FC2ブログ

「道具的」動機づけを意識しないと英語を勉強できないってのが残念。

英語の世界では「総合的」動機づけってのと「道具的」動機づけってのがあるのですが、

日本では後者の意識をもって勉強することが多いですよね。

「総合的」動機づけっていうのは、「習得しようとしている言語を共有したい!」とか、

文化背景知りたいとか、その言語を学ぶこと自体が楽しいってことを意味しています。

一方、「道具的」動機づけっていうのは、試験があるから勉強するとか、

昇進できるから英語をやらなきゃいけないって

何かしら自分にとって利益があることを前提に言語習得を取り組むことを意味しています。

本来は「総合的」動機づけとして勉強した方が効率がいいとは思うのですが、

そうはいきませんよね。だって、使わない言語だとか

日本にいたら中には外国人にあう確率が比較的低いとかを考えれば、

言語習得なんて別にしなくてもいいですよね(笑)

本だって訳書がたくさんあるのでそれでいいじゃないって思うから、

純粋に言語習得を楽しいって思える人は日本の学校に通っていた学生のなかには

実は結構少ないと思います。

だから日本にいながら英語をちゃんとそれなりに習得しなければならないのであれば、

やはり道具的動機づけに頼らなければなりませんね。

そして我々講師は資格試験とかをうまく利用するとか、

資格試験の有用性をしっかり説明していかなければなりませんね。

でも、残念なのは道具的動機づけを押し付けていくと、

試験のためだけの勉強をし始めたり、パズルみたいに問題を解いたりするために

適切に英語を習得されえなかったり、

やりたくないことなのにやらなきゃいけないって精神的に追い詰められたりするのですよね。

どのように「総合的」動機づけへ学生を向けていくかが講師の課題になるのですが、

これはやはりいかに英語が現代と密接になっているかとか、

高校生や中学生がいる世界の話のレベルに実用英語の必要性や文化背景を

漫画とかゲームとかを交えて語らなければなりませんね。

こう考えると、英語の講師はやはり言語学部の人よりも

実は文学部や文化論を学んだ社会学部を出た方のが動機づけをうまくできるのではないかなって

一瞬思ったからこそ、私は今英語を教えているのかもしれません(笑)

難しいですね、日本で動機づけをしっかりさせて英語を定着させるのは…。

今は現実から逃げる学生が結構いるので、なおのこと動機づけは難しいです。

逃げられないぐらい英語が日本社会に浸透するしかないかなー(笑)

こんな感じで、

どうやって「道具的」動機づけから「総合的」動機づけへ転換できるかってことをしばしば考えています。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply