2023年11月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

すみません、状況がひっちゃかめっちゃかしているので投稿延期中。

すみません、私の家族や親せきが感染症にかかったか病床に伏しており、訃報も飛んできて処理が全然追いついていないのもあり、少々ブログ投稿が滞っております。そういう時に私自身は全然罹らずにいる奇跡。体は至って丈夫です。しかし、油断はできないので、食事と睡眠はしっかりとろうと思います。そんなわけで、まだ指導生のご父兄様に連絡が全然できていないので近日中にご連絡いたします。少しお待ちください。そして、インフ...

投稿画像

続きを読む

人間は自分から「気づいてからじゃない」と勉強しないもの (1)

最近息子のことで頭がいっぱいなのもあり、色々動いています。そしてとりあえず年内に全部やることを決めて、来年一年は少し息子に投資して、どこまで成長するのかなってのを見届けようかなって思っております。そんな中、息子の動向をよくみているつもりなのですが、うちの息子は特にだと思うのですが、少々こだわりが強めで、正直集団の中に溶け込む力が非常に低いですwwwというわけで、保育園では結構孤立していることが多いの...

投稿画像

続きを読む

2023 河合塾全統共通テストプレテストの雑感

さて、今年もあとちょっととなってきましたね。年々なんか受験の新鮮味がなくなってくるのですが、11月は受験が始まるのもあり、そわそわするのと同時に、寒くなってきて、気が引き締まってくる感じがするので結構好きな時期になりました。昔は、「11月ってなんであるんだろうなぁ。衣替えも10月で全部終わるから、もはや予備」なんて言っていたのですが、11月も大事な1か月で、受験生にはなくてはならない1か月です。11月はいろ...

投稿画像

続きを読む

近畿大学医学部の推薦入試問題を見た雑感。

さて、今年は積極的に近畿の推薦入試を受けさせていたのですが、残念ながら国立一本みたいな雰囲気が漂っているので今年は2名しか受けていません。ある受験生からのヒアリングでは、「英数ともにそれほど難しくない、しかも英語は満点狙いたいレベルだった」という話。今までやってきた内容でまったくもって「やっていなかったから、わからない」ってものはなかったようですが、私も少々見てみて、「あ~こりゃ簡単だわ」ってなり...

投稿画像

続きを読む

少し書かない期間が長くなっておりました。

すみません、今週は母が少々調子悪くて動けなかったのと、授業や息子の習いごとの件で色々奔走しており、とても書く時間がありませんでした…。しかし、そういう中で仕事もちゃんとやろうという感じで動くと、びっくりするぐらい問題を解く作業と問題を作る作業ははかどりますね。文法問題と和訳作業はかなり終わってきたので、来週はもう少し動けるかな……って思っていたのですが、今週よりも来週の方が授業だらけなので、もしかし...

投稿画像

続きを読む

2023年度 藤田医科ふじた未来入試の英語雑感

さて、今年は英語を入手するのが遅くなり、情報が遅くなっていますが、藤田医科のふじた未来入試の英語を早速解いてみました。いやぁ、若干難しかったかな??っていう印象でした。第5問のチムー族と環境問題関連の話は、時間がないと完璧な解答ができなかったかなと思いました。ただ、文法4択問題と4択マーク長文がスムーズに終われば、記述長文に時間を回せると思うが、まあ焦ったら詰むような設問みたいなところもあったので、...

投稿画像

続きを読む

2023年 第2回名大オープンの雑感

第2回の名大オープンをやってみましたが、オーソドックスで解きやすかったですね。ただ、若干読みづらいところもあり、段落内に英文を入れる問題はそれなりの難易度がいるので、ちょっと気を付けたいかなと思います。ただ、作文も良問が多いし、うん、いやぁ頑張ってハイスコアを獲ってきてほしいなと思います。さて、本当にオープン系の模試も終わり、ガンガン実力アップさせる時間もこれでおしまいですね。ここからは本当に共テ...

投稿画像

続きを読む

考えて処理するよりも覚えているものが多くなければ、旧帝・上位医学部には通えない。

さて、先日の七田式の先生とお話をして共感できたことは、考えて1つ1つ処理することを優先することよりも、子供は慣れたら答えがぱっとわかった方が爽快であるということに絶対に気づくし、そのスピードでやれれば、普通の4倍は知識が入るという話を聞いて、いやぁ、間違いないと思いましたね。そうなんですよね、明らかに旧帝に合格できない・上位医学部に合格できない人の多くが、能力地に問題があるというよりは、すでに知っ...

投稿画像

続きを読む

授業で大切なのは、「非日常」をいかに得られるか。

さて、先日、七田式教室というところへ初めて行ってみました。もちろん息子のことでなのですが、家から近いというのもありまして、体験授業を受けてみようとなり、受けてきたのですが、いやぁ面白かったです。まあ何といっても、私的にはこの時期になると偉そうに学生に言葉を与える側なのですが、この時期にむしろ新しいというか、自分で気づいてはいても言語化できていなかったり、行動に移せなかったりしているという意味で、新...

投稿画像

続きを読む

北大実戦の雑感+北大は少々難しくなっていると思う。

さて、ここ5年ぐらいずっと自分の指導生で北海道大学に進学している学生がちらほらいるのですが、そんなところから「北大はキャリア的にも学び舎としてもいいところだよね」って思い、現役生によく勧めております。数年前にも医学部で勧めたことがあったり、実際に勧めたなかで法学部に入った学生もおります。そんなわけで、今の指導生にも「北大に行くぞ!」って頑張っている学生がいるのですが、北大実戦……いやぁ、英語結構難し...

投稿画像

続きを読む

第2回名大実践の英語の雑感+ここまで来たら何が起きても焦らないこと

さて、学生たちが駿台の名大実践を受けてきましたが、長文はまあほぼできているという状況でして、今回の問題は第3問の会話文的なセクションが異様に難しかったという話でした。そういう時もありますし、過去問や実践系の問題集で実力をつければいいですから、まあ特に問題なしです。頑張ってほしいなという所です。という感じで、今週来週ぐらいまでは、冠模試が続きますが、ポイントは、ハイスコアが出なくてもビビらないことで...

投稿画像

続きを読む

過去問をそろえて、やらせるものを模索するのも講師の仕事。

さて、大学受験の講師の仕事として怠ってはいけないのが、問題選定です。今年は学生が思いのほかいい感じになっているのもあり、正直満足のいく問題選定ができていない部分があるのですが、毎年「このレベルのものをやろう」とか、「これは面白いから扱うぞ!」っていうのは必ず作っています。こういうことをぬかりなくやるようになったのも、学生が「もうやるべき問題がない」って言い始めたためです。まあ過去問とかって、福岡大...

投稿画像

続きを読む

昨今の大学受験は一般受験だけが選択肢ではない。医学部受験も手法を選んで突破せよ。

さて、今月は推薦入試が沢山ある時期なんですよね。ただ、私の指導生のほとんどが推薦入試を敬遠し、一般入試勝負という強者ばかりで、今年は推薦志望者は4名(受験生は20名以上いるのに…)。しかも、愛知医科・藤田医科の推薦は0名という、おそらくこれは史上初かもしれませんね。近畿とか福大とか、結構攻めた推薦が多いかなというところですね。もちろん一般で受けてもらいますけど、そして毎年誰かしら受けるのですが、今年は...

投稿画像

続きを読む

『私が「超」整理手帳を使い続ける理由』という記事で、私が掲載されております。

11月1日から、私に関することが「超」整理手帳さんのnoteの記事に掲載されております。私が「超」整理手帳を使い続ける理由良かったら読んでみてください。多分私にお会いしたことがある方はわかると思いますが、私は変な形でしかも手作りの手帳を持ち歩いております。そう、それが「超」整理手帳なのですが、実はこれを長年愛用しているぜ!っていうことをTwitter(現X)で載せたら秘書の方の目に留まったようで、そこからインタ...

投稿画像

続きを読む

第2回駿台全国模試の結果を見た雑感+私立医学部でそれなりのところに行くなら駿台偏差値65を目指せ

さて、先日いたるところで駿台全国模試の結果が却ってきましたが、いやぁ、まあ英語に関しては頑張ったかなという所でして、無双組は160点台を出してきて、偏差値も77~79ぐらいをちゃんと出してきました。いやぁ、駿台で偏差値70後半は素直にすげぇなってなりました。個人的には120点ぐらいでも十分だと思っているのですが、それも全員学生たちが越えてきてくれているので、英語の実力に問題はありません。正直本番を明日あたりに...

投稿画像

続きを読む

医学部受験も国立受験も、最悪の事態には落とし前をつけるべきだ。

さて、医学部受験をするときも、MARCH・早慶受験をするときもそうなのですが、個人的には1つでもいいから滑り止めというか、行きたくはないかもしれないが現時点での自分の実力ではここまでか…みたいな形跡はある程度分かっておくことも含めてつくっておいた方が良いです。中には「行きたくない学校を受験するなんてお金がもったいない」とかって言われる方もいるかもですが、そして、受かっても蹴るような学校を受ける意味はない...

投稿画像

続きを読む

医学部受験は完勝することを意識しないと、繰上りも来ません。

さて、今年はいつも以上に全員正規1勝を掲げているのですが、毎年「『合格最低点を追いかけて補欠でいい』みたいな勉強をしている時点でもう来年が見えてきますからね」と言っております。でも、そうなんですよ、いい補欠番号っていうのは、「本当に頑張ったんだけど、選考に漏れてしまった」という感じでやってくるのが基本で、補欠狙いの人は、本当に補欠で止まるってパターンが基本。まあ3月31日を迎えて、何とか来たみたいな...

投稿画像

続きを読む

簡単ですね=基本満点とれるだろう、難しいね=70%になりうると考えれば大学受験は受かる。

さて、私は授業をする際には、基本全力なのですが、その全力っていうのは、ただ精力的に授業をすることではないと思っています。大事なのは、いかに入試問題を目の当たりにして、「満点取れそう」って思わせるかで、そのためにどういう準備をして、学生にそういう訓練を与えられるかだと思っています。よく、「気合」、「元気」、「一緒に歩んでいこう」みたいな感情論・根性論・印象論を押しつけがましくやっているのをみていると...

投稿画像

続きを読む

今年の医学部受験の物理受験者は少し準備をしつつ、昨年を練らないといけません。

さて、11月になりました。今年は英語と数学が高い水準で落ち着いた学生も地味におり、ほぼ全員ある程度めども立ったという感じで、医学部受験を乗り越えられそうって勝手に思っているのですが、1つだけ不安要素があるとすれば、今年の物理受験組ですね。名古屋という土地には、物理に精通した先生が地味に多くおり、私としては物理に関してはなにもできないこともあり、物理の先生は非常にありがたい存在なのですが、その先生方で...