FC2ブログ

来年は単語帳をやらせるのをやめようか迷います。

現在、英文読解法に関する記述を頼まれて書いておりますが、

それを書けば書くほど市販の英単語帳を使いたくなくなります。

市販の英単語帳って、英語と書かれた赤字の和訳を覚えるようになっていますが、

例文がついているからといっても、何の脈略がない例文では覚えないよなー

って思ってしまうんですよね。

だから、システム英単語帳やターゲット1900はあまり好きではなく

速読英単語をお勧めするんですが、それでもやはり読解問題がないから

英文を読み込んでいてもダメというか、

学生は1つの英文を読んでそれをやり込もうって気を持たないものなんですよね。

今年の学生にも一応単語帳を持たせておりますが、やはり不十分です。

というか、単語帳のテストのために単語を覚えているだけで、

長文や文法問題に出てくる単語に連結できないので、スコアに直結しませんでした。

長文の中でこの単語はね…と説明した方が

まだ学生には単語の意味が残っているのに気付き、

来年は毎日単語がちりばめられている長文読解問題を事前に渡して、

それから単語調べを自分で行わせ、

渡す長文もジャンルをある程度絞って同じような単語が出るようにしようかなと

少し模索しています。

私も単語帳はほとんど使ったことがなく、長文のなかで英単語を覚えた人間で、

時間が無くなったから単語帳任せにしようってなってから単語帳を手に取った人間です。

だから本来単語帳というのは、専門用語重視で難解な単語のためにあるものだと

私の中では勝手に思っています。

基礎単語というか、高校生までに習う単語はやはり長文のなかで理解し、

それを自分なりに単語帳としてつくった方がやはりいいかなと思います。

努力が単語を頭に刻み込むはずなんですよ。

英語ができない人ほどそういう努力をしていないかなと、

いろいろな学生をみていて思います。

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply