FC2ブログ

医学部受験の心得

さて、今回は医学部受験のお話を少ししたいと思います。

実は私も医学部受験をしたことがあります(仮面浪人で受けました)。

でも、迷いに迷って辞退してしまいました。

今思うと、私が医者として世に出ていたら

医療ミスを量産していたことでしょう(笑)←笑えないか・・・

でも、医者への憧れと使命の重さは

だれよりももっていたと自分自身を信じていました。

医者は素敵な仕事の中の一つだと思います。

しかし、もちろん医者になるためには医学部に入らないといけません。

では、どれぐらいのことが要求されるのでしょうか。

ちょっと目安にしてもらえるとうれしいです。

言うまでもなく、医学部を受けるためにはものすごい勉強量が要求されます。

センターでいえば、全教科で90%

私立ではおよそ80%と言われています。

合格した医学部に提出したスコアは、センターでトータル89%でした。

もともと東大の理一狙いで、このスコアで前期を受けたのですが、駄目でした…。

しかし、後期で群馬大学の医学部に奇跡的にひっかかりました。

この経験を生かして、これまで3人に群馬大学の医学部受験をさせてきましたが、

3戦2勝1敗で、経験がいい結果を生みだしてくれています。
(1敗といってもその生徒はちゃんと私立の医学部に合格しました。)

しかし、数撃ちゃ当たるという気は毛頭ありません。

受ける前に入念に打ち合わせと分析をします。

なあなあで医学部受験をお考えでしたら、おやめください。

人の命を預かる身になろうとするので、よくお考えください。


医者になろうという心構えができたら、次のことを目安にしてください。

・センター90%を高3の夏の時点で取る!
・私立医大だったら、1次試験は7割取れば、99%受かる!!

この2つをまず目標として掲げてください。
センター試験で90%取れれば、どこかの医学部にはひっかかると思います。

国立医学部に入るためには、センターを絶対にとらないといけません。
2次で挽回はほぼ無理です。文系国立大学との違いはここにあります。


私立医学部の1次は7割で絶対に受かるといえると思います。

確か今年の東海大学医学部の1次は70%以上と書かれていたかと思いますが、

それは適性試験を含めて数字を出した、数字のマジックにすぎません。

なので、まず7割を取ってください。

とりあえず、最初の目標をかいてみました。参考になればと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply