FC2ブログ

和訳のエンターテイメント性

ある英文を読んで、一段落を読み終えると、

学生がこんなことを言っていました。

「先生の和訳というか英文の話と、自分が思っていた英文の内容に落差がある(笑)」

うん、当たり前ですよね。私と学生の語感の精度は異なりますし、

私のほうが一応英語のことを知っているので、

解釈のバリエーションが多いのは当然で、高校生の字面の解釈以上に臨場感は出るはず。

私は内容をしっかり理解してもらうために、

ダイジェストで内容を説明しますが、

その説明は大げさというか、

現代の生活に使い感覚や、学生がイメージしやすい感覚まで崩して、

説明するために生徒や全訳が与えている最低限の内容とは異なります。

まあそのレベルで読み取れればいいと思えば、私なんていりません。

きっと実力で東大に行けますよ(笑)

しかし、日本語を読んでいても内容が入ってこない人もいるわけで、

そんな人のためにわかりやすく内容を大げさに説明します。

その説明を聞いて英語を楽しいと思ってくれることも狙いとしてあります。

実際に長文を読むことが楽しいとか、

英文一つの解釈でこんなレベルで解釈が出来るなら、

文法をもっとしっかりやろうと思ってくれたら、

私の役目は果たされたと思っています。

硬い訳で説明しても学生はわかりませんし、内容が入ってきません。

逆に「え、こんな訳しているの?正確に英文をとっているのにこんな日本語になるの?」

って疑問をしっかり持ってくれたほうが印象に残るし、

私も説明を深くするようになるわけですよね。

英文を自分で読めるようにするためには、

内容をどうやって正確にかつ面白く脚色するかが問題になります。

それこそ和訳のエンターテイメント性ですよね。

この実力を上げるために、

説明は現代的にかつさまざまな解釈や哲学を入れてお話しています。

まあ若干大学の授業のようになっていますね。

もちろん、大学受験ですから文法の話は多めですよ。

学生にはぜひこのエンターテイメント性を手に入れてほしいです。

そうすれば自発的に本を読むはずなのだが……。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply