FC2ブログ

部屋にいくとどういう生活をしているか大体わかります。

私は家庭教師を稼業にしておりますが

家庭教師という生業稼業ほど、他人のお宅にずこずこと入れる職業もありません。

だから学生の生活も部屋をみたり、

雰囲気を感じればだいたいどういう生活をしているかわかります。

さて、私は学生の部屋で何を観ているのか。

まあ意識してみているわけではなく、勝手に目に入るということです。

意識して観ていたらそれはなんか変態ですよ(笑)

盗人とか家宅捜査になってしまいますよね(笑)

で、無意識に見てしまうのは、やはり本棚です。

人の本棚を見れば、人は何を考え、何をもとにして生きているんだとか

様々なことがわかります。

私の本棚は漫画や英語の問題集もたくさんありますが、

その中でも一番多いのは服装哲学系の本や社会学やグローバリゼーションの本ですかね。

洋服が好きだとか、文化論が好きだとか、身の回りにある問題を解決したい内容が

沢山あるんじゃないかなってことを彷彿させるのではないかって勝手に考えています。

あとは、私の本棚をみて思うことは、「マニアックだなー」ってことでしょうね(笑)

だってガーターベルトのエッセイとかネクタイの歴史に関する本はないでしょう?(笑)

何を思うかは人によってまちまちですが、なんかわかります。

学生の心を自分なりに掴んで話をしようと努力をするときも、

極力こういった生徒の身の回りにあるものから判断して彼らの趣味とか話したいことを

考えて、それを基にして授業で扱う内容の事例や英文の例文を考えます。

なかなか考えているでしょう、私(笑)いやいや、

こんなことはみんな家庭教師なら職業病のごとくやっています。


そして、勉強をしている人ってどんな机の上なのかっていうと、

「めっちゃくちゃきれい」ってことを想定しませんか?

いやいや逆です。

もちろん漫画や部活の道具や食べ物と、勉強の道具や教科書が散乱していたら

それは論外ですが、

できる人の机っていうのは案外汚いです。他者から見たらですよ。

でも、しっかり稼働している机って、あるスペースには今日使うものとか、

あるスペースには生物に関するものがまとまっているというように、

乱雑しているようで乱雑に置いているわけではないんですよね。

机の上って汚いかってよりも、大事なのは稼働率が良いかどうかなんですよね。

つまり座っている範囲内に、大抵のものがとれるかどうかってことです。

私のオフィスにある机は座っているだけで大半のことができます。

学生が「こんな問題がほしい」と言ってきたらすぐにドラえもんのごとく出せます。

でも、整列しているかというと、正直そんなことありません。

問題集のラベルは結構逆さまになっていたり、ぐちゃぐちゃです(笑)

書類も散乱しております。でも、全部自分なりにカテゴライズしてあるので、

大方どこいったーーー?ってことはないはず(笑)

というわけで、稼働率が上がっているときは汚いことの方が多いかと思います。

逆にきれいすぎる机の方が心配になります。

「え、勉強してないでしょ?」っていう部屋とかありませんか。

潔癖とかきれいでないと気が済まないっていう学生もいるかもしれませんが、

教科書とか新品同様のクオリティーを保っていると、

さすがに「絶対にやってないなー」って思います。

勉強していると、参考書なり教科書なり、部屋なり汚くなるんですって。

そして、それをたまに稼働率をあげるために整理をするんですよね。

そうやって繰り返すので、掃除をしなくても綺麗なままっていうのは実はやばいです。

我が軍の机の多くは、この何もやっていないって意味のきれいだなーって感じですね。

本なんて読んでないでしょう?ってぐらい、本が直立不動になっております。


では、私の家のデスクはというと………今はあまりにも本が散乱しているので

とてもお見せすることができませんので、これから掃除をするとします(笑)
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply