FC2ブログ

夏は単語と長文を延々とやるに尽きる!

今年の学生、高1~高2の学生がとても多いのですが、

今年のこの学年の学生、非常に努力をしており、

その成果が実り、文法事項の模試や入試問題で間違えなくなってきました。

昨日お話ししたような分量もかなり尋常じゃない量をこなしているのもあるのですが、

かなり理解が板についてきたかなって思わせる解答が多いです。

もちろんまだまだ勉強不足とか、覚えきれていないという学生もいますけれども、

この夏で苦手なところはしっかり潰していきましょう!って気持ちを前面に出しながら

果敢に取り組んでくれていると信じています。頑張れー学生。


とまあ一見文法が順調だからそれなりに長文も読めるだろうって

この文面を読む読者はたくさんいるでしょうが、

これがですね、全然なんですよ(笑)(⇒笑えないのですが…)

今年の我が軍の学生の特徴は、「単語を知らない」、「1文訳せるが、繋がると意味が取れない」

「段落の大きな意味がよくわからない」という謎の事態が生じており、

私も少々焦っています。週に2~3回ぐらい英文を読ませていたのですが、

なかなか厳しいですねーって学生たちを脅しつつも笑っておりました。

本人的にはどうとらえているのだろうかってところですが、

高2であって文法がそれなりに入って、長文が読めないのであれば

私は笑えるレベルにあると思っています。

そこでこの夏彼らにやらせようと思っているのが、

1日1英文精読とその英文に出てくるわからない単語をすべて辞書で調べて覚える作業です

もうですね、単語を日割りして覚えるというちまちま感で

彼らが英単語を覚えるだろうということを信じないことにしました(笑)

単語はまとまった時間にガリガリ覚えて、覚えたものを学校がある時期に

長文を読み流すだけで繰り返しその単語をみることで定着してもらおうと割り切ました。

だから、今年の学生には夏休みだけで単語帳1冊やらせます。

文法が衰えてもいいので、今年の高2と高1の進んだ学生には

単語を死ぬ気で覚えてもらっています。目標は1000~1200個で、

これまでのストックと足したら多分1冊ぐらいは網羅したことになるかなっていう計算です。

単語を真剣に覚えようと思ったら、長文を大量に読み込もうと思ったら、

やはりまとまったお休みがほしいし、短期集中で読みまくる覚えまくるほうが

効率もいいし、「夏」という印象とともに「あの夏は英単語を覚えた!」っていう印象を

彼らに与えられるのかなって思い、このプロジェクトを決行しました。

長文も学生たちは夏休みまでに25長文!

まあ学校で配られるような冊子の長文問題集1冊から1冊半に相当しますかね。

きついでしょうが、ぜひとも頑張ってやろうと思ってほしいです。

そして、それができると信じております。

ちなみに医学部受験生の大半はこれを夏前に終えております。

そして、1日3文ぐらい読む学生も出てきました。

受験生ってそれぐらいやって普通だと思っていますが、よくやっていると感心しますね。

今年はいい結果が出るんじゃねー?って本当に思います。

私も頑張ろうって本当に思う1年で、うれしい限りです。

来年も再来年もその流れを作りたいですね!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply