FC2ブログ

単語を覚えることに王道はない!

最近、いろいろな学生に「英単語の暗記ができない」ってことを耳にします。

それってこういうレベルで覚えようとしていませんか?

私は中学生のとき、社会と英語と数学がずば抜けてできていたのですが、

(ずば抜けてできていたと言っても、私立中学の学生には負けますよ(笑)

でも、県内の模試では社会は6回満点、数学も1度満点、英語も90%を切りませんでした。)

それでも今でも鮮明に覚えているのは、

不平等条約で悩ませた2つの事例を書けという問題で

領事裁判権の撤廃と関税自主権の回復という答えが書けず、

意味も分からず呪文のように覚えたことです。

そして、私はやたら年号と人物との闘いを覚えており、

肝心な内容をすべて覚えずして中学生を終えました。

(それでも点数は取れたから当時は心配していなかった…)

でも、こういううわべの勉強は後々の社会への興味関心を奪っていきましたね。

やべー、内容が細かいから覚えられない…おかげで日本史は全然できません(笑)

(社会の先生として資格を持っているのに…人並みにしかわからんwだから教えてないっす。)

従って英語の世界でも同じで、

うわべの単語の羅列を覚えようとしても、中身がなければ覚えられっこありません。

単語が覚えられない人はまず、単語帳の見出し単語を辞書で引き、

ノートを引っ張り出して自分の単語帳を作り直すべきです。

ここでは何度も言っていますが、

高校時代は1日10個~20個ずつ3年間ずっと英単語を覚えていましたが、

単語帳など使わず、英文に出てくる単語をすべて調べて自分の単語ノートを作って

それを覚えていました。1年やっていたら、

ターゲット1900で知らない単語は最後の後ろ100個ぐらいで、単語帳を使わずして

単語帳1冊レベルを高2を迎える前に覚えていました。

単語を覚えることは、このように根気も必要です。あと、忘れたかもしれないと思ったら

そのページやその週にやったところに戻り、常に繰り返し反復することですよね。

それしかありません。

先日、TOEIC満点の人のインタビューを雑誌で読んでいたのですが、

言っていることは一緒で、TOEICに命懸けになっている人でさえも、

単語帳に正の字を書いて、

何回練習したかを見やすくする方法や反復練習のしかたぐらいを紹介しているだけで、

本質的な最短勉強法なんて名前だけで、誰もできていません。

よく1日2000語覚える人がいると言いますが、

それは年収7000万を1年だけやったってことを強調していることと一緒で、

それを10年も20年も維持することは別問題で、

維持するためにはそれだけ本を読んだり、意識して単語をみることが必要不可欠になります。

実際に私もそれを言っていいのであればいいますが、

大学2年生のときに英単語をやらないと留学できないと思っていたので、

1日100個でペースを作り、1ヶ月で30000語覚えるという無謀なことをしていました。

それでも30000語を完璧に辞書なしで言えるレベルになるには1年ぐらいかかっています。

1日1000個覚えたとか言っている日もありましたが、それをするのに、

ほぼ24時間を費やしています(笑)やればできますよ、多分。

でも、ずっと身になるかどうかは別問題です。

まずは無理のない量をしっかりこなせるかどうか1ヶ月ぐらい1日10個でやってみてください。

すげーきついですが、できたら少し楽しくなります。

学問に王道はありませんし、暗記にも王道はありません。

熟成して真の英語力をつくるのですよ。そう、あのマッサンが苦心してウィスキーを創ったようにね(笑)
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply