FC2ブログ

スコアが悪くても前を向く。

年末に行われた慶応プレを受けてきた学生が先ほど連絡をくれました。

代々木ゼミナールの慶応プレは毎年12月31日に行われて、

私が受験をしていた時から恒例行事みたいになっているのですが、

ここでスコアが悪いと本番でもいい結果に終わらないというジンクスがあります。

その連絡をくれた学生はどうやらやらかしてしまったようで、

かなりへこんでいました。私が慶応プレってものはこういうものだと

話し過ぎてしまったこともあり、受けた本人はかなり焦っている様でした。

ごめんね、学生。でも、ある意味でこれが本番ではなかったと安心しております。

まだ1か月あるので、この学生と共に年始の授業は慶応プレの総復習をします。

一方、中学生や受験生じゃない高校生たちも

なかなか芳しい状況ではなかったようで、今回はどの学生も惨敗気味でした。

うーん、こういう悪い成績を見ると、

学生にとっては精神的になかなか厳しいですよね。

私でもそうだと思いますもん(笑)でもこうやって楽観ではないですが

私が動じない様にしているのは、私にも同じような経験があるからなんですよね。

勉強をしているのに試験で失敗したっていう場合は、

今までの勉強法では対応できず自分の力からかけ離れはじめたことを示したり、

自分の勉強の仕方や詰め方がよろしくないということを

示してくれたことになると信じております。

逆に言えば、成績が悪かったことは、まだ伸びる余地があることですから

私としてはアドバイスしやすいです。

実際に英語でしたら英文が思い出せないことが確認できた瞬間に

「あ、復習というかフィードバックできてないね」って容赦なく言います。

できてないから、どの様にやったらいいかを提案するのが私の役目なので、

私としては成績下降は

ピンチではなく、学生の成績が上がるチャンスだと思っています。

あとはこういうプラスの精神を持つことですね。

まだまだ時間があるんだって考えられるかですよね。そして、

ゴールまでの時間をとらえてどれだけ時間を割かなきゃいけないかを

引き算と割り算をして時間をひねり出しましょう。

親御さんもここでへこまないでくださいね。

これから成績を上げていくのですから、平たんな道ではないです。

駅伝と一緒ですよ、ダメなときもあるんですが、軌道修正をして

結果としてゴールを迎えればいいんです。勉強法の変化が襷変わりですよ。

どんどん未来の自分にいい状況をつなげていってください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply