FC2ブログ

難しいものをやって目が輝く人はうまくいく人。

最近、英検を終えて難しいことをやっている学生が増えました。

10月の英検でたくさんの合格の声を聞けたので、

先に進める勉強をガンガン進めているのですが、

多くの学生が後退せずに前へ進んでいます。

うまくいったという自信は大きな推進力になりますね、ホントに。

でも、そうやって成功や自信を手にする人って共通することがあります。

それは、

「失敗してもいいから難しいことをやろう」っていうことですかね。

失敗から何かを得られればいいやって無意識に捉えていて、

難しいことをやっていれば

必然と基礎(自分が知っていること)をわかっていなければできないって

考えられるようになるんですよね。

難しいことをやっているに人は向上心が垣間見れるので、

結構期待しちゃうんですよねー。

ただ、自分の実力とかけ離れすぎたことをしていると、「虚勢」ととられるので

実力をしっかり見極めたうえで、

今の実力よりちょっと難しいってものをチョイスしましょうね。

去年はとにかくそういう学生が少なかったですから、

やはり最後まで伸び上がらない方が多かったです。

今年のわが軍はそこに早い段階で気づいていた学生ばかりで、

基礎を早く終えたためにうまくいっていますが、はたして受験でうまくいけばいいのですが…。


身近な先生がよく言うのですが、「現状維持は衰退の一路を辿る」

ってのは今回私が言いたいことをうまくあらわしているなーと

耳にするたびに思います。

基礎ができたら即実践・応用レベルへ。ダメならもどればいい。

レベルアップするためにはこれを繰り返してください。

難しいものをやって目が輝く人は、最後の最後で実力が伸びるし、うまくいきます。

明日からは12月。受験生はマジで頑張ってください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply