FC2ブログ

結果が出ていない学生に私がすること!

なかなか結果が出てこない学生ってやはりいます。

受験の結果が出てこないのが一番つらいのですが、

日々勉強を重ねている学生だってできていないとへこみますよね。

いやー、最近医学部受験に奮闘している学生たちのブログを読ませてもらっていたりしますが

本当モチベーションを維持するだけでいっぱいいっぱいな学生がたくさんいますね。

成績を上げることがモチベーション維持の秘訣ですが、

それ以上に医学部受験生のブログを読んでいると、

モチベーションを維持するためだけにいいことしか言わない先生もいるんだろうなって

私は裏にある論理をどこかで考えてしまいます。

やはり、後先を考えた場合、いいことだけは言ってられません。

受験直前にはあまり言えませんが、時期を見て厳しいことは容赦なく言うのも

その人への優しさではないでしょうかねって思うことがしばしばあります。

厳しいことよりも、優しく接してほしいことを望む学生は

やはり自分のやりたいことへ突っ走るので、わき道にそれることが90%です。

自分のことを自制して突き進める学生は本当に一握りでしょうね。

ちなみに医学部予備校にいると、そういう自制心をもって勉強している人は

ほぼいません。

(まあ本人も親御さんも講師側もみんなそこんところを同意しているからこそ、

医学部予備校が成立しているんですけどねw)

講師側はそこをいかに厳しいながらも学生についてくるように努めるか、

あめと鞭を使い分ける実力も問われるように思います。

(私はどちらかというと、鞭強めです。精神的に弱い人は私とは合いません。)


そんな私ですが、やはりちゃんとやっている学生には

それなりに真摯な気持ちで言葉をかけます。

私が気にするのは、いついかなるときでも

「この生徒は何ができていて、何ができていないかを分からせなきゃいけない!」

ってことです。

そこがわかっていれば、そして助言が的確で納得のいくものであれば、

ちょっとできる学生ならば「ちゃんとやらなきゃな」って思うんですよね、多分。

というわけで、私が常に助言する内容は、

「ここそこはできている!素晴らしい。さらにこうすると伸びる!

一方でここはダメ。ゴミレベル。だから、このことは絶対にできるようにしなさい。」

表現はまちまちですが、一例としてはこんな感じで言います。

はっきりいいところと悪いところ!

を明確にすることが学生にも親御さんにも意味があるんだと思います。



そして、もう一つは、明らかにやっていないってことに気づいていない人用ですが

容赦なく叩きます。

クレーム覚悟です。相手の精神を折ることも覚悟の上です。

事実を言って、変えないとダメって思ったら、やはり言った方がその人には得です。

それを直せなければ、もしくは譲れなければ、先生を変えればいいんです。

そのかわり、自分の信念は簡単に曲げないことですね。

はっきり言って対立してあげないと、中途半端にずるずる行くだけだし、

先生を変えるにも変えられなくて、飼い殺しになっちゃうことだってあるんですよね。


そうはいっても、私は数年前よりも語勢がなくなっておりましたが、

今年はダイヤモンドの原石みたいな学生ばかりなので

ガンガン攻めていこうと思います!
cancan
Posted bycancan