FC2ブログ

自分でできない人はなにもできない。

先日こんなことがありました。ある大学には必ず和訳セクションが出るのですが、

その大学の和訳の問題が数年分引き続いてできない学生がいました。

その学生は文構造を捉えるのが苦手というかほぼ覚えていないレベルで

つねに場当たり的に処理してきた学生なのですが、

数年分の和訳ができなかったらこんな風に言いだしたわけです。

「先生、○○大学の対策をしてください!!」

その大学の問題に合わない=その大学の問題に自分があっていない

と考えるわけですね。どうでしょう?これは大きな間違いです。

仮に「中央大学とかの和訳を○○大学の英文であるのだよ!」とうそをついて

提示しても、その学生はきっと、「じゃあやはり○○大学の対策をしてください!」

って言うと思います。これって、まるっきしダメですよね。

~対策をするっていうことが悪いって言っているのではありません。

こういうことを言う学生は、もちろん今回だけではありません。

毎年いますが、その学生は短絡的にものを考えすぎていて呆れました。

こうやって○○対策をすることを考える以上に、

まずは根本の英語力を見直そうって思うことが一番だと私は思います。

たとえ、この切羽詰った時期にでも、こういう場合は過去問をやるのではなくて、

問題集を引っ張り出して実力を見直す努力をするほうが得策だと思います。

対策とはある程度出来上がった学生がして初めて意味あるものであり、

元々最低限の実力があることが前提で、

つまりその学校のの問題を普通にといて半分は取れる状態にあって

初めて意味ある行為なんですよね。

極端にその問題ができない(和訳が書けないとか、長文の内容一致問題がほぼ当たらないとか)

っていうのは、必ず根本につながる英語力がないことなので、

対策をすれば解決するものではありません。

そして、「対策」という言葉が嫌なのは、

その「対策」に縛られて、学生たちが自分で努力をしようとしないということなんですよね。

要は、「対策」=「合格必勝法」って考えているんですよね。

はっきり言いますが、私が毎年藤田や愛知医科の対策で言っていることは、

ある程度実力を持っている学生がどうやったらスムーズに解けるかということであって、

実力がもともとない学生がいきなり読める方法を話しているわけではありません。

そんなのは無理ですものね。

単語や文法をある程度もっていなければ読めるわけがありません。

だから「対策してくれ!」と大きな声で言う学生は、

基本的に「怠け者」もしくは「自分でお勉強ができない人」だと考えます。

自分でなにかを考えようとしなければ、自分でやり遂げようとしなければ、

そして自分でミスを繰り返している時に問題があるんだって自覚しなければ、

いつまでたっても英語はできあがりません。自立性が強い科目である

英語や国語や数学は、人に頼っていてはできるようにはなりません。

自分の視点や方向性がものをいう科目なので、

いつかは人から離れていくようなスタンスで勉強しなければなりません。

和訳をいつまでも追っている英語学習者が英語ができないのは

いつまでも自分の解釈を入れつつ、正しい英語を覚えていき、

その既存しているものから離れていかないからです。

英語よりも和訳の仕方の勉強をしているってわけですよね。

私も和訳を読みますが、基本は和訳を鵜呑みにするというよりは、

いやいやこうした方が私としてはこう解釈するよなーって批判的にみております。

そうやっていると、最終的には訳を見なくても英語ができるようになるし、

文法力がついて、応用もできるようになります。

最終的に自分でやっていこうと思える人は、きっと英語や国語もできるようになるでしょう。

「対策」に甘えないでください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply