FC2ブログ

歳をとればとるほど限界を感じる。

さて、私も来年の3月を迎えると30歳になります。早いものです。

先月、高校の時の友人の結婚式に行った時も思ったのですが、

その時に会った高校の時の若々しく罵っていた級友が老けこんでいたのをみたときには

まったく驚く以上に、時間が経過した後の老化速度がすさまじいのと、

時間は本当に止まらないんだなって思いました(笑)

高校を卒業してもう13年ですか…やはり、月日が経つのは早いですね。


さて、先日ある先生も「もう40になるんだけど、できることは縮小していくね」

っておっしゃっておりました。全く持ってその通り。

今の私に、高校の時のような

バリバリのテニスの前衛パフォーマンスをやれと言われても無理でしょう。

ジャンプしてボレーとか、スマッシュとか、全力疾走するとかまず無理です。

死んじゃいます(笑)階段を2段飛ばしで上るだけで息切れを起こすのですから、

それこそ父のように心筋梗塞でこの世を去るでしょう…(笑)

そう、歳をとることは残酷なことが多く、できることに制限を与えられてしまいます。

特に肉体的、身体的なことの制限は厳しくなりますよね。

でも、切羽詰められている状態で限界がどうのこうのって言ってられません。

私は気持ちがあれば、断続的なある一定の期間限定かもしれませんが

無理してでも何かをやり遂げられると思います。

その気持ちが特に今みたいにぎりぎりな時期で、

しかも身体的な問題ではなくて、勉強に関する精神的なレベルであれば

やり抜ける・抜けないどうこうで悩んでいるのであれば、

学生や社会人はどんなに頑張ってもうまくいかないでしょう。

この経験を今後に生かすということも考えたうえで、今こそ

「苦労は金を払ってでもしろ!」だと思います。

ぎりぎりまで頑張りましょう!歳をどうこう言うのは、ずるいぐらいに思ってこそ

受験を突破できます。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply