FC2ブログ

焦ることよりも終わらせられるかどうかを気にすること

我が軍の高2の学生にとりあえず宿題やった!って感じで提出する学生がいるのですが、

そいつはいつも私に苦言or叱責を食らいます(笑)

とりあえずやったぞ!っていうアピールは、私には通用しないです。

宿題をやった!って言えるのは、

「宿題を取り組んで、自分の実力の骨や肉にできた!そして、全部問題を解いた」

もしくは、

「やってはみたが、自分の今ある知識では解けないような気がしたから、

質問や疑問点を提示するところまでは準備してきた。

または自分の答えを根拠立てて出してきた!」

っていうぐらいでなければダメです。

焦ってただ埋めるだけでやったことにする学生は多分たくさんいます。

学校の課題って時間に追われているがゆえに、

こうやってとりあえず怒られないようにしておこう

or成績の見栄えを良くするために仕方ないという理由で、

やっつけ仕事みたいに終える人もいますよね。

私としてはそうやって焦ってやっている宿題を提出されるくらいなら、

「やっていません!すみません、次回から必ずやります!」

と言ってくれた方が潔くて好きです。(ただそれを3回連続で繰り返したら、怒鳴ります(笑))

提出の義務よりも、自分の能力向上の度合いを考えてほしいですね。

そういう意味では、焦らずに丁寧に問題や課題を解いてくるべきです。

この手のパターンはあまり我が軍にはいないのですが、

たまに「お前、宿題指定してなかったよね?」ってハブらかすパターンは一時期あり、

叱責したことがあります。

中途半端はやっていないよりもある意味たちが悪いです。

何に重点を置くべきかを良く考えて、中高生は課題を取り組んでほしいですね。


ちなみに医学部の正規合格がちらほら出てきました。よかったです!

さて次は藤田と埼玉医科の後期対策準備です!

残念ながら藤田後期に引っかかった学生をみたことがありません…。

埼玉医科の後期受験合格者は過去に数名正規でみております。

埼玉医科の英語にはあるからくりというか、作っている人の癖があるのですが、

そこをつくと実はすべての問題が2択に絞れるんですよね。

そのコツだけ教えて、英語が苦手な学生が高得点を取ってきたことがあります。

残念ながら、それはここでは絶対に教えません。

これは2年前に見つけた法則で、商材レベルですので、ここではおっぴろげません。

授業を受けてくれた人にしか教えませんのでご了承ください。

でも、勘がいい人は多分わかる!!まだまだ食らいつきましょう!


今日から九州に行ってまいります。仕事とバカンス両方です。

九州で吸収した知識をどこかで披露できたらと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan