FC2ブログ

朝の生活を変えようと努力する人々

私の大学院のときの指導教官がよく言っていたことですが、

「朝は起きてしまえばどうってことはない。朝起きてしまえば、なんとかなるものだ。

大事なのは起きる、つまり布団の上から立ち上がってしまえるかどうかだ!」

私は指導教官が嫌いでしたが、

それでもいくらかまともなことを言っているなと思い、逆らいはしませんでした(笑)

そんな語録の中の一つです。


さて、我が軍は朝が弱い学生が結構います。

去年から通っている学生も浪人が二年目、3年目突入したというにもかかわらず、

平気で遅刻してきます。申し訳なさもなくですよ…。

でも、そういう学生の多くの特徴は、成績がイマイチ振るわない、

もしくは以前の成績より上がっていないという状況でしょう。

まあ朝が起きられないからといって成績が下がることはないし、

朝起きれたからといって成績が上がるというわけではないですが、

朝を有効に使おうとする学生の多くは、

費やす時間がない中で工夫している学生なのでは?…とは思ってしまいます。

万年遅刻していた学生の数人が、「さすがにやばい」と言い出して、

朝早起きして、1番ノリで予備校にきて、学習しようと頑張り始めています。

その学生の一人がこういっていました。

「さすがにヤバいって思ったのは、効率が上がったせいか、

なんか生活というか時間が無限にあるように思えて、無駄に過ごす時間が増えたんですよね。

だから、朝律して、夜は夜更かししないで勉強する努力をしようと思いました。

目標は名駅のモーニングを制覇することですね(笑)」

まあいいのではないでしょうか。なまじできるようになると、

やらなくてもできるじゃんと錯覚を起こしがちなんですよね。特に多浪してくると、

知っている問題が増えてきて、変わりばえがないし、勉強しているのかなーって思いながら

ぼけーってしていることも多いかもです。でも、そうしていると成績はあがらない、

やばいなって思うんですよね。

そこで生活を変えようと思ったのが、朝起きるということなのでしょうね。

口酸っぱく遅刻するなと言った学生も朝来るようになりました。

やはり人生変えるためにも、

何か生活の1部分を変える必要があるかもと思ってくれたのでしょうかね。

今のところはしっかり朝遅れずにくるようになりました(笑)

こんな初歩的なことが20歳すぎても大学生になってもなおらないとなるとまずいですよね。

私も高校の時は遅刻200回を記録したことがありましたが、

意志を持って遅刻していました(笑)

「高校の先生に教えてもらうことなんてないから、俺は行きたいときに高校に行く。」

なーんてほざいていました。やめちゃえばよかったと思う時もあります(笑)

今思うとばかだったなーって思いますが、

それでも大人になれば遅刻はまずいと思うものです(笑)歳をとりましたな、私も。


さーて、学生たちは果たして早起きがどれだけ続くのか、見ものですね。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply