FC2ブログ

お願いだから単語を覚えてくれ!(笑)

先日、学生たちにある単語の意味を尋ねました。

みなさんもちゃんとできますか。とりあえずどうぞ。

●次の英単語の意味を答えなさい。
1. complain   2. acquire   3. conclude   4. remain

非常に簡単ですよね。

1.不平をいう 2.~を習得する 3.~だと結論付ける 4. 残る ~のままだ

こんな感じです。なんてことないですよね?

お前、何聞いてんの?なめるなよ?って思いますよね(笑)

しかし、お前はなんでこの単語をチョイスしたのか?って思いますよね。

ちょっとお話ししましょうか。

こういう答えを反射的に出していませんか。

1. 説明する (explain) 2. 要求する(require) 3. ~を含む(include) 4. ~を思い出させる(remind)

我が軍の多くの学生がこんな状況で私は嘆きました。

本人たちにがっかりですと申しております(笑)

でもですね、これって教える方にも問題があると思いました。

というか、単語を1つ1つ教えることは不可能というか、したくないというのが本音ですが、

先日ブログでお話しした単語帳の弊害は、こういう形で出ております。

つまり、頻度の高い単語が先に頭に浮かび、それに近いスペルのものは

みんなその意味になってしまうんですよね。

3.の問題がまさに典型的なものです。

concludeよりもincludeの方が単語帳には先に出てくるんですよね、多分w(生徒が言ってました)

で、containという単語も「~を含む」という意味で、結構聞き慣れていると思うんですよ。

すると、嫌でもconcludeは経験値だけでいけば「~を含む」になると思うんですよ(笑)

すごくないですか、この連想っぷり(笑)

今の英語を読解問題だけで乗り切っている学生の多くは

このように単語を正確に覚えないで、ノリでこのように推測するんですよね。

文脈の推測をするのは構いません。

非常に頻度が低かったり、専門用語を推測するのもいいでしょう。

でも、受験の単語ごときのものに推測するのはいかがなものですかね。

それは感じでいう、「棒」という漢字を

「木にまつわるもの」ぐらいにしかわかっていないっていうレベルの話だと思います。

こういうのが無数にあれば

例えば「棍棒」(こんぼう)という言葉を全く知らない状況から解釈する場合、

「どちらもきへんだから「自然、木にまつわる物」って考えてしまえば、

おそらく「武器」という連想はありえない」、ってこともありえるんですよね、きっと…。

いやー、本当にまずいなって思います。この状況。

頻度の恐ろしさや、単語帳の整列順番の威力にビビりました。

仮に、すごく難しい単語を前のページに置けば、たぶんそれを覚えるのでしょうね…。

市販の単語帳はやはりダメですね。テストをしていてもこれですもの。

自分で身を削って単語帳をつくらないと、単語が単語として印象には残りませんね。

来年は本気で市販の単語帳をつかった学習をやめようかなって思う起源が

こういった学生の答えから生まれました…(笑)

自分が単語帳を使ったことがなかったので、こんなのがあったら楽だよなーって思ってましたが、

楽して知識を得るなんて、やはりダメですね(笑)大した知識にならない。使える知識にならない。

だから……

学生達よ、頼むからもっとちゃんと単語を覚えてくれ。

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply