FC2ブログ

読書感想文ってそんなに大きな意味を持たないでしょ。

今年は読書感想文の課題に関する手助けを多くの学生にしました。

8本ですか…私も書くために8冊読みました。

しかも、私の得意分野でもない本も含まれ授業もやらなきゃいけない状況で、

とにかく困りましたがなんとか終えることができました。これで学生もまあ困らないでしょう。

さて、先日尾木ママがこんなことを言っておられました。

「宿題代行業は詐欺に近い。子供の大事な夏休みの課題をとるなんて、詐欺だ!」

という具合で代行業者を非難しておりました。

まあ、その通りといえばその通りです。でもですね、現場のことをもう少し知ってほしいですね。

受験受験と騒がれている中で、誰がゆっくりじっくり本を読んで、

ましてや切羽詰って熟慮もしない読書で書いた感想文を読みたいでしょうか。

私は夏休みで読書感想文ほど意味がないものはないと思っています。

文章の読み方なんて、捉え方なんて千差万別で、

デリダが「言葉ほど信用できないものはない」といったように、

ディスクールは読み替えられるわけで、感想文を書いたところで

ある程度範疇を絞った題材でなければ書いたって意味ありません。

空想のレベルでの作文であれば、そんなのはあほでも書けてしまうわけですよね。

それよりもある課題図書をいくらか提示して

要約と自身の観点を論じるように宿題を出すべきですよ。

読書して何かを書かせることを宿題にするのであれば、

先生にもそれぐらい検閲するリスクを持っていいと思います。

でも、学校の先生にそんな余裕はないでしょうし、

そんなことを真剣にやる学校の先生がどれだけいますかね。

よくすっぽ考えていない先生が出す宿題をこなさないと成績に影響するって言う方が

私は学生に対する高慢であり、教育享受における詐欺ですよ。

意図があまり感じられない課題をこなさなきゃダメなんだと思ったら代行業だって繁茂します。

当然です。まあそれでも自分で宿題を片づけるように言わないとですけどね。

まあ誰もが矛盾しているんですよね。

夏休みなんて本来は遊びほうける期間ですし、勉強をガリガリやる方がおかしい部分もあります。

そういう社会構造ができている時点で、よくわからない課題を出す先生が生まれれば、

本来必要がない代行業まで生まれるわけですよね。

私にとって読書感想文など1冊読んでしまえば、30分から1時間あれば、

1000字ぐらいで書きあがるので、

代行代なんて支払わなくても授業サービスの一環でただでやりますよ。

大学院では月一で本を読んで小論文を書かされていたので、

基本的にはこんなことは朝飯前です。

その代筆する代わりに、私は彼らに違う課題を出します。

英語の英文を読んで、感想文を書く課題であれば、

私が意見をまとめる代わりに、本文でわからない単語をすべて覚えてもらい

テストをしてダメだった場合はその課題を与えないようにします。

または別のきつーいが必要不可欠な課題を与えて、

生徒にとって今この瞬間必要なことをやらせます。

読書感想文が書ける人は、よっぽど暇人であったり、読書好きであったり、

余裕を持って何かをできる人ぐらいでしょう。

読書感想文なんて私は小学生中学生のときなんて一度も提出した覚えがありません。

そんなことをやったからって文章が書けない人は書けないし、

やってこなくたって、論文を意識して書いていれば、物ぐらいそれなりに書けるようになります。

こういう意味がないとはいわないまでも、生徒にとって利益が薄い作業ばかり与え

量で押しつぶそうとする学校がもう少し配慮をしていただきたい。

ちなみに読書感想文ではなくて、

授業でやっていないことを実力でやってこいと言うような丸投げの課題を出す学校もあります。

これも意味がありません。

夏休みというのは基本やったことを復習する課題が与えられるものでしょう。

予習をしてこいという指示があれば別ですが、そうでないのにやってないところまで

課題としてやれーはきついでしょう。

予備校はこういう代行やごまかしとか対策ということを

したくてやっているのではないのですよね。

大半の学校でやってくれないからやらないと学生がかわいそうになるんですよね。

ラサールや名古屋の滝みたいに塾に行かなくても先生がしっかりしており、

課題を目的に沿って出してくれるのであれば、問題ないのですよね。


ちなみにわが軍の英語の上位組は、英文を読んで日本語で100字で要約やっていますよ。

しかもほぼ毎日。よっぽどこうやっていたほうが

彼らの国語力のほうが磨きあがっていると思うのはおそらく大半の予備校の先生でしょうね。


いろいろ感じることがあったので、学校でのほほーんとしている先生たち、

もう少し学生に配慮した課題を与えてください。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply