FC2ブログ

余裕がある人になれ

今年の学生の中に余裕がある学生がいませんでしたねー。

とにかく、勉強していました。当たり前ですが…。

それが今年の直前講習の状況です。大半の学生が

「自分は~大学志望なので、そこの対策にしか出ませんor授業に一切出ません…」

それぐらいまでに勉強していなかったのか?って思うほどでした。

その大学の傾向傾向とのた打ち回っていた学生たちは皆不合格の烙印を押されて

帰ってきており、また同じような勉強をしております…。

私は正直呆れており、うーむと下を向くしかありません…。


そういう中にももちろん、勉強していても余裕が見えて、

いい感じな学生って結構いるんですよね。

朝ちょっと遅く来て、やることをやって、一人でそさくさご飯を食べて、

じっくり勉強の時に集中する。そして、お家に帰る。

やるときとやらない時の差をしっかり持っている学生って、この「余裕」を手にしていますね。

そして、そういう学生の多くはまず徒党を組みません。

ご飯を食べる時は各自でとる、もしくはたまたま一緒になったから食堂にいく、

ぐらいで、他の学生を待って連なって食事にいくことはしません。

それは「別にここで徒党を組んでやらずとも、

合格するんだから自分のペースが最優先。」ということもわかっており、

一人になっても別に気にしないっていう、ある意味精神的な余裕なのでしょうね。


自分の今ある状況と将来こうなりたいという状況を

しっかりリンクさせながら行動している人、そしてそれに合わせてプランを立てて

その通りにやっている人はこの余裕が生まれているように思います。

学習プランの話を聞いていても、余裕がなく結果的に失敗する人は

「その週のプランを作って、とりあえずやってみます。」と

結果があまりみえていない見切り発車状態で、そのプランを遂行するのですよね。

まああれをやらなきゃとか、これをやらなきゃとかすべて盛り込もうとするんでしょうね。

でも、余裕がある人は違うんですよ。

たくさんタスクがパイルアップしていたら、やるべき仕事に順番をつけて期限を設けて

それを忠実にこなすんですよ。それが終わったら休憩じゃないけど、精神的な余裕を

一瞬でも作ろうとするんですよ。その積み重ねが最後の方の期間で

大きな余裕を手にすることができるんですよ。

結局勉強の積み重ねが知識と余裕を生むのです。

ほら、人生だってそれなりにずっと勉強している人の多くが

最後の最後で(つまり老後で)余裕をつかんでペンションとか買ってますよね(笑)

しっかりプラン立てして、のこりの受験生活を充実したものにして

余裕ある受験生に変貌しましょう!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply