FC2ブログ

簡易な前期総括・お知らせ

4日前に河合塾の全統記述模試の結果が返ってきたと思います。

我が軍(いつも生徒たちをこう括っている(笑))は、

敵軍の猛攻に屈せず、なんとか成果を出し切れたようです。

今年は高3・浪人生が多いので目を通すべき成績表も多く、

それを踏まえて夏のプランを全生徒用につくらないといけないために、

正直大変なのですが、今年は「大変」の意味が少々違っています。


毎年この時期はよい成績が取れないために、

夏にどうやって挽回して、

今後の模試や受験に繋げていこうかというスタンスでプランを立てるのですが、

今年は、現在生徒が希望している目標よりも

1ランクあげたほうがいいと思う人々が多く、今年の夏は面白い夏になりそうです。


今年の前期の指導は、出来すぎでした(笑)

軌道修正した生徒も続出だったとはいえ、

やはりこの時期に基礎に徹して良かったと思っています。

今年は例年以上に基礎に重点を置き、

かつ人々があまり触れない内容までもすべて体系化して説明したせいか、

好評のお声もいただき、生徒の点数にも繋がっていきました。

3月にシステムを作って、大体その通りに進められたので、

3月の自分に賞賛を与えておきたい次第です(笑)

というか、それ以上に生徒さんが死ぬほど頑張っています。

その頑張りに感謝です。理不尽な要求を出すこともあるのですが、

それを文句を言いながらもやりこなすその根性に敬意を払いたいと思います。



今回の記述模試では、現役・浪人含めて15人中8人が

英語の偏差値で70オーバー獲得してきました。

うち1人はトータル順位で9位(浪人です)が出ました。(これは本当にすごい!)

もちろん他の生徒さんも善戦しています。

大半の生徒さんが自己ベストを出すことができたので、本当によかったです。

伸び率だけで言うと、最高で偏差値(英語もトータルも)が12アップも出て、

現時点で生徒には褒め言葉しか出てきません。

私個人的にもこの実績は過去最高で、この先が本当に楽しみです。

しかし、これはあくまでも模試なので、ここで満足はしていられません。

この成果を今度は実力に変換していかなければいけません。

そのためにも、この7月の私の判断は彼らの今後の生活にかかわってきます。

去年のワールドカップで、

日本代表の岡田監督も日本が勝つためにはどうしたらいいのか、

苦肉の策を絞っていたように、

私もこの夏はない頭を振り絞って、生徒にとって最高の夏にします。



夏はついにやってきました。(最近暑いですしね。)

こんなわけで、今年はより拡大して、夏の指導を増やしていこうと思います。

英語嫌いをなくしたいと思う生徒や、

ここをターニングポイントにしたいと思う生徒さんは

沢山いると思います。

現在、夏休みだけでの指導も引き受けています。

高校・大学受験や大学院入試の英語、

資格試験(TOEIC, TOEFL, 英検、国連英検など)の

英語科目を、ひと夏で別人に変えてしまうプランも用意しております。

夏は学生にとってすべてを一変させる魔法の時間です。

もしご興味があれば、ご一報いただけたらと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply