FC2ブログ

予備校で教えるものは受験でしか使えない。

例えば、こんな表現があります。

It is getting darker and darker.「だんだん暗くなってきたねー。」

多分、アメリカ人ならit is getting darker.で済ませるでしょう。

日本では、これを「比較級 and 比較級」=「だんだん」と教え、

比較の範囲の重要表現として学生に示すのですが、

うーむ、どうでしょう…。もっと知らなければならない表現がたくさんあるのですが、

大方意味がないとはいわないまでも、まあ使う頻度が少ない表現を多々教えます。

日本の英語教育は迷走していると言えますが、

見方を変えれば、日本の英語教育は

ガラパゴス諸島にいる動物のように独自の進化を辿っている、

もしくはこれからそうなっていくのかもしれません(笑)

私はもちろん二十歳まで海外にほとんど行ったことがありませんでしたし、

生活をするなんてまず考えもしなかったのですが、

21歳のときにスウェーデンという異国も異国、

行こうと決めた時は地図でどこだろうって探していたぐらい

私の生活とは関係がほぼない国にいくことが決まるまで、

とにかく受験方式の勉強を積み重ねていました。

文法を覚えること、問題集を解くこと、TIMEを読むこと、単語を覚えること。

これだけです、本当に。でも、実際に行ってみて話すときに気づきました…。

やべー、It is a trifle thatなんて会話で一生使わねー…。

child as he wasなんて、まず使わねー。though使うわ(笑)

なーんていうことが多々あり、

日本の英語教育ってなんで実践的に使わないものをたくさん覚えるようにしてるんだろうって

一瞬恨んだことがありました(笑)

とまあ、大学受験の時の知識って、多分大学受験でしか使えません。

そして、予備校で教えてくれるものは、大方受験でしかありません……。

スウェーデンから帰ってきたときに、

埼玉にあったある塾の英語の先生にこんな直され方をしたことがあります。

「先生、授業聞いてて思ったんだけど、againって「アゲイン」じゃなくて「アゲンッ」って発音して!」

これには笑いそうになりましたww

いやいや、「アゲイン」でも「アゲン」でも、どっちでもいいのですよ(笑)

リエゾンしたときに変化するんだからどっちだっていいし……

って思っても言いませんでしたが、一応その予備校では偉い人だったので

「すみませーーん、留学してても英語苦手なんですよー」って平謝りしてました(笑)

まあそういう無駄なマニュアルでしか生きていないんですよね、

予備校の先生の多くは…。

こういう「予備校的なこと」から外れるとダメっていうのをまじまじと感じると、

予備校で教えることって本当に大丈夫なのかって思いますよね。

だから正直言って、私は予備校的な知識を教えるというのは

これだけって決めて、英語の指導に取り組んでおります。

覚えてほしいものだけに絞って、あとは単語とイディオムを覚えるだけに集中させ、

膨大な英文を読ませています。これが本来一番いい勉強だと信じております。

受験のこと、すなわち予備校の先生の言ったことだけ完璧にこなしていても、

勉強はできるようになりません。本当にできるようになるためには、

予備校の先生の言ったことを基にして、旅立つことです。

そして、その予備校の先生が作ってくれたマニュアルを手にして、

実地試験に立ち会って、例外もあることを知って初めて勉強ができるようになるわけです。

予備校の先生の知識がすべて例外なしでパズルのようにハマるぐらいまで

知識をつけてしまったとしたら、

それはもはやどこの大学にも合格できるレベルにあります。

というか、予備校の先生をアルバイトでやっても儲かりますよ(笑)

こんな英語もあるんだなーって、私は予備校を動物園とかガラパゴス諸島の中だと考えながら

デスクに座っています(笑)

そんなんでいいのか。受験に則って指導をすれば、受験でしか使えないような知識しか与えられない。

受験指導は本当にその世界でしか通用しないものすごく狭い世界です。

その中ででもできるだけ社会に関連することを伝えられるとすれば、

「受験を通じて頑張る意義」とかものの考え方とか人生論ですかねー。

それを無くしてしまったとしたら、本当に予備校とか塾なんてつまらないところになってしまい、

不毛な人間しか出来上がらないんじゃないかな…。

雑談が多い先生がいてもいいなって思うのは、こういう思考を働かせているためです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply