけなかったらダメだって思いながら

英語を習得してきて、そして師匠は容赦なくふるいにかけて

できるやつらだけを残して精鋭部隊を作っていたので、

私は「デキなければアウト」と「ついてくればできるようになる」の思考でしか考えたことがなく、

寄り添うってことは普通の予備校の先生よりはしていないかもしれませんね。

先ほど助言をくれた先生の話を鵜呑みにはできませんが、

少し考える余地はありますね。

でも、そこまでしなければ医学部へ行けない学生をみるのはどうなんでしょうかね。

そういうところまでお膳立てしてしまうと、

結局いざとなったところでやはり誰かに頼るくせができてしまうのではとも思います。

自分で勉強するスタイルを作るようにしなきゃってところとの塩梅がやはり難しい。

そうはいっても、家庭教師の指導生はやはり私と指導生の同意で成り立っているので、

ある程度真剣についていける学生しかみないようにはしますよ。

予備校の指導の見直しをこれからして、また受験戦争に備えます♪

cancan
Posted bycancan