FC2ブログ

甘えは捨てろ。

藤田の推薦入試と愛知の推薦入試が始まり、

ある学生がこんなことを言っておりました。

「先生、藤田の問題集ありがとうございます。それでこれをやってみたのですが

なかなか難しくてできません。そこでどうしたら合格できるか考えているのですが、

今から何をやればいいと思いますか?」

うーん、かなり難しい問題ですが一応彼の心を折らない様に話を進めました。

「えーと、うーん、この英文が全然読めないということは、基礎がやばいってことよね。

じゃあさ、とりあえずできる問題集をやってごらんよ、この問題をやる前にさー。」

と言って文法の問題集を提示したのですが、

「うーん……そうですかー…」って答えたことで、

彼が文法をやりたくないんだなーって思い、私はここで

「あー、君さ、文法やりたくないのに合格をしようとしているのは甘いよ。

その甘さが君を合格から遠ざけているんだよ」って言ってしました。

まあ文法事項が基礎レベルに入っていない時点でアウトです。

どんなに努力をしても、基礎文法や基礎英単語2000個覚えることから逃げるのは

もう見込みがありません。落ちてくださいって言いそうになりました(笑)

何もやらなくてもできるよーって言ってくれる先生を探しているわけですよね。

まあ甘えに出会う旅みたいな…。

とにかく「大丈夫だ」って言ってもらうために生徒は

「やるぞっ」っていう意思をインプットしているんですよね。

本当に自分に甘いなーって思います。

人に甘えている間はどんなにやっても出来るようになりません。

だってできることの範囲内でしかやってないんですもん。

甘えるので、できないことはできないままにしますもんね。

甘いことを言ってくる先生は、その生徒に対して気を遣っているだけで、

もはやその学生の成就をあきらめていますよ。

先生がめっちゃ厳しく細かく指示してくれるってことは学生に大きな期待を抱いている証拠です。

甘えを捨てて頑張ってください!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply