FC2ブログ

藤田1次合格速報+やはり4択問題は実力を創らない

藤田の結果が昨日はいってきました。

藤田の定員数が増えたのも影響しているかと思いますが、

予備校内に結構合格者が多く、私が見ていた学生達も複数1次合格にたどり着きました。


しかし、すげーできるよなーっていう学生が滑っていたりしており、

波乱も少なくありませんでした。とはいえ、英語力で勝った学生は正直数名ですかね。

多分、数学や理科のおかげであるかなと正直思っております。

しかし、1次合格が出ただけですから、油断はできません。

なんとか合格へ辿りついたら最高なんですけどねー。

まずは3日・4日が講師としてもドキドキします。


私は相変わらず夜だけの指導をしております。

今年は高1・高2生が多く、2月もガンガン授業です。

今年も去年に引き続き、文法事項は4択問題ではなくて

並び替えさせたり、英語を書かせております。

数年前から記述メインのテキストを作ってから、4択問題は宿題でしか出さず、

確認テストは基本的に英作文かカッコの穴埋めしかさせておりません。

先日、英語が苦手だと言っていた学生がついに芽を出し、

スコア自体が大幅に変わったのですが、その学生にもやはり記述させることを指示しました。

そして、今年はさらに30分ほど自由英作文まで組み込んでおり、

さらに知識を駆使して書かせています。書いて書いて書きまくる!

それぐらいやらないと英語はできるようにならないと悟りました。


残念ですが、

年末に4択問題が多めの問題集で文法事項をごまかそうとした学生は

やはり全員うまくいきませんでした。

文法の実力はとにかく早めにつくるべきですね。

そして、書けるレベルにまでさっさとはいあげて、長文を解きまくる。

このサイクルをいかにスピード感をもって作れるかどうかで、全てが決まります。

正直、医学部で私立上位+国立大学医学部を目指すのであれば、

1年間長文を読みまくれて、文法は難問をピックアップして解くぐらいの実力に

仕上がっていないと、多分英語は足を引っ張る教科になります。

医学部受験は年々厳しくなっております。

それでも超高速で頑張らないといけないのが現実。それから逃げずにやれるかどうか。

来年の家庭教師指導の学生たちの大半が医学部志望なので、

早い段階から意識高めで準備してほしいです。
cancan
Posted bycancan