FC2ブログ

限界かなって一瞬でも思うと前に進めなくなります。

我が軍の中には、医学部受験の26歳の学生と、

TOEIC指導をしている33歳の会社員の男性さんという、

受験平均年齢を少々超えている学生2人がいます。

22歳近辺、すなわち現役で大学を卒業する時期ぐらいの年齢を超えると、

なかなか大学にいるのはちょっとねーっていう雰囲気になりますよね、

自分も周りも…。でも、私としては大学は勉強したい

と思う人の憩いの場として成立している部分もあると思うので、

まあ年齢なんて考えずに大学に行けばいいんじゃないのって思っております。

私が通っていたスウェーデンのストックホルム大学では、

26歳で学部生1年生を始める学生なんてごろごろいましたし、

同僚とくらべると私は年齢が低い方でした。英語もできなかったし、

相当可愛がられましたし、いろいろやらされました(笑)

英語学科の授業なんて、子育てしていたマダムや弁護士が学生だったりしてましたし、

日本とは全然違う状況でした。

大学院ですと、もっと違います。年齢層なんて高い高い。

名大もまた一応全国で十指には入る学校ですので、

それなりに志が高い学生が集まります。それは年齢を問わず、

勉強がしたいから大学受験したぞー、院試受けたんだぞーっていう学生が多いです。

上は私が知る限りで78歳。おじいちゃんだって勉強しようと思えば、勉強できますし、

論文を書いているんですよね。いつになっても勉強はできるのです。


というわけで、我が軍の大人の学生だって負けてはいません。

ハイスコアをとるため、または受験に合格をするために躍起になっているのは素敵なことです。

決してバカにはできません。でもですね、どんなに辛いと思っても、

「やっぱりこの歳になると若い奴にはかなわないよなー」とか、

「俺はやっぱりこんなんだからダメなんだ」って思わないでください。

自転車と一緒で、一度ブレーキをかけて、

また一速二速とギアを上げるにはそれなりの労力と時間がかかります。

正直元が老化すれば自転車もギアがうまく切り替わらないのと同様に、

勉強だってスムーズにギアチェンジが進まないときだってあります。

それでは医学部受験は特に間に合いません。

歳を重ねている人は、物事を知っているので、いろいろ覚えることに応用できるはずです。

でも、それを定着させることに問題があることを

女子アナを経て弁護士になった菊間アナがおっしゃっていました。

それでも、若い人よりも繰り返したり、医者になる意義等を考える力や熱意は

それなりの歳で受けているので、普通の学生よりも高いはずですから

努力と根性と工夫で乗り越えられるはずです。

26歳のほうが少々文法事項を覚えられずに焦っておりますが、

覚えられないのは「周りが覚えているから俺も覚えなきゃ」って焦って

要点を取り間違えているからです。一個ずつちゃんと追ったうえで覚えていけば

英語の文法ぐらいちゃんとそれなりに覚えることはできます。

大人になった時は不安になっても、不安にためらいを持たずに進むこと。

要は社会とか大人とか受験だからとか一切考えないようにすることが

社会人の合格への最短距離だと思います。

まあ昔のときの受験生に戻って、素直に授業を聴いてみる。

社会人で医学部に入学している人の多くは、

専門分野がしっかり入っている人が大半ですが、

中には純粋に物事をしっかり捉えている人に多いです。

頭がよくたって、英語ができたって、藤田の推薦に落ちることがあります。

とにかく、限界だなーって思ったときにすべてが終わります。

限界だなんて思わないでください、受験ごときで。

限界だと思っても結構そうでもないのですよ。限界だって言っていても生きてるじゃないですか。

限界をガチで突破している人は、この世を去っていることが多いですよね。

限界なんてそんな簡単に出てきません。私だって限界だーーって言っても、

朝の6時から夜の1時まで2週間ぐらいやり切りましたよ、夏休みの夏期講習では。

とにかく余計なことは何も考えずに頑張ってください。

これは受験生にも言えることなので、一心不乱でやってください。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply