FC2ブログ

そらで言えなければそれはもはや知識ではない!!

英単語や句法を覚えられない学生がたくさんいますねー。

今年はある程度覚えても忘れてしまうっていう学生が本当に多いですね。

これは多分高校の勉強方法からきているのでしょうね。

先日、ある学生の学校の小テストのことが話題になりました。

その生徒は中1なのですが、すでに中2までのことを終えており、

今は復習段階ですべてやり直し中な学生なわけで、

中1の授業が非常に簡単だと思っていたのですが、

小テストで0点を取ってきたってなって大騒ぎしていました。

こいつが満点取れなかったら、他の奴はどうなってしまうんだってほど難しいのかと思いきや、

「教科書のpassageが範囲なのだが、先生がその和訳を言って、学生が和訳するんです!」

っていう方式だと言われ、私は「ん?」ってなりました。

「それって意味があるのか?」うーん、微妙でした。

しかも、その答えが教科書通りでなければならないというのが難問奇問…。

自由に英文を書かせてきた我が学生にはかなりきつい問題でした。

その通りに書かないと×っていう制限ほど理不尽なものはありません。

まあそれでも学校の成績に関わるので、とりあえず、対策をしておき、

次の日の小テストは満点だったと、さっき連絡がありました。

まあこのテストの意図はわかりますがね。ベースとなる英文を覚えてから

単語の出し入れをするということを目標にしているのでしょう…。

そういう訓練は確かに意味があることもあるのですが、

ただ丸暗記させるだけではダメです。ましてや、

教科書一語一句一緒じゃなかったらだめだなんて言語道断。

そういう縛りがあるから、学生が暗記に走るんですよね。

そうすれば小テストはそれでスコアになるんだもんって。

大事なのは、例文を自分で空で言えて、

ちょっと例文に似ているが単語が違うもので訓練をするっていうことです。

学校の範囲を決めて、暗記させるような1語1句対応問題だと、

学生は小テスト毎にしか勉強しないのですよねー。

だから講師側はそうさせない工夫を考えなければなりません。

私は例文を空で言えるレベルになるまでやれと指示して、

小テストはそのままの問題と、応用問題を両方解かせます。

そのまま例文を出題する問題は全部できて当然、応用問題は7割で合格みたいに

彼らには言ってませんが基準を設けております。

授業では全部文法の説明をさせております。

ちゃんと答えられる学生はやはり文法のキレはいいです。

とにかく、それでしっかり言えるレベルになければ、どの知識も使えないと思ってください。

そこは甘くならないことです。自分に厳しくいてください!!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply