FC2ブログ

内輪の戦いで満足してはいけない

わが軍の学生によく言うことですが、

「自分の学校では上位10%に入る努力をしてね。

そしてできれば一回ぐらいは学年10番には入ってね。そうでないと、実力あることにならないからね」

まあ進学校にいるとそういうわけにはいかないのですが、

私がいた大宮西高校のような中途半端な進学校と呼ばれる学校では、

まずトップ10に入っていなければ大学受験でそれなりの結果は残せません。

私は西高で3教科で2年半トップでしたが、まあ当たり前です。

(5教科は理科が苦手で2位のときありwあと勉強してなかったとかもありw)

えートップってすごいじゃんと思うかもしれませんが、

できない人々の巣窟で1番になるのは当然です。

だから、1番だからといっても私はうぬぼれることはありませんでした。

ちなみに、西高から外れ塾に行けば私より上はごろごろいます。

英語は私より出来る学生は少なかったですが、

国語や数学では化け物みたいな学生だらけでしたもんね。

彼らについていくのは不可能だって思うぐらいへこみました。

特に国語は実力の差が大きくて、予備校の授業レベルを落としましたもん。

とまあ、あるカテゴリーで1番になることはすごいことのようにみえますが、

やはりそれなりの人たちが集まったなかでの戦いの中で1番をとらなければならないことは

肝に銘じておきたいですね。

さて、そんなことを思い出させてくれることが予備校内ではあります。

そう、ある女学生なのですが、「先生、やっと英語で1番になったんですよ、校内で!」

いやー、お前ね、それね、去年英語が出来たやつが受かったからそうなっただけで、

お前がすごくなって一番になったのとは少々違いますぞ!って少々思ってしまいました。

まあもちろん思っていても、本人にはそんなことを言いませんがね。

でも、その学生はほかの校舎の学生と比べると、

1番ではなくて10番~20番まで落ちるんですよね。

ね、1番の意味とか重みって意味ないでしょ……。

学校で1番を取ったとか、成績が良かったとか、大学受験では参考程度であって

それほど重要ではないんですよ。

仮に河合模試や駿台模試で全国1番を取っても、

東大理3に合格するかといえばそんなことはありません。ガンガン落ちます。

だって、開成や灘の学生はあまり模試を受けに来ませんもん。

特に高校3年生になる前まではあまり頻繁に模試を受けたりしないようなので

受けても本腰を入れてきませんので、実際の河合模試とかだって1番をとっても

絶対的な指標はありませんよね。私が思う信憑性がある指標は

やはり、東大や灘や筑駒のような東大合格者ランキングで10位ぐらいに入っている学校とか、

全体の7~8割が旧帝の国立や医学部に入っている学校で

行われている試験や競争での結果です。

開成や灘でトップ10をとったり、もしくは久しく取り続けていたら、さすがに

「俺、一応東大には行けるかな…医学部だったら旧帝ぐらいは通るだろう」

ってなりますよね(笑)たぶん。

浪人の威力ももちろん半端ないのでなめてはいけませんが、

やっぱり争わなきゃいけないと思っていたらとにかく自分のいるテリトリーで

猿山の大将になって当然ぐらいの気ではいてください。

あと、私の志望は○○大学だからこの学校のこの辺に居ればいいって

思うのもやめましょう。

選びたければとりあえず所属しているカテゴリーの中で1番になりましょう。

モチベーション維持でランキングを使ってほしいです。

そういう意味では先ほどの彼女は戦うスタートラインには立てたのかなって思います。

でも、まだまだ勝てるにはいかないんですよね。

(それは本人もわかっているので、やはり面と向かっては言わない。)

常に自分はカテゴリーの外で勝負したらどうなるんだろうってことを考えてください。

私は高校1年生の時に西高の中間テストで8教科満点であとの3教科が97点以上をとり、

完全にその後のテストはなめきりました。それでも1番を取り続けていたってことは

よほど学生がお勉強していなかったってことだと思います(笑)

灘のテストでそんなことができたら、いいんですけどね(笑)そんなやつはいないでしょう。

ランキングより、自分との戦いと出来るやつとの戦い!そして受験との戦い。

相手を間違えないでくださいね。偏差値よりも順位よりも合格証書です。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply