FC2ブログ

学校の課題ってなかなか多いっすね、今の学生…。

中学生・高1生の夏を宿題を一応確認するのですが、

私が思うのは、「いやー、進学校はとにかく宿題が多いなー。」

ある三重の進学校は、英語だけでB4のプリント表裏で40枚ぐらいの問題集コピーと

英作文を意図した英語日記(100語×3日分)+課題別英作文+予習と

盛りだくさんでした。

他の科目も同じような量で、それらをすべて夏休み中に終わらせるってなると……

おそらくお勉強する時間を止めてしまったら、流れも逃すし、終わらないってことにもなりそうです。

他の名古屋のある進学校も同じような量で、

東海圏の進学校では同じような悩みを抱えているようです。

課題が多いのは構わないのですが、もっとクリエイティブな課題があったらいいのにって思います。

ただでさえ英語教育にテコ入れしている昨今、

文法事項の練習に偏重しすぎだと指摘されているにもかかわらず、

膨大な文法のリピート問題(be going toの練習などです)が宿題に出されたりします。

これが公立中学などでしたらまだわかるのですが、

進学校の学生ならそんなにやらなくてもできるようになるものでしょうって思ってしまいます。

(でも、学校側からすると、中にはやらない学生がいるから

こうやって無理やり課題をだしているんだろうなって察しておりますが……)

正直、こういうときは先取りしてわかっているものは答えを写し、

作文などのように考えなければならないものはじっくり一緒に考えて、

素敵な英文を書こうって目標にすり替えます。(学校には申し訳ないですがね…)

あとはあまりにも間違えが多い部分は、その課題を利用して復習物として処理します。

こうやってやるべきものを学生に合わせながら、

先に進む方法を考えてあげなければ、埋もれてしまう可能性があるし、

時間の無駄になりますものね。今の進学校は本当に大変だなって思います。

東海圏の進学校でもたくさん課題を出さない学校もあります。

南山女子がそれにあたりますが、それはそれで違った悩みがあるそうです。

課題が出されない、プリント学習重視なので、ノートを作ったことがなかったり、

自分で何を選んで何をすべきかわからない学生もちらほら見受けられます。

ただ非常に賢い学生ばかりなので、その方法を教えれば彼女たちはできるのですがね…。

それに学校の課題が負担にならない程度でしたら、

自分で自由に勉強できるので都合はいいですものね。

一長一短と言ったところですが、予備校や家庭教師の指導者としては

学生にもう少し家族との時間を大切にしたり、夏休みの先どりや大詰めをしてあげたいと思うので、

適度でスマートな課題を与えてほしいなってメッセージをひそかに送ります(笑)

英語って教科はまとまった時間にやるぞってなってやらないとできるようにならないので、

自由というかflexibleな時間にしてほしいですねー。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply