FC2ブログ

記述に強い英語力を作る!

さて、英検のサンプル問題を受けてきた学生にいろいろ話を聞き、

なかなか新しい英検の問題はエグいねーって学生と話していました。

おそらく第3回の英検ではその問題変化はないでしょうから、

第3回のうちに英検2~準2級をとっておくことを目標に

現在我が軍の高1~中1までは必死になっております。

特に英検2級と準2級に英作文が入るようで、

その内容も学生に言わせれば「何も書けなかった」という学生と

「先生のいつもの覚えていればそこまでひどいことにはならないはず」

と言う学生の意見をいただきました。

我が軍は英検をはじめ作文の対応力はハンパないです。

基礎英文や構文を徹底的に叩き込んでますし、質問は毎回えぐいので

文構造を理解する点では非常に卓越している学生が多いです。

中1の時点で高1が解く和文英訳を完璧にできる学生も結構います。

中3の一人の学生は、高校の模試をやらせても結構いい線行っている答えを出してきます。

「英文が書ければ話せる!」ということをよく学生にしているのですが、

今までの「単語を覚える」ことと「長文を読みまくる」ことに加えて、

来年はスピーキングの準備のためにガンガン書かせる予定です。

これまでは2年ぐらいかけて単語・文法・英文読解の基礎をやってきましたが、

それではもうダメですね。受験英語なんてそれだけ叩き込んで

アメリカなどで留学して英語を聞いたり話せば全部できるようになるだろう!

っていうほど悠長なことをいってられないくらいにそろそろなるかなーって

テストの変化や学校の課題をみていて思いました。

そして、中学生のうちに公立中学がやるペースでちんたらやっていたら

後々求められる英語力には到底到達できないなって容易に予測できます。

だから、少なくとも中高一貫の学生には中学生の間に高2までの構文・文法を叩き込み、

最低限100ワード以内のエッセイが書けるレベルにまで仕上げる目標にし、

あとは膨大な量の英文を読みながら単語を覚えたり、

英語を話したり、聴きまくったり、

後々の指導ではプレゼンまでやらせようかなって思っています。

とにもかくにも、スピーキングとリスニング強化のために、

単語を覚える作業と書けるようになる作業にも着手していこうと思います!

(書けるようになれば話せる!ってことをいずれどこかで公表したいのですが、

ここではまだいたしません。私は私なりに英語習得方法を持っていますが、

まだまだひけらかしませんぞ!(笑)

授業でも大半の学生には読みと書きまでしかちゃんと話していないっす。

またどこかの機会で…)
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply