FC2ブログ

単語をやろうよ!

さて、受験も佳境を迎えておりますが、

今年の学生の多くは、単語知識の不足で受験を棒に振った学生が結構多く思いました。

じゃあ全然単語を取り組んでいなかったかというとそんなことはなくて、

失敗した学生の多くは、自分が知っている単語を覚えたはずなのに

それだけ反復していたこと、そして使い方を良くわからずにがむしゃらに覚えていたこと、

という2つがあったがゆえに失敗した学生は失敗に喫したんだと考えます。

まあやはり単語帳だけのお勉強には限界がありますよね。

まずはさっさと単語帳にある単語はなじむまで覚えてもらい、

その先に向かってほしいと思います。

でも、英単語っていったいどうやって、何を覚えればいいのかわからないって

人のために、今回は英単語を習得する上で覚えなければならないことを少々書いてみました。

私は英単語の暗記方法を特に特定させているわけではないのですが、

英単語を覚える上で次のことだけはしっかり覚えてもらっています。

①スペル
②辞書に書いてある1~3までの意味
③発音記号
④例文1文

正直どれも覚えるのは当然ですが、結構③と④を忘れがちです。

というのは、面倒くさいからです。

③は発音記号が読めないから書かない、

④はとにかく覚えるだけ無駄というように思いがちです。

でも、この二つを覚えないと、

発音問題は解けませんし、文章ででてきてもうまく適応できません。

この4つの内容を心がけて英単語を覚えてください。


では、どのように覚えるのでしょうか。

基本は五感を使って覚える!!!です。

英単語を目でみて、口で発音して、自分で発音した単語を聞いて、

手を動かしてかく。鼻は……うーん……鉛筆の芯の匂いとかですね(笑)

とにかく、体を駆使して覚えないとだめです。

でも、「書く」に関してはあんまりしなくていいかもしれません。

3回から5回ぐらい書くぐらいでいいです。

書きすぎるのは時間の無駄ですのでね。

むしろ耳や目で英単語を覚える意識したほうがいいと思います。


あとはどれだけ自分を追い詰められるかですね。

どっかの本で読んだだけですが、

語学の勉強でものすごい努力をしているんだなって感心した芸能人を二人知っています。

その一人はユンソナさんです。

彼女は日本語を覚えるとき、部屋中に日本語の単語を紙に書いて、

膨大な量の単語の紙を部屋中に貼って、その単語を覚えるまではがさなかったそうです。

もう一人は松田聖子さんですね。

彼女は英単語を覚えるときに、風船に英単語を書いて、

湯船に浮かべて、それを覚えるまでお風呂を出ないというような、

生死をかけた戦いをしていたそうです。(笑)

どこまで本当か知りませんが、みんな一生懸命覚えているだと思います。

ちなみに私は、洗面所やトイレや自転車に、

単語を書いた紙を貼って、常に単語を見る癖をつくりました。

あと英単語カードをたくさんつくっていました。

確か、2年で単語帳の量が段ボール3箱ぐらいの量になりました。

スウェーデンに留学する直前半年間は、

キャリーケースに単語帳をいっぱいにして毎日持ち運んでいました。

あれはいい思い出です。



みなさん、がっつり英単語をおぼえちゃってください!!!!



ありがとうございました。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply