FC2ブログ

長い文が読めないのを克服しよう

今の学生はツイッターのタイムラインを読んだり、

まとめサイトを読んだりして、情報の閲覧が非常に簡単になっているために、

逐一文脈を追って情報を手にすることをしなくてもよくなりました…。

また、LINEやTwitterなどのSNSが普及してから、長い文を打つこともなくなり、

ますます長い文に触れることなんてなくなっております。

そのせいもあり、学生の多くが、英文を読むときに一文一文を読むことよりも、

動詞やディスコースマーカーだけで大体の内容を読むというよりも、

取り出す感じで情報をかき集め、それと類似した内容のものを答えとして

選び出しながら解答する、

という非常にいびつで確信が持てない英文読解をしております。

我が軍の今年の学生のなかに

あまりそうやって横着する学生がいないのでいいのですが、

予備校の同僚や家庭教師仲間から苦情一歩手前のダメ出しを聞いて、

私は今年本当に学生に恵まれてるわ―って思わされました。

情報をただ取り出して、それを言い換えているものを選べばよいなんていう

読解方法ではある程度のところで実力の伸びが止まります。

一文一文最初はしっかり読み込んでから、そして、

段落内容を意識することをしっかり身に着けてから、スキミングをしてほしいなって思います。

今年はそれを口酸っぱく言っているので、前期の時点で相当英文を読ませました。

しかも、パラグラフリーディングをするためでなく、一文一文精読させました…。

さらにそれを1日1本~2本ペースですよ。他の科目の学習もあります。

かなりハードでしたが、それをおおむねこなせた学生は偏差値75の世界へ突入しております。

長い文に抵抗なくするためには、とにかく長い文を読むことですね。

私はこの時期からは医学ネタの英語ブログや、TIMESで話題になったネタをコピーして

学生に配って、要約させたり、授業の間でそのお話をしたりして、

「あ、読まないと話についていけないかも?」って思わたりしております。

学生に「読んでおいて!」は通用しないことがよくわかったので、

コピーして明示し、課題を出しております。

うーん、ここまでしないと読まないか…って日々思いますが、

予備校指導者としては仕方ないですね。またいい方法を考えてみます。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply