FC2ブログ

1人だけ憧れる人についていきなさい!

さて、予備校も春期講習というものが始まっております。

私は私用がありまして、このたびは予備校での春期講習の指導を休止しております。

(ちょっとの間、日本を離れようと思っております)

そんなわけで、来年の学生を予備校で直接教えるのはおよそ1か月後になるかと思います。

今年は少々指導の在り方を考える時期かなと思い、

いろいろ先輩方の指導や海外の指導を見学しようと思っております。


さて、先々週に京都の大学に進学した学生から連絡をいただきました。

その学生はもう就職活動だそうで、たくさん企業面接等に行っているそうです。

そんな中でその学生は

『面接官に「目標にしている人って誰ですか」と聞かれて

僕は「先生だ!」と言っておきました。』

言われ、なんか涙しそうになりました。

いやー、俺を目標にするとダメな道を進むぞと突っ込んでおきましたが、

うれしいですね。

まあ気になったところ彼にどうしてそう思ったかを問いただしてみたら、

「どこでも生きていられそうで、変化に動じないから」だそうです(笑)

めちゃくちゃ動じるわ(笑)

でも、傍からはそんな風にみえるのですかね。そうあるように引き続き頑張ります(笑)


こうやって卒業してから数年たっても、学生に印象に残っているっていうのは

うれしいし誇らしいですね。まあ変な奴ぐらいに思われてくれたら本望ぐらいですけどね。

まあこうやって憧れる側になるとは思わなかったのですが、

憧れる人を持てるという人がいるのは幸せで、

できるようになるための必要不可欠なことなのかもですね。

私ももし学部生の時に

圧倒的な能力をもった偶像崇拝たる諸坂先生にお会いしていなかったら、

今の英語講師としての私は存在していなかったでしょうし、

自分で何かを自信持って切り抜ける力を手にすることができなかったかもしれませんね。

私は特に周りに影響力を与えてくれるような先生に出くわせなかったこともあるし、

自分が実はダメなんじゃないかなって時に「できるでしょ?ていうかやれよ」っていう

推進力を与えてくれる人があまりいなかったので、本当の意味での

勉強の仕方がよくわからなかったわけですが、

完璧だと社会的に思われている人にあえたことは本当に幸せでした。


そんな出会いが私も今度は逆の立場でですが

たくさんあるように努力していきます。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply