FC2ブログ

予備校が学生を日本にとどまらせているのではないかという懸念

最近英語の指導をしていて思うことは、

学生のスピーキングの拙さをもろに感じるということです。

スピーキングの手前の話です。

「先生、この単語なんて発音するのですか」と生徒が言って、

私が答えるということをたくさんしても、

自分で口を動かして発音していないので英語を話す口になりません。

実際に浪人生に音読をさせると、

お経というか棒読みというかとにかく英語の真似事の音にさえならない……

辞書を引かないから発音記号も何となくでさえも読めない…

そんなことが続いているために英語の上達スピードが上がりません…。

中学校や高校ではAETの先生が増えてきているとのことですが、

本当の意味でスピーキングの練習をしているのでしょうかねーって疑ってしまいます。


AETの導入といっても結局英語を話す環境にないのだからできないってなると、

もはや日本独自の指導に限界があるというのかなーとか、

予備校の読解ばかりやらせている風潮があるせいで、

しかもテクニック的というか

パズル的に情報処理するような英語の読み方を無理やりやらせていることで、

大学生がアメリカやヨーロッパの大学と戦えず世界に出ていけないのであるならば、

予備校が日本に出さない人間を創り出しているのかなって思う時があります。

本当にそうなるかどうかはわかりませんが、

英語の試験が将来TOEFLを扱うことになったり、

英検1級クラスの実力を要求するとなったら、

今の指導方針が崩壊するのは確かです。

スピーキングとライティングとリスニングにもっと傾倒したことをさせる環境を作らないとですよね。

そうなると、

やはり指導するステージとなる拠点をかえて

大学受験や高校受験の指導を見据えたほうがいいのかなーって、

最近真剣に悩んでおります。

学生にとって、

今私がやっていることが

この先の英語学習の足かせにならないようなことをしていきたいです。

考えることやこれからの指導で準備すべきものが山積しておりますが、

頑張りたいと思います。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply