FC2ブログ

すべてを悲観するなら、やりきった後でいい!

私は結構いろいろやってきましたが、

ここ数年で自分の実力と器がなんとなくわかったように思います。

昔は、特に高校生の時は、

日本屈指の進学校である開成高校や

埼玉の名門校の浦和高校へ行った友人が多かったので、

そいつらと一緒にいる私だってそいつらとそん色ない実力があるんだと思いながら、

自分なりに努力して、高2の時に全国模試の英語で全国1番を獲り、

周りを圧倒して自分のなかでは優等生の仲間入りができたと思い込み、

大学受験で失敗してしまってかなり人生に不安を覚えて

渡瑞して人生を自分なりに彩ろうとして、名大に入って学者になるぞって

いきがっていたわけですが……

名大で論文を書き終えたときと、学生の具合をみて

こんなところでこの程度の論文しか書けなかったなんて…

しかも専門家がなかなか見つからないがゆえに、

自分でのし上がっていくことにも限界があるのかもしれないと強く感じることから、

自分の限界にひれ伏すようになり、先に行くことに躊躇するようになりました。

そしてそう思うようになったということは、自分よりもすでに早い段階で努力をして

さまざまなことを早い段階で手に入れて、先に進み、

私はその人よりも短期集中で追いつけるだろうと思ったのですが、

それにも限度があるかなとも思い始めました。

結局のところ、

教授職の話を聞いて、自分の今の稼業よりもお金がもらえず

文系の大学教員なんて重宝されない雑用な部分が多いことを知り、

ホリエモンや孫正義のような人が出てきたことで大学での価値がわからなくなり、

自分の実を削ってまでの研究したいものなんてないなって悲観したところ、

今30に差し掛かるところで、英語を教える稼業を続けながら

私ができるというか特性を生かせる新たなことを模索するようになったわけです。

若干話が暗くなりましたが、

でも、

私は自分の才能や境遇対してに不公平だとか不幸だとはもちろん思っていません。

人生ベリーイージーモードで生きていることほど面白くないもののはないし、

むしろ0に等しい自分がどれだけのものを手にしてきたかを振り返るだけで、

結構面白いと思えてきます(笑)(それぐらい幼少の自分には何もなかったと思います。)

でも、こうやって結果的に天下をとるなんていうのは大げさですが、

社会的ポジション的に嘱望されているとかは一切ありませんが、

「どんなに努力・工夫・仲間をもってしても生まれた時点でもっているやつを覆すのは無理だ」

と嘆くのは、人生40の折り返し地点で思うぐらいでいいと信じています。

そして自分は生まれ持った才能がないと宿命に悲観視するよりも、

自分の実力はまだまだ磨けるぞって信じて進んだ方が、

何か違う適正なものを手にすることができるという、

宝くじとかガチャポンのようなわくわくした人生を手にすることができるかもしれません。

そう考えれば、社会的にポストが決まっていたり、経営者の御曹司とか和尚になるみたいに

何かを継承しなければならない宿命がある人が

時折り不幸に見える瞬間もあります。(これは持ってない人の僻みにもみえますねw)


受験も一緒で、どうせ自分に実力がないけど、自分がこうしたい「希望」があるなら、

ある程度日本や世界でスムーズに動きたいのであれば、

大学資格なり、大学受験を通じて手にした経験がなければ

このよくわからん世の中を切り抜けるのは難しいのですから、

思い切って受験勉強することを決めて

自分の実力を研鑽することでチャンスはつかめる可能性は必ず出現します。

私も自分には何もない人間だったと大学のときに悟って、へこみましたが、

偉い先生たち・百戦錬磨してきた学界の猛者どもに

「君は馬鹿で愚直だが、そこがいい。愚直はただす奴が現れれば実を結ばないはずがない。」

その馬鹿さ加減に少し(いやかなり影響大の)テコ入れしてくれたのが

私の師匠だと信じている諸坂成利先生ですが、

そういう先生への恩返しは、自分も出来る範囲でそういう経験を与えられるように

そして、自分よりも人生に悩まない様に希望を持った学生へ話をすること

なのかなと考えるようにありました。

(もちろん自分がもっと大成するも先生への恩返しですがね…。)

未熟者が何をいってやがると思う方もいるかと思いますが、

それでも私は自分ができる思いの通りにやっていこうかと思います。

すべて悲観するのであれば、それはやってからでいい!

いいも悪いも全部受け入れて、出来る限りダメなところは修正して、

この先どんどん進んでいこうと思います。推進力だけはまだ負けません。

明日から私は新年度モードに切り替えます。

来年度もがんばります。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply