FC2ブログ

絶対勝てない勝負なんてないし、絶対に勝てる勝負もない。

この時期になると、精神論がものを言う時期です。

この12月に必要なのは、演習量と気迫と思い込みだと考えます。

演習量を増やせば必然と現実がわかり、それを潰すことで自信が生まれます。

大事な作業ですので、残りの時間は演習しまくってくださいね。

そして、この時期は気が滅入る時期です。

正直に夏までにそれなりに勉強してこなかった学生には現実をぶつけ、

それでも這い上がって来れるぞ!っていう学生しか私は相手にしませんが、

(夏にあれだけ時間が与えられてやっていない学生はただの怠け者だからです。

怠け者は嫌いです。現実逃避する人もあまり好きでないです…。)、

そういう這い上がる学生でもやはり気持ちは不安定です。

そういう時には「気迫」と「思い込み」をするように言います。

思い込みって非常に怖いのですが、

周りのことを気にせずに物事を進められる推進力があります。

暗示に近いですかね…「自分はやれる!」って本気で、

様々な理由を勝手につけて「できる」、「すべてこたえられる」って口に出してもいいです、

とにかくそれを思い込みながら勉強してください。

すると、尋常では考えられないほどの量をこなしていることに気づきますから(笑)

あとはこんなのどうですかね?

「絶対勝てない勝負なんてないし、絶対に勝てる勝負もない。」

受験は受かる人がいて、定員が定められている以上、

絶対勝てる!と絶対に負ける!はないんですよ。

(東大の理三と京大の医学部と慶応の医学部とかは日本の何番とかっぽいですが…)

どんなに優秀な学生でも、風邪引いてダメになることは十分ありえる状況です。

それを期待したり、意図的にその学生に仕向けてはいけないですが、

とにかく受験に「絶対」はありません。

私は中央大学法学部がA判定かB判定しか取っていませんでしたが、

見事に現役でひっかかりませんでした。

滑り止めの日大法学部でさえも補欠でしたからね(笑)

本番は本当に何が起こるのかわかりません。

テニスコートの中には魔物が棲むのと同じです。

(ギャグマンガ日和のOPにもこのフレーズでますよねw)

そんな気迫あふれるイメージをつくって、勉強しまくってください!


絶対勝てない勝負なんてないし、絶対に勝てる勝負もない。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply