FC2ブログ

逐一やってあげると学生のためにならないっす。

最近は私の仕事量がかさんだこともあり、

予定まですべて1日1日立てなければやらない学生かなって思った場合は

指導しないことにしました。

仕事上の理由ももちろんあるのですが、

それを公言するのはこれだけが理由ではありません。

勉強というものは嫌っていう意見は大半の学生がもっていることなのでしょうが、

それでもやらなければならないって思っていたら黙っていてもやりますし、

目標達成のために1日1日の予定を立ててお勉強するかと思います。

そして、「お勉強が嫌いと言っているのが普通だ」

と思っている方が多いかもしれませんが、

そんなことはありません。私は時間が許されるのであれば

一生本を読んでどこかで何かものを著したいって思うほどですし、

「どうして世の中ってこうなんだ?」って疑問を呈しながら勉強しなければならない、

そこまで至らなくても学校の先生が教科書以外のことを沢山教えてくれるから

楽しいんだって思いながら勉強をし続ける学生は結構多いです。

だからこそ、苦手だけで目標達成のためなら何でもするという学生たちを

救ってあげたいなって思し、

勉強が楽しいって思う学生にはいろいろな英語の知識だけでなく、

英語にまつわるエピソードや英語の世界からの世界観を伝えてあげたいって思うわけですよね。

雑談から英語学習のモチベーションを得ることは十分あると思っているので、

やはりそれが共有できそうな親御さんと学生と一緒にお勉強していきたいです。

もちろん最初は逐一言ってあげないといけないのですが…

大事なのは、逐一ある程度言ってあげたあとに

自分でできるようになってくるかどうかなのですよね。

そこを見極めないと、私の勉強の勢いを理解していただけないかもしれないですね。

我が軍にもまだまだ私に頼りっぱなしになっている学生は結構多いです…。

それはそれで嬉しいし、だからこそ親御様たちはご依頼メールをくれるのですが…(笑)

でも、言っておきたいのですが、

最後の最後、受験当日には彼らの横に私はいません。(いられればいいのですが(笑))

直前期までには自分で立ちあがれる精神力や実力をつけてほしいと願うばかりです。

だから、自分で自制しながらやれていない学生には容赦なくいいます。

それも学生のためだと信じています。

それでも頑張っている学生が、結果的にそれなりの大学へ入っているわけです。


弱音を吐きたくなるけど、それを出さずに苦悩して頑張っている学生はやはり美しい。

彼らの数年後の受験を見据えてだけでなく、10年後ぐらいの人生は見せてあげられるような

指導をしていこうと思います。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply