FC2ブログ

センターができないとセンター対策、模試ができないと模試対策…

いろいろな注文を学生からされています。

和訳お願いしまーす、問題集くださーい……それぐらいならけっこうですが、

やはり一番困るのは、

「先生、模試がよくないんですよー」とか「センター英語ができない」っていう

限定的なようにみえて中途半端な限定が一番困ります。

ある形式で英語ができなくなることほど厄介なことはありません。

それをとりあえず打開するためには、「○○対策」です。

センター模試が悪いと「センター的な解き方を教えてください!」、

記述模試がわるいと「記述対策をしてください!」

こういうことをしてもその模試やセンター模試がうまくいくだけであって、

本番では何も意味がありません。

受験勉強って模試のために勉強しているわけではないんですよね。

それをやるぐらいなら正攻法で勉強してしくじったほうがまだましです。

こういう対策を求める学生って、その形式に沿った練習を積んでいるだけで

全体的には英語ができないことを私に示していることになるんですよね。

わが軍にもそんな学生がいました。

マーク模試ですと180点前半をたたき出せるんですが、

記述模試になると偏差値55で100点前後の点数しか取れなくなる学生がいます。

それってどうして点数獲れるの?って思うのですが、

ある程度断片的にも単語とかわかってしまえば、

センターレベルの簡単なものでしたら消去法でできてしまうんですよね。

それが実力だと思い込んでいると、痛い目を見ます。

私は基本的にセンターが何も勉強しないでも170点取れていればOKってことにして、

むしろ記述模試で偏差値70を獲れるような勉強をするように努力しろといいます。

記述模試は読解も記述も英訳もいろいろな実力が試せるので

これで150点ぐらいとれるといい線いくんだよなーって思うのでそう指示します。

それを対策レベルで処理しようとしても、記述模試で高得点をとる事はなかなかできません。

こういう対策レベルの話は12月に一生懸命しましょう。

11月中旬までは実力をあげるために万遍なくお勉強をするべきです。

対策で逃げる人は、

まあ偏差値45ぐらいでMARCHにいきたいなーって夢見ているようなやつでしょう。

20年分ぐらい探してそれを丸暗記したら、なんかしらスコアが取れるかもしれませんね。

中にはそういう学生もいますが、まずやらないことをお勧めします。大学に入ったら大変ですよ。

頑張りましょう!!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply