2011
06.28

『英語長文レベル別問題集 1~6』

Category: 参考書関連
英文法レベル別問題集 2 改訂版 基礎編 (東進ブックス)英文法レベル別問題集 2 改訂版 基礎編 (東進ブックス)
(2007/03)
安河内 哲也

商品詳細を見る

【特徴】
この問題集は超基礎・基礎・標準・中級・上級・難関と6レベルに分けられている。しかし、1冊だけこなすだけでは実力がつかないので、ある程度実力がある受験生は他の参考書を選択したほうがよい。というのは、この問題集は問題はよく選出されているが、非常に実践的であり、解説はあまり細かくない。しかし、自分のレベルがどの位置にあるかがわからない学生にとっては、この問題集でどのレベルで躓いているかわかるので、実力診断の指標としては使えるシリーズである。そして、これを使い始める人はまず、自分がどのレベルにあるかを謙虚に判断して、自分に適したスタートのレベルから始めてほしい。超基礎、基礎編は高校生であれば、問題を非常に容易に解くことができるだろう。もし、中学英語の基礎文法がわからない人、中学英語をなんとか覚えきった人はこの基礎レベルの問題から始めるとよいだろう。
この問題集はそれぞれ10題の長文が掲載されており、そのあとに解説と文構造も書かれている。文構造の解説はすべての英文に示されているので非常にわかりやすいが、解説はやはり実践向きでじっくり勉強するものとしては適していない。したがって、スピード感をもったとき方ができる人には最適である。


【使い方】
 このテキストはあくまでも実力診断か早急に実力を養成するために使用されるものと考える。従って、このテキストを通読するのは8月~10月の、文法に関する知識の収集から長文読解の移行期に導入教材として使うのがベストだと思う。この時期に、特に文法に力を入れてきた学生はこのシリーズの問題を解いて、自分の実力に合いそうなものをスタートにして取り組むとよいだろう。基礎文法が出来上がっている場合、標準編または中級編からスタートすればいいので、選択は学生が本に目を通して判断すればよい。そして、このテキストはペースが命なので、1日1題を極力短い時間でやること。そして、解説で自分の知識を一層深めれば十分だ。よって2冊であれば20日で終えることができ、その復習や単語調べや文法知識の再確認をして、1ヶ月で仕上げることは十分可能だろう。上級・難関編は11月で別にとっておくのもよいかもしれない。とにかく、このテキストは実践向きにつかうことをお勧めする。


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.25

『英語論文問題の解き方』

Category: 参考書関連
この参考書は非常に詳しく書かれているので、おすすめです。

よかったら、調べてみてください。


英語論文問題の解き方英語論文問題の解き方
(2006/07)
今野 雅方

商品詳細を見る


 この参考書は英語論文の添削に精通した講師が執筆したもので、内容も鋭い上に非常に難しい。従って、このテキストを使用する学生は限定されるかもしれない。東大や京大をはじめとする論旨や要約の記述を求められる問題を解かなければならないが学生はぜひ読んでおきたい。また、大学院入試でも十分対応できるレベルなので、一冊手元にあると便利だろう。
 この参考書の特徴は、何といっても第一章のイントロダクションで書かれている要旨と要約とは何か、またどのようにそれらは書かれているのかを明確に記述し、論述の基本形式を細かく且つ正確に説明されている。2章以降は問題演習と解説になっているが、いきなり英文を読ませずに日本語での要約・要旨の記述練習をすることで、われわれの理解をより明確にしてくれる。それ以降はテーマ別の英文が与えられ、問題の解説が行われている。この解説もまた親切で、1段落ごとにどういったことが書かれていたかを説明し、要旨を書く上で必要な部分の指摘も忘れていない。以上のように、しっかり読み込むことで大学入試の記述問題がかなり平易に見えてくるようになる1冊である。


【使用法】
 まずはイントロダクションの内容を正確に把握することが重要になってくる。そして、それを踏まえて、2章の和文要旨の練習でより卓越した日本語の運用力と、論理展開の整理をスムーズに行えるように精進してほしい。したがって、読みこなす自信がない人は無理して手を出すことはない。購入したとしても1~3章まで練習すれば十分かもしれない。また英語の読解レベルが低ければ、ここに掲載されている問題には歯が立たないので、もっと平易な参考書を手に入れて学習しよう。しかし、どんな英語の問題にも対応できるようにするのであれば、この本は必読書となるので、東大・京大受験を考えている人はこのレベルに到達できるように頑張らなければならない。ペースは人によってまちまちになるだろうから、あえて記述しない。しかし、この参考書は9月以降に使って、じっくり読み込むのが理想のように考える。



よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

Comment:0  Trackback:0
2011
06.24

『書いて覚える英単語ノート(入門1700語・基本3000語)』

Category: 参考書関連
書いて覚える英単語ノート入門1700語レベル書いて覚える英単語ノート入門1700語レベル
(2009/12)
桐原書店編集部

商品詳細を見る


書いて覚える英単語ノート基本3000語レベル書いて覚える英単語ノート基本3000語レベル
(2009/12)
桐原書店編集部

商品詳細を見る


【特徴】
「英語の力は単語力」というのを前面に押し出した一冊であり、『Data Base』シリーズの準拠書にもなっている。書いて単語を覚えるスタイルとなっており、初期のボキャブラリー・ビルディングをするにはいいだろう。見開きの左のページに英単語の意味と発音が書かれ、3回単語を練習できるようになっている。右のページには例文が載せられており、例文の中で英単語を覚えるようになっている。また単語はさまざまなテーマでソートされており、大雑把にではあるが頭の中でグルーピングしながら英単語を覚えられるようになっている。さらに基本的な熟語も網羅できるので、英単語を覚え始める人やあまりノートを作る時間を割きたくない人は、一度手に取ってもらいたい。


【使い方】
入門編は、中学校で覚えるべき単語から高校初期に覚える単語までが収録されている。中学生や、英語にものすごく抵抗がある人(中学英語の英文法も怪しい人)は入門1700語から始めたほうがよい。無理して基本・発展編に手を出さず、謙虚な判断を心がけてほしい。高校1年生~2年生や基本文法に問題がない人であれば、基本3000語レベルから始めていくとよい。
ペースとしては、Level1~6まで区切られているので(格レベルにおよそ300語)2週間でLevel1ずつ進めていけば、3ヶ月で一周終えることができる。また夏休みを利用して短期集中で使用するのも作戦のひとつである。半年かけて80%ぐらい習得できていれば上々だ。



よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.24

「英語は暗記をするな」が意味すること

Category: 雑記
「英語は暗記するな」といったようなフレーズを最近よく目にします。

大学受験においてもこのフレーズは、

英語における新進気鋭なイメージを私たちに与えています。

しかし、実際に「英語は暗記するものではない」と掲げている人を授業をみると、

「えー、このレベルで暗記するなっていうの?」

と、彼らの指針に無理やりさを感じざるを得ません。


例えば、willの意味の一つとして「習性」を表すことを、

受験生は覚えなければならないわけですが、

あるテキストは『「100%に近い内容が起こるんだ」と覚えておけばいい』と、

学生たちに促しています。

これを見た時に、確かにそうかもしれないけど、「甘い」と思ったわけです。

結局、元の意味を覚えても、後々正確に頭で整理しなければならないので、

一つの意味を覚えるという作業をすることに変化はありません。

つまり、このように「暗記はするな」という人々が意味する「暗記」とは、

昔、論語などをそらで言える学生のレベルを想定しているようなことであって、

非常に狭義な意味でしか用いていません。

しかし、消費者はこの言葉のマジックに惑わされてしまいます。

「暗記はもう必要ない」といるフレーズがあるものを手にしたら、

人々は苦労をしたくないという衝動を必然と持ちますので、

その方法を知ろうとし、実践してみようと思います。


しかし、大学受験で点数を取る、論文が読めるようになる、

英語を自分の思考レベルで扱うといったレベルで扱う場合、

暗記というか膨大に覚えるという作業は不可欠です。

「英語で良本を一冊書くためには、最低1冊は文章を丸暗記しなければ書けない」

と豪語している先生に、私は何度もお会いしています。

それぐらい、他国の言語をマスターするには至難の業なのです。


それと比べたら、

大学受験の英語の科目で覚える内容は微々たるものなはずです。

しかし、残念ながらこういった勉強に時間を割かずにいるために、

英語は本当の意味で出来なくなっています。

そして、とにかくその楽な方へ、楽な方へ向うがために、

成功する人もいるなかで、失敗する人も数え切れないほどいます。

むしろ、楽な方を安易に選択した人は失敗した人の方が多いでしょう。


本来、「暗記は必要ない」というレベルの話は、

大学入学以降の話です。

持ち合わせている文法や英単語の知識を持った上で学習法を応用していけば、

確かに暗記をせずに済みます。これは事実です。

自分の母国語である日本語の言語習得を考えてみてください。

小学校のときに膨大な漢字書き取りをさせられませんでしたか。

また何十年も日本語で書かれた文章を目にしてきていませんか。

その作業をたかだか3年間である程度習得するためには、

しかもネイティブの読み物をある程度解釈して読み込むためには、

残念ながら意識的に文法や単語を覚えざるを得ません。

無理がきくteenagerだからこそ、「暗記」に近い理解は必要なんだと、

私は考えます。


ヨーロッパ人はこういう作業に労苦を惜しみません。

私の知っているスウェーデン人の友人は、

大きな料理用のボウルに膨大な単語カードを入れて、

それを手でシャッフルし、その中の一枚を取りだして、一人クイズをしていました。

その結果が、日本語検定1級取得です。

日本人に比べると、ヨーロッパ人は隣国の人間と接触する機会がもともと多かったため、

他の言語を知らなければならないという危機感もあったのでしょうが、

彼らの言語に対する執着心について、正直「脱帽」だと言わざるをえません。

私たちは、もっと外国語を覚えなければならないんだ、そして、

国際人として他の国々の人間と共存していかなければいけないんだと

いう感覚を持っていかなければなりません。

TOEFLの勉強をしていたときに、Without learning wordsといったテキストは、

一つも見たことがありません。

中国でTOEFLの問題が出回っていると言っても、

彼らは基本事項をしっかり覚えたうえで、酷似した問題を覚えているから

ハイスコアを出す人々がたくさんいるのです。

本質から逸脱して成就するほど、世の中甘くはないのです。


その本質に気付けた人ほど、英語だけでなく自分が喋っている母国語にも

愛着がわき、自分自身をより高いところにおきながら

生きていけるのだと思います。


そのことが大学受験を通じてわかっていれば、

大学生活でも幅広い生活ができると思います。

そうなるために、受験生は今を生きてください。


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.23

体は資本です

Category: 雑記
今日から私は月曜日までなので、本に没頭する1日でした。

今年は自分の時間が非常に多く取れて、充実しています。

そのせいもあり、今年はある雑誌でもコラムを書き始めました。

(まだおっぴろげに公開しません。ちゃんと連載してからお教えします。)


しかし、ここ何年かで思うことですが、

いやー体力がなくなった。

最近は3時まで起きていると、次の日はきついです。

ここ3年前までは2日ぐらい寝ないで勉強していたりしても、

オーバーワークにならなかったのに、今ではなかなかきついものがあります。

そして、体がすぐ痛くなるようになってから、

最近は月1でトリガーポイント注射とマッサージに行っています。

おかげで謎の知り合いができ、なかなか面白い話も聞けて、

ちょっとだけ視野も広がります。


受験生にとってまだこの時期は追い込みどころではないですが、

今年の夏は地震の影響で、冷房等が自粛され、

大きな影響がありそうな気がします。

そして、無論体調にも大きく影響してくるでしょう。

ある意味我々にとって試練の1年になるような気がします。


学問にはげむ者も、アスリートに負けないぐらい体調管理は重要です。

ある70歳の大学教授は、

「今の大学教員は平気で授業を休講にするから、掲示板は休講のワルツだ。

だが、私は、大学で教鞭をとってから一度も休講を出した覚えがない。

どいつもこいつも、なめくさっておる。」

と、どこかで憤怒していました。

しかし、これは非常に難しいことで、この人はまさに先生の鑑です。

「どんなことがあろうとも、教師が風邪をひいたり、

体調を崩したりしてはいけない。

最も困るのは教師ではなくて、その教えを享受している学生なのです。」

これは、私の恩師が私たちに諭してくれた言葉です。

こう言った話を聞くと、

プロ意識が高い人ほど、

こういった自己管理は万全であるということが、私は身にしみて分かります。


受験生も1年だけ受験のプロへと進化しないといけません。

というわけで、

受験生はなるべく涼しいところ、涼しい時間帯に勉強するように心がけてください。

早起きが習慣になっていない受験生さんたち、

今年はその習慣を作っていきましょう。

そして、ご飯は必ず食べて明日に臨みましょう!



よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.23

『センター試験英語大問別予想問題集第3問』

Category: 参考書関連
センター試験英語筆記大問別予想問題集第3問段落読解問題 (旺文社センター試験対策書)センター試験英語筆記大問別予想問題集第3問段落読解問題 (旺文社センター試験対策書)
(2008/09/19)
小崎充

商品詳細を見る


【特徴】
 センター試験の第3問を徹底攻略するために作成された問題集で、過去問数6題+オリジナル問題が12問で構成されている。各章ごとに問題形式についての特徴と攻略法が書かれていて、苦手な受験生にとっては解法のヒントになるだろう。また別冊で解答・解説と全訳が収録されているので使い勝手も悪くない。第3問に特化したものは、市販で売られている問題集ではなかなかフォローしきれないので、このテキストは貴重なものだと言える。しかし、この問題集はあまりにもセンター試験に特化していて、受験生は日常で使えないだろう。従って、この問題集を使用するのは9月以降でよいだろう。標準的なものを一通りこなした後で、センター試験戦略のために使うのがベストである。



【使用法】
この問題集は前述の通り、センター試験対策に特化したものなので、4~8月で使うのは避けるべきだ。この問題集をやる前に、受験生は一通り英文を精読したりすることをお勧めする。またセンター試験ベースの模試等で得点がよくなくても、この問題集に手を出さずに今までやってきた問題集や参考書で初心に帰るべきである。従って、センター直前期や10月ごろの模試で第3問の出来が著しく悪いとわかったときに、受験生はこのテキストを使用するべきだろう。しかし、パラグラフ・リーディングの練習をしたいということであれば、『パラグラフ・リーディングのストラテジー 読み方・書き方編』を読みこんだあとに、確認でこの問題集を使用してもいいかもしれない。大問3は短い文章の中で文と文のつながりが理解できているかを問うものが多いので、同書を並行して使うのも効果的だと考える。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.21

『基礎英文解釈の技術100』

Category: 参考書関連
基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
(2008/12)
桑原 信淑、杉野 隆 他

商品詳細を見る


【特徴】
この参考書は非常に実践型であるため、1年でなんとか英文解釈の技術を手に入れたいという学生にお勧めである。よって、この本を使用するためには高校で習得する最低限の英文法や単語を理解していなければ、扱うのは困難かもしれない。そういう人のためにも、簡略であるが、学習の基礎知識として品詞の基本用法と形式主語や動名詞の基礎単元の説明がなされている。
1冊に100単元収録されているが、少々技術を分けすぎているようにも思える。しかし、一通り英語を学習した者のなかで英文法の整理がついていない者がいれば、これを読むと目からうろこかもしれない。1単元で、100~150ワードの英文が出題され、その英文のポイントを説明する。この参考書の説明のよいところは文法分けがとてもきれいにされていることで、文の要素分け(SVOCなど)が苦手な人にとってこの参考書の問題はいい練習になるだろう。また英文の説明が塾講師の黒板のように書かれているので、一人でノートにまとめてみるのも良いかもしれない。また各単元の最後には入試で出題された英文が練習問題として載せられているので、実力も測ることができる。
さらに、英文を耳から覚えるためにCDが同封されている。これを持ち歩いて、聞きながら英文のイメージを作るのもいいかもしれない。応用すればリスニングにも使えそうだが、これはあくまでも解釈で使用するほうが得策だろう。



【使用法】
 基本英文100文+練習英文100問と量はかなり多い。1日目に2単元~3単元進め、2日目は、1目にやった基本英文を文構造を何も見ずに構造を書き出すといった復習をして、そのあとにまた2~3単元を進めるというように復習と実践を同時進行で進めていくべきだろう。また、これは時間をかけてやる問題集ではないので、できるだけ1周目を早く終わらせて、できるだけ多く問題に目を配らせるようにしよう。したがって、このペースでいけば1ヶ月から1ヶ月半で1周が終わる計算になる。そして、できれば夏前(6月ぐらいから)から、このテキストは使われているとよいだろう。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.19

「悪習をすぐに排除してもしすぎることはない」

Category: 雑記
昨日、1週間ぶりに服飾研究に関する文献を読むことができました。

これまでTIMEと世界システム研究の文献を読むので精いっぱいだったために、

本業のネクタイ研究や服飾研究の文献に触れられずにいました。


しかし、昨日はいろいろな発見がありました。

私はどうも読む内容によって、読むスピードが極端に違います。

例えば、私はTIMEを1冊(50ページぐらいね)読むのに、

忙しいときだとおよそ1日かかってしまうのですが、

服飾研究に関する英語であれば、1時間に20ページは進んでしまいます。

久々に英語を読んでいて、「あ、英語できるんだね、私」と

私は自信を少しつけることができました。


そこで思ったこと。

TIMEはネイティブスピードで、

且つどうでもいい内容まで読まなきゃいけないのできつい!!

もう、「~しなくてはいけない」と思っている時点で、

あ、TIMEに固執するのはよくないということに気付きました。

TIME誌はとにかく英単語もエグいですし(フランス語まじりも多い)、

文構造も結構複雑でさすが高級大衆誌という感じです。

なので、私は少々負荷を軽くして、好きな記事だけガチ読みして、

理解を深める方に時間をかけようと思いました。


こうやって勉強しているうちに、自分にとっての勉強法が

自分にあっているかどうかわかります。

実は3ヶ月我慢してTIME誌を読み続けていたのですが、

もう限界です(笑)(めちゃくちゃ英語ができる人に相談してしまいました。)

We can't get rid of a bad habit too early.

「悪習は早く排除しても、しすぎることはない」


受験勉強もこういった試行錯誤は大切です。

しかし、1週間ぐらいで見切りをつけてて、

今までのやりかたすべてを変えてしまうのは、ちょっと割り切りすぎているので、

気長にやりながらカスタマイズしていくのが、ちょうどいい。

そしてちょうどいい自分に合った勉強法が創造されるのです。


当分私は服飾研究の文献にどっぷり浸り、楽しい研究生活にしようと思います。


受験生に負けないように私も読みます!


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





Comment:0  Trackback:0
2011
06.19

これはツカえる!!ストップウォッチ拘束法

Category: 雑記
ゲスなタイトルを書いてしまったなと思っております。(太宰を意識。)



先週、100円ショップでストップウォッチを買いました。

100円でお値打ちなのはいいのですが、

そのストップウォッチはすごく音が大きくて、あまり品がよろしくない。

しかし、いろいろな用途に使えるので、さっそく愛用しています。

私はそれをもっぱらパスタをゆでるときに使います。

最近、アーリオ・オイリオを作る達人になるために練習しています。

そのためにお昼はおうちでパスタを食べているのですが、

パスタをちょうどいい固さでゆでるためには、

ストップウォッチが必要不可欠になります。


さて、パスタの話はどうでもいいのですが、

このストップウォッチ、勉強での用途を考慮して使用することもできます。

ストップウォッチの機能は何かというと、

私たちに過ぎていく時間を1秒1秒正確に示してくれるということです。

(もしライプニッツがこの発明をみていたら、ビビっていたでしょう。)

(予定調和論を提唱した人ね。)


それを勉強するときにも応用するのです。

例えば、勉強がだらだら進んでしまうことはありませんか。

そこで、自分の集中したい時間とやるべきことをきめて、

ストップウォッチをセットすればいいのです。

そうすれば、90分だったら、「あと○○分でこれをこなさなければいけないのか」と

精神的に追い詰めることができます。

問題演習をやるとか、ちょっとした作業(計算練習とか文法の確認とか)で

この方法を用いると、ポケモン的に言えば「効果抜群」です。

単語を覚えるときに使うのもいいです。例えば50個単語を覚えると決めて、

1時間だけその50個の単語を覚える努力をする。

そしてあとは合間を見てそれを眺めるだけの状態にすれば、

うっとおしい単語の勉強も時短できるというわけです。

(なんかできそうなきがしてきたでしょ(笑))


しかし、注意しなければならないのは、理解を深めるときに

この方法を用いるのは逆効果です。

時間を拘束しながら理解を深める作業をすると、精神的に焦りが出て、

理解にムラができてしまいます。



このストップウォッチ拘束法は自分を少々精神的に追い詰めるものなので、

無駄を省くためにはいい方法なのですが、

時間をかけなければならないものをするときに、この方法を用いると、

肝心なものを失ってしまう可能性があります。


馬鹿とはさみは使いようなんです。

おバカな私でさえも、なんか生かせるものはすべて生かしてみれば、

なんでもできるようになるものです。

勉強は人並みよりちょっと上を目指すぐらいなら、そんなに難しいことではありません。


生かすなら 生かしてみよう ホトトギズ



おあとがよろしいようで。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



Comment:0  Trackback:0
2011
06.18

『ビジュアル英文解釈 PartⅠ』

Category: 参考書関連
ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
(1987/12/10)
伊藤 和夫

商品詳細を見る



【特徴】
この参考書は、英語をゼロから始める人、中学校の知識までは網羅しているが英文が読めない人、文法問題は解けるが長文を読むと内容がわからなくなってしまうといった学生にとって、非常に大きな影響を与えてくれる一冊だ。中学生でもある程度の文法を理解している学生であれば、最初の10単元ぐらいはこの参考書から有意義な知識を得られるだろう。
この参考書は英文解釈がメインになっており、PartⅠでは主に文と文のつながりの判別方法や、高校生が理解しにくい句や節の説明が非常に詳細に行われている。また高校生が苦手とする単元(比較・関係代名詞など)といったものも巧妙に説明されているので、ぜひ読んでもらいたい。1単元で、2~3文の比較から文法の相違を考え、そのあとに中文読解問題とその解説が掲載されており、非常にボリュームがある。また、説明も膨大なために、問題を解きながら英文法を網羅してきた学生にとっては少々苦痛になるかもしれない。したがって、この本は短期間でカバーするテキストとしては不適である。しかし、1冊をバイブルとして扱い、文章が読めなくなったときに辞書代わりに読み物として使用すれば価値あるものになるので、高校1年、2年生にはぜひ読んでもらいたい。
また各単元に著者の小話や問題の軽い総括も入っているので、楽しく読みながら英語を学習することができるだろう。




【使用法】
この参考書はとにかく読んで理解するために使用してもらいたいので、まずは1日~2日かけて熟読してほしい。そして、できれば手元に平易な1文和訳の問題を置いて、解釈する練習をするとよいかもしれない。そのあとに単元末にある中文を読んで、文法の理解を深めるとさらに効果的だろう。したがって、合計で35単元あるので、1単元2日かけたとして70日で一回読み終える計算をすれば、およそ4ヶ月で2周できるだろう。しかし、これは前述のとおり理解を深めるためのバイブルであり、機械的にこなすというよりはゆっくりじっくり読み込むことをお勧めする。


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





Comment:0  Trackback:0
2011
06.17

『センター試験英語大問別予想問題集第2問』

Category: 参考書関連
センター試験英語筆記大問別予想問題集 第2問センター試験英語筆記大問別予想問題集 第2問
(2010/09/25)
旺文社

商品詳細を見る


【特徴】
 センター試験の第2問を徹底攻略するために作成された問題集で、過去問1題(3章分で各3題(トータル問題数16問))+オリジナル問題が80問で構成されている。各章ごとに問題形式についての特徴と攻略法が書かれていて、苦手な受験生にとっては解法のヒントになるだろう。また別冊で解答・解説と全訳が収録されているので使い勝手も悪くない。しかし、この問題集はあまりにもセンター試験に特化していて、受験生は日常で使えないだろう。従って、この問題集を使用するのは9月以降でよいだろう。標準的なものを一通りこなした後で、センター試験戦略のために使うのがベストである。



【使用法】
 この問題集は前述の通り、センター試験対策に特化したものなので、4~8月で使うのは避けるべきだ。この問題集をやる前に一通り文法事項を固めておくことが前提になる。またセンター試験ベースの模試等で得点がよくなくても、この問題集に手を出さずに今までやってきた問題集や参考書で初心に帰るべきである。従って、センター直前期や10月ごろの模試で第2問の出来が著しく悪いとわかったときに、受験生はこのテキストを使用するべきだろう。そして、これを一通りやったうえで、もう一度文法書や参考書で知識を確認して最終調整すると言った具合で使うのがいいだろう。


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



Comment:0  Trackback:0
2011
06.17

場所を変えると心も変わる

Category: 雑記
勉強をしていると、自分の部屋にこもりがちになります。

昨日は雨だったので、

ずっと九鬼周造のエッセイを読みふけっていたのですが、

そんな日もあっていいのかなと思います。

しかし、いつも自分の部屋でじっとしているのも

どこか気が滅入ってしまうものです。



こんなことを思うのも、すべて去年に勉強において

大失敗をしてしまったからです。

去年の私はしっかり勉強しようと意気込んでいたのですが、

あまりにも本業の方をオーバーワークしてしまい、

自分の勉強の時間になかなか時間を充てることができずに

一年を無意味なものにしてしまいました。

それはもちろん自分の意志の弱さのせいが大半ですが、

生活リズムが作れない環境にもあったという理由も考えられます。

例えば、朝早くに起きて、極力無駄な時間を省くということを心がけましたが、

あまりにも疲労がたまってしまい、なかなかうまくいきませんでした。

そして、自分の部屋にいると仕事をしてしまうために、

自分のことをしようと思っても集中できず、

無理やりやってもすべて中途半端になりました。


そこで今年はなんとしても変えなければならないと思い、

いろいろやってみました。

その一つが「勉強する場所を変える」ということでした。

これが効果覿面。

勉強する場所を変えることで、自分に新鮮な空気が入り込み、

心が落ち着くようになってきました。

それを名古屋で3か所ほど作り、今はそこに行き来するルーティンができました。

同時に仕事の場も変えました。

名古屋だけでなく今は東京にも出向していますが、

これがまたいい方向に向かいました。

毎週火曜日に新幹線に乗って(交通費は塾持ち!)、

お昼を食べ、富士山をみながら帰路に就くのは

またオツなものです。

(富士山は日本人のバイタリティーなのかもしれませんね。)


こういった環境変化は、勉強するだけでなく

精神衛生上、非常に重要だと思います。

しかし、毎日違った場所に変えると逆に疲れてしまうかもです。

どこかきまった場所をいくつか作り、決めた時間にそこで勉強するといった

自分のルーティンをつくると、勉強が一層はかどるかもしれません。


九鬼周造がこんなことを言っていました。

「人は環境によって自分が持つ哲学も変わってくる。」

私も埼玉暮らしから離れて久しいですが、

それはなんとなくわかります。

名古屋に長くいると、名古屋っぽい思考が出来上がってきます。

その前はスウェーデンにいたので、完全に思考がヨーロピアナイズしていました。

その前は東京をうろうろしていたので、

東京人の思考を……

といった感じで、自分がもつ考えも脳内にさまざまに彩られていくわけですね。

場所がかわって勉強するだけで、その地の種類も変わるなんて、

人間も紅葉や桜と大差ないのねと思いながら、

また今日は行きつけの本屋さんで勉強してこようと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.15

『頻出英語整序問題850』

Category: 参考書関連
頻出英語整序問題850 全解説頻出英語整序問題850 全解説
(1998/07)
不明

商品詳細を見る


【特徴】
 この問題集は整序問題に特化しており、文法を構成する力を養うことができる。問題集は題名の通り850問あり、和訳付きの整序問題、和訳なしの整序問題、不要・不足語指定の整序問題、デコボコ整序問題とさまざまなスタイルに対応できるようになっている。解説も別冊になっており、丁寧で重要知識をしっかり押さえられるようになっている。ただし、これだけをやるのは受験生にとってはかなり億劫であり、的を絞りすぎて多目的に使えないのが弱点である。従って、私立医学部や上位文系私立大学など受験する大学に整序問題が必ず出題されるのであれば、必要に応じて取り組むぐらいでよいだろう。



【使い方】
 前述のように、これは繰り返しやるものではなく、足りないものを補うという形で使うほうが進めやすいだろう。この問題集をメインにして使うのであれば、和訳つきの整序問題600をこなすだけでよい。あとは必要に応じてやればよい。整序問題は1問解くのに時間がかかるので1日15~20問もやれば十分である。センター試験の対策であれば、和訳なしの整序問題をこなせばよい。出典はセンター試験の問題から選定されているため、センター試験の過去問をやると若干重複するが、受験生にとってはいい練習になるだろう。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.15

勉強法のカスタマイズ

Category: 雑記
先日、スウェーデン屈指の有名家具屋であるイケア(IKEA)が船橋にできて

5年も経ったことを、メールボックスにあったメルマガで知りました。


私はスウェーデンで生活をしていたこともあり、

イケアはすごくなじみがあるブランドです。

もちろんスウェーデンでも大変お世話になりましたし、

私が今使っている机や本棚や椅子はすべてイケアの製品です。

そして、ストックホルム大学のファッションMBAに入ろうとしたときに、

(そのMBAはイケアがスポンサーだったのだ!)

当時のIKEAのCEOとも一度お話しをしたことがあり、

なかなか切っても切れない関係のように勝手に思っています(笑)


しかし、実はその方と会談して、

ご存知の方も沢山いるかと思いますが、

イケアは1970年代にも一度日本に進出していましたが、

当時は今ほど話題にならず、1度撤退せざるを得ない状況に追いやられています。

イケアが掲げていたDIY(DO IT YOURSELF「日曜大工」)、

つまり自分で購入し、自分で部品を持って帰り、自分で組み立てるという

家具をカスタマイズし、自分のインテリアをカスタマイズすることを

売りにして商売をしていました。

しかし、イケアの1度目の失敗はこの方針にあったようです。

専門家や学者によれば、当時の日本では職人が作った既製品を好み、

まだ自分の空間をカスタマイズするという習慣が出来上がっていなかったために、

イケアが打ち出した方針が日本人になじまなかったために

イケアの日本進出は失敗したと言われています。


しかし、イケアは21世紀にはいってから再び日本に進出します。

今から5年前にイケアは船橋にでき、今もまだイケアの家具を

好んで愛用している人は多いと思います。

今回のイケア戦略の勝因は、

日本人がカスタマイズへの趣向を持ち始めたことにイケアが目をつけたことと、

あのシンプルかつカスタマイズしやすいデザイン性が日本人にウケたことでしょう。

今は日本人の特に若者は、お部屋に沢山お金をかけているように思います。

そして、自分のお部屋を居心地がよい空間にカスタマイズしているわけです。


さて、ここまでは導入です。(長っ!)

この話から、勉強においてもとても重要なことが言えると思います。

すなわち、勉強法の「カスタマイズ」です。

世の中には人の数だけの勉強法があります。

すごく効率性の高い勉強法もあれば、そうでないものもあります。

そして、人は常に効率性が高い勉強を求めています。

しかし、こんな経験はないでしょうか。

ある人が効率性が良い勉強法で勉強していて、

自分も真似してみても出来ないことってありませんか。

そして、無理矢理やってみたことはありませんか。

これは、私は個人的に間違っていると思います。

真似るところまではいいんですが、そこで他者の「良い」という信仰に

すっかり乗っかるのは疲れますし、成果は出ないし、焦るし、

自分のせいなのに失敗すると人のせいにしたくなり、悪循環だらけです。

先月ぐらいに、ある生徒さんが英語のノートがうまく作れない悩んでおり、

私が手本として教科書の全訳を含めてガチでノートを作ってあげました。

もちろん、その生徒さんは同じように作るのですが、

英語の実力状況はちっともかわりませんでした。

正直、勉強していないということや

私の指導に不具合があるというのもあるでしょうが、

それ以上に自分自身が境遇を打開しようと、

自分なりの方法を創作しないのも原因の一つにあると考えます。

勉強はただやみくもに勉強しても、ある程度までいったら、

なかなか伸びません。

やっている内容をどうしたらわかりやすく楽しくできるかを常に考えて、

やりかたを「カスタマイズ」していかなければいけないと思います。


そのためには、まず自分の身の回りに成功した人々の勉強法を聞き、

書きだしてみて、それを全部並べてみてください。

そして、現時点の実力でできる・できない・本気をだせば出来るかも

というレベルで分けてみてください。

それでできるものと、本気を出せばできるものを洗い出して、

自分の予定と都合を合わせてみてください。

そうすれば、必然と自分の基本的な勉強スタイルが出来上がります。

それをおよそ二カ月ごとにやれば、

もっとできるものが増えてきますし、もっといい勉強法に出会えるかもしれません。

そうやって、部屋の模様替えをするように、

勉強法も実力やテンションに応じて模様替えをしていかなければなりません。


ちなみに私の勉強法は、

3人の英語の鬼の勉強法を折衷したものです。

折衷したとは言っても、その3人は結局膨大な暗記をしており、

私も「英語を神の領域に極めるためにはやっぱり記憶することか」

と横着することは諦め、

スウェーデンに行くまでは英文法や名文、単語の暗記に時間を費やしました。

(一人は英単語を20万個、一人は名文集を10000文以上、

もう一人は名著を一冊丸暗記して、単語も10万語ほど丸暗記……)

最初はもちろんできるなんて思っていなかったので、

とりあえずどこまで勉強できるのか、

机の上に倒れるまで勉強し続けてみました。

その経験から全部実力と体力を計算して、勉強量を決めていきました。



そういったカスタマイズを一年も続けてみると、

勉強の効率性は見違えるほど向上しており、

意外に実力もついているものです。

私が仮面浪人をして医学部に合格したのも、

1カ月で京大と名大の大学院に合格したのも、

勉強法のカスタマイズとその中で決めた制約を忠実にこなしたからできた、

というだけです。

言葉で説明するのは簡単ですが、実行するとなるとなかなか大変です。

でも、そういった小さなカスタマイズをし続けることで成就するなら、

やらなきゃ損です。

そして、カスタマイズは楽しいです。人の勉強法を知ることもできるし、

人と話す時のネタにもなります。

院生の時の会話では、どんな本を読んでいるかという話題も多いですが、

本の読み方について議論することも少なくありませんでした。

それだけ、勉強に熱心だったのかな(笑)



3月~5月までしっかりお勉強してきた人は

そろそろもう一つステップアップするために、

夏服とともに勉強法の衣替えをしてみるのもいかがでしょうか。

参考になればと思います。



よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.14

暗記するということ(2)

Category: 雑記
前回の記事で、「大学入試で英単語をどのくらい覚えるものなのか」

ということを書いてみました。

あの記事をみて、

「お前は暗記が得意だからできただけ」、「できないやつもいるんだ」と、

言う方もいるかもしれません。

でも、やってみないのに文句をいうのはちょっと卑怯です。

2・3週間やってみてから判断するんでもいいんじゃないかと思います。

実際に私も英語は得意ではなく、英単語を覚えるのは苦痛でした。

そこで、ちょっと私の体験談でもかいてみようと思います。




私はもともと進学校といわれる高校に進学しなかったので、

なかなか勉強するモチベーションが高まっていきませんでした。

高校1年生のときに、ある塾の春期講習というものを受けに行きましたが、

国語も数学も英語もちんぷんかんぷん。

周りはみんな進学校に通っている輩で、

中学校から継続してやっていた生徒たちだったために、

めちゃくちゃ授業の内容が高度でした…。

ある英語の先生(確かサカイとか言っていたような…)が次のようなことを言っていました。

「東大や上智の英文や東京外語大学に行きたければ、

英単語を15000個覚えてください。早稲田、慶應ならおよそ1万個覚えてください。」

先生はこれを目安で言ったのでしょうが、

高校一年生のときの私は衝撃的な発言で、

「英語できる人ってこんなに丸暗記してるんだ…きもっ」って思っていました。

でも、周りの人々はまんざらでもないようで、私だけきょとんとしていました。

私は野心だけは人一倍強く持っていて、

できれば東大の文一(法学部)か国立の医学部に入りたかったので、

死ぬほど勉強しなければいけないのはわかっていましたが、

いきなり脆弱な野心は打ち砕かれたのです。

でも、3年あればなんとかなると思って、

とりあえず言われた数に到達するまでやってみました。

特に最初の一年は、英単語をいくつ覚えたか入念に数えていました。

まずは書いたり、読んだり……辞書を噛んでみたりもしました(笑)

そんな感じでありとあらゆる英単語をひたすら自己流で覚えていました。

そして1年過ぎて、覚えた単語の数はすでに7000個を超えていて、

この数字にびっくりし、謎の達成感を手に入れました。

数字にして具体化するのは、目に見えて楽しいものです。

最初は大きな数字を前にすると、気が遠くなりますが、

やはり最初が肝心なんです。

貯金なり、日記と同様、3日坊主にならないようにできるだけ意識すると、

1カ月はもつようになります。

その意識づけのために、具体的な数字を書き出して、

逆算していくことで強い意識づけができると思います。

私は結局3年間続けておよそ15000個覚えて、なんとか早稲田に引っ掛かりました。

結局早稲田にいきませんでしたが、あの英単語の丸暗記があったから、

留学もできたし、大学院にもいけたし、

そしていずれは大学教員になろうという夢をも生み出す原動力になったのです。



まとめるとこういうことが言えます。2つのことを心がけてみてください。

最初はとにかく一定期間やってみる。そして文句を言う。
目標を表や数字にして具体化する。

この2つを心がけてください。

yahooニュースや掲示板のコメント欄で、

人の成功や功績に対して揶揄する人がいますが、

そういう人ほど何もしていない人が多かったりします。

なにか自分からアクションしない人に、アクションしている人への発言権は与えられません。

なんでも批評するのであれば、同じ土俵に立つべきです。

それと一緒で、まずやってみてください。

やってみて、やっぱりこれは自分に合わないと思えば、

また試行錯誤をすればいいと思います。

試行錯誤の繰り返しで、人はより洗練されていくのだと思います。

参考程度に考えてもらえたら、光栄です。

ありがとうございました。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:1  Trackback:0
2011
06.14

暗記するということ(1)

Category: 雑記
学生が新しい学年を迎える4月。

この時期はよく勉強法について話したり、やるべき目標を掲げたりします。

その中でも、高校1、2年生には英単語の暗記についてよくお話しします。

なぜこの学年に英単語の話をするかというと、

この2学年の間にしか集中的にボキャブラリーを増やすことができないからです。


高3になると、他の科目も切羽詰まってきますし、

英語だけやっているわけにはいかないからです。

英語と数学と国語はある程度積み重ねがないと、飛躍的な成績上昇はけっこう難しいと思います。

もちろん、高3の1年間で成績があがることはありえますが、

それは私立大学に絞って、早慶を狙うことに等しく、

科目数が多い国立大学を目指すのは正直なところかなり難しくなります。


そこで、最悪高校2年生の夏から英単語や文法といった蓄積して覚えるものをはじめ、

ある程度リードを取っておくことを強くお勧めします。

その先陣を切ってやることこそ、英単語の暗記なのです。

単語は最初の5000個の丸暗記が大変なだけです。

ちなみに5000個と聞くと、「やべー、多い」と思うかもしれませんが、

アルファベットのABCとか冠詞のaなどもカウントして5000ですから、

中学生の英単語をちゃんと覚えている人であれば、

700個から1000個はあると考えていいと思います。

そこからスタートするわけですが、

残りの4000個を覚えるのは結構な根性が必要です。

覚えるのが苦手な人は5000個覚えるのに半年ぐらいかかってしまうかもしれません。

でも、それでいいんです!!最初の5000個をじっくり覚えれば、

一万個はその派生語や接頭語・接尾語で解釈しながら覚えていくようになるので、

最初の5000個を覚えるために要した時間より短い時間で覚えられるようになります。

英語や国語は芽が出るまでの辛抱なんです。根気よくやってください!!

きっと、みなさんがまいた種は地上に芽を出すのですから。

そして、最後の最後で合格という実を実らせてくれれば、これほどうれしいことはありません。

すべては単語の暗記をしようとすることから始まります!

がんばっていきましょう!


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.11

とある質問 ~参考書の選び方・考え方~

Category: 雑記
ある名古屋の塾の塾長がこんなことを言いました。

「高校受験に合格するテキストは何かないのか?」

私はこれを聞いたとき耳を疑いました。

「え、塾というか教師は合格するためのテキストを探すのが仕事なの?」

あまりにも野暮な質問で、あっけにとられてしまいました。

もちろん私はそんな方針がダメダメな先生とは仕事をしたくないので、

やめてしまいました。(しかも、その塾長は最後の1カ月の給料をくれませんでした。)

残念ながらこういった先生は少なくないのかもしれません。

どこか指導を楽に楽にしていこうと思うのでしょう。

そういった横着をする者は、講師を始め、ものを伝授する資格はありません。



今や星の数ほど参考書や問題集がありますが、

この世に「絶対に合格する参考書」はありません。

その中でも「いい」、「悪い」参考書はもちろん存在するでしょう。

しかし、評判が悪いものを頭ごなしに否定してはいけません。

もちろん反対に、評判がよいものを鵜呑みにして肯定してはいけません。

人には人の勉強法があるので、

それを受け入れてみようという姿勢で参考書を見るといいと思います。

もちろん、どんな参考書を使えばいいかわからない人は多いと思います。

そういうときは、学校にも塾にも誰か一人は参考書マニアがいるものです。

その人に、自分はこういった所が苦手でと説明して、

自分に合いそうな参考書を指南してもらうのが一番いいと思います。

私も今年の2月から参考書や問題集を購入したり、拝借して、

現在100冊読了し、そのレビュー(特徴と難易度と勉強法)が完成しました。

どれも使い方に工夫をすれば、自分にあう参考書になるのです。



去年、名著と呼ばれる参考書を山積みにして、

2~3ヶ月で全部やりこなそうとしていた生徒さんがいました。

ものすごく根性があるなーって思う反面、

全部やっても他の教科があるから覚えられないよーとも思い、

私は思い切って3冊の参考書にしぼりました。

その生徒さんは良いものと悪いものの判断ができなかったのです。

逆に言えば、どちらも受け入れようとして、全部こなそうとしたわけで、

とても真面目で、学生の鑑だと思います。

しかし、受験は量と時間との闘いで、

どちらかに偏っては、難関校の合格通知を勝ち得ません。

そのとき生徒本人にもいったことですが、

「人と同じで、参考書に浮気をしない。」

これが参考書を選ぶときのキーワードです。

1冊の参考書に愛情を注いで、その教科の核を作ればいいわけで、

この一冊と受験期まで付き合っていられるかどうかを

自分の実力と相談すればいいのです。

もちろん、実力が上がれば参考書も変わっていかざるを得ません。

しかし、1冊目に手にした参考書はバイブルであり、

結局最後の最後でも私たちを支えてくれるのです。


こう考えているわけで、私はオープニングの塾長の質問の答えは、

「どれも合格するテキストです」と言わざるをえません。


参考書の著者の誰もが「これを使えば合格する」と思って執筆しているわけで、

私たちはどうやってそれを使用するか、

そして生徒にどれが適していて、

どうやって使用して合格にたどり着くかを考えたうえで

学習ペースをプランニングしなければなりません。


ぜひとも、受験生のみなさんにはいい参考書とのめぐり合いをしてもらいたいと

願うばかりです。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.09

『英語頻出問題総演習』

Category: 参考書関連
大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ)大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ)
(2003/11)
上垣 暁雄

商品詳細を見る



【特徴】
 この問題集は『Next Stage』のようにオールマイティに文法を網羅できるものである。しかし、記述問題中心なので選択問題以上に正確な知識が必要とされる。問題集は、重要構文の問題、重要イディオムの問題、文法・語法の問題、口語表現の問題の4部構成になっている。どの問題も難易度が高く、文法の最終調整として使用すると効果絶大だろう。しかし、イディオムや言い回しのオンパレードなために、解説が少々荒い。この問題集はすでに文法を理解しているレベルにあることを前提にできているために、覚える内容が膨大に羅列しているといってもよい。国立大学志望の学生は、『Next Stage』よりもこちらのほうがいいが、初心者や英文法に自信がない学生はこの問題集を選ばず、もう少し取り組みやすいものを取り組むべきだろう。



【使い方】
『Next Stage』同様、この問題集もとにかく量が多いので、日割りして進めるのが一番よいだろう。1日10~15ページずつ進められれば、上出来だ。ある程度知識を定着させる、イディオム等を覚えることを考慮したら、この分量が限界なようにも思える。無論英語が得意な学生はこれ以上進めても構わない。従って、7~8月に始め、4カ月ぐらいかけて完成させればちょうどよいだろう。ただし、あまり遅く始めると「この知識も、あの知識も知らなかった」と疑心暗鬼になってしまう可能性もあるので、9月以降に英文法の総まとめをしようと考えれば、この問題集を使わないほうがよい。英語にかなり自信がある人、覚えるのが得意な人、膨大な分量に耐えられる学生は是非これを取り組んでほしい。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
Comment:0  Trackback:0
2011
06.08

語学の勉強法のいろいろ

Category: 雑記
こんなことを思ったことがないでしょうか。

「17世紀中盤の日本人は、どうして南蛮語を流暢につかえたのか」

答えは簡単。南蛮のものを手に入れるために必死だったからです。

当時の通訳者(当時は通事と言ったそうです)は、

三週間ぐらいでオランダやポルトガル人の言語を聴きとって、

小さな辞書ばりの文章帳(単語帳)を作って、

ペラペラお話になっていたそうです。


この話を聞いてから、

私は、語学は短期集中でできる勉強なんだ、と思うようになりました。

そして、それを実戦的に思わせてくれる出来事が

大学生活の中で起こりました。

私が学部生の時に、フランス語の授業を履修していた時のことです。

私は第二外国語を最初ドイツ語にしていたのですが、

どうも先生は極右のドイツ語の先生で、

正直ちょっと抵抗があってやめてしまいました。

それで、「やっぱり時代はフランス語!」と勝手に思い込み、

フランス語にコンバートしたのですが、

そのときのフランス人のおばさん先生による授業で、

奇跡的なことが起こりました。

1回目の授業は顔合わせだったので、特に何もなく、

宿題を出されて終わったのですが、

2回目の授業である事件(大げさかも)が起こります。

宿題はフランス語のetre動詞の活用を覚えてくるというもので、

2回目の授業では、先生のとなりでetre動詞の活用を全部言わされました。

もちろん全員ブーイングだったわけですが、先生はもちろん強行。

でも、衝撃的だったのは1人目。

なんと、先生は一人目の生徒が間違えた瞬間、

手をばちーんって、たたくのです。

その瞬間、全員絶句し、教室内が緊迫しました。

どんどんテストは進み、「ばちーん」という音が響き渡り、

私の番までやってきます。

ちなみに、私は3回たたかれました。

言い間違えた数だけたたかれます…。

私は言語を習得するためにこんなに緊張した日は、

その日以外ありません。

その次の週の授業では40人いたクラスなのに、

10人足らずになっていてびっくりしました。

その行為が理不尽だと思った人もいただろうし、耐えられないという人もいたでしょう。

しかし、そんなことはお構いなしにその週のテストも同じような感じで、

みんな「ばちーん」という仕打ちの連発。

正直、私は腹がたちました。

先生にではありません。自分のできなさにです。

そこで、私はここままではいけないと思い、3回だけその授業をお休みして、

1カ月間フランス語に没頭し、その先生の度肝を抜いてやろうと意気込みました。

そして、7回目の授業のときに、私は先生に対して、

64通りの動詞の活用を全部暗記したことを申告し、

テストをしてもらいます。

もちろん私は間違えずに(発音は直されましたが…)言い終わると、

「トレビアン!!」というお言葉をいただき、

フランス語の基本文法を習得することができました。


一生懸命に覚えたことはなかなか忘れません。

この1カ月でやった作業を経て、

私は語学をだらだら勉強するのはよくないことに気付きました。

オランダ語を学習した時も、1カ月はオランダ語づけにして、

文法書と単語帳とにらめっこをしていました。

もちろん、難しい内容はまだまだ修行が足りないので読めない時もありますが、

辞書があればあまり不自由はありません。


これは受験でも同じようなことが言えます。

どの教科も、ある一定の基礎学力を上昇させるには、

短期集中が一番です。

ある期間を決めて、学問の入口までなんとか到達することを

目標にするべきだと思います。

特に英語は中学生までの内容であれば、

本気でやれば1カ月で最低限のことはマスターできます。

それをうまく利用できている生徒さんは、

中学校2~3年生の時に英検の準2級や2級まで取れるのです。

英語はあるレベルまでは短期集中。


今年の夏で、英語ができない自分とおさらばしたい人、

今年の夏は英語一本に集中して、

やってみるのはいかがでしょうか。(もちろん最低限の他の教科の課題はやろうね。)

9月には別人になって、また新たな学問の楽しみを覚えることができるでしょう。


P.S. 今年の受験生は、満遍なく点数取るための勉強をしましょう。

英語のみの勉強はしないでね(笑)


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
Comment:0  Trackback:0
2011
06.08

医学部受験の心得③

医学部受験の心得、その3。

今回は私立大医学部の受験について書いてみようと思います。

まず、私立医学部の入試傾向ですが、

去年と大して変わらないと思います。

しっかりお勉強するのみです。

しかし、強いて言及すれば、

推薦入試をどうするか。を考えることですかね。

私立医学部の推薦入試は、現役にとっては大きなチャンスだと思います。

残念ながら一般入試ですと、どうしても浪人のほうが点数を取れてしまうので、

なかなか現役がチャンスをものにできません。(当たり前ですよね)

そこで、推薦なら現役だけで勝負させる大学もあり、

浪人は入ってこれないわけですから、

医学部進学においての大きなチャンスとなるわけです。

というわけで、現役生は必ず推薦を受けてほしいと思っています。

頑張ってください。

問題は浪人が推薦を受けるかどうかです。

例えば、藤田保健衛生大のように浪人も推薦入試を受けられる制度がある場合、

浪人生もこの対策をしようか迷うだろうと思います。

無論、チャンスが増えるわけで、受けたほうがいいに決まっています。

数字的にも、藤田は推薦入試で86人(2010)合格させていて、

その合格者の中でも浪人生は9割を占めています。

しかし、中にはリズムを崩したくないとか、

もともとの調査書の成績が良くないといった理由を抱えて、

合格する見込みもあんまりないという方々は、

思い切って一般勝負したほうが得策かもしれません。

9月までにしっかり決めてください。9月がタイムリミットです。


推薦入試は、評定平均最低3.7あれば提出はできると思います。

愛知医科大は3.7で大丈夫です。しかも推薦入試の受験生は現役性のみです。

推薦入試で必要とされるものは次の4つです。

①クラブ・学内等の活動評価

②評定平均

③無遅刻無欠席(できるだけ少なく)

④ボランティア!!

①~③までは当然だと思いますが、①は持っている方がいなかったりします。

そういう時こそ、ボランティアです!!

これは裏技です。医学部の先生たちは謎のボランティア精神をみているようです。

ここに人間本来の精神状態がうかがえるのでしょうか(笑)

おそらく、どの受験生も志望書で「まじめ」とか「優秀」と

書くでしょうから差が出ません。

しかし、このボランティアってのが一つあるだけで、

それらを裏付ける具体性を獲得できます。

ボランティアしてほしい人は日本にたくさんいます。

探してください。

ボランティアは医学部受験生を救うのです!!

参考になればと思います。ありがとうございました。


よかったらココをクリックしてください。ありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
Comment:0  Trackback:0
2011
06.07

医学部受験の心得②

医学部受験の心得、その2。

今回は国立医学部の目標にしたいスコアや、

最低これぐらいはやっておかなければいけないだろうっていうのを考えてみます。

前回、国立医学部に入るためには、

センターで90%を取らなければならないというように書きました。

実際、医学部の平均は85%ぐらいだとお考えでいいと思います。

つまり、85%が足切りラインという感じです。

なかには地方国立大の医学部ですと81%ぐらいのところもありますが、

正直なところセンターで85%はとらないといけないでしょう。

センター試験の85%という数字は、

文系ですとかなりいいところが狙えるレベルです。

東大・京大を除いた旧帝国大、一橋が届くぐらいです。

文系で名大や阪大なんて狙っている人もこれぐらいほしいです。

というように、結構大変な数字だとは思いますが、

医学を心得ようとしている人間はこれぐらいできて当然だと思います。

それぐらい大変なんです、医学部は。


では、そんな大変な国立医学部にはいるために、

どういう割合でセンター試験の点数を取ったらいいのでしょうか。

これは結構大事です。考えてみましょう。

まず、英語と数学と理科系では、満点を狙ってください。

そして、これらの教科でどれか1つでも8割代を出したら焦ってください。

1つでも70%を出したら、

国立医学部を受験するのは諦めたほうがいいかもしれません。

というのは、挽回するのが極めて難しいからです。

なんで挽回が難しいかは、後ほど書きます。

これらの教科は最悪9割はおさえたいところです。

英語はどんなに難易度が高くても、

勉強をしていれば9割は取れるはずです。

正直、どの年も激ムズというものは、

数学や国語以外はないと思います。こつこつやって満点を取りましょう。

数学は、難易度が変動しがちだと思います。

今年のように数1Aが難しいときもあれば、以前の年のように数2Bが難しいこともあります。

しかし、いかにしてこの波を超えるかにかかっていると思います。

数学はどんな問題でもコンスタントに点数がとれるように、しっかり準備を入念にしましょう。

物理、化学、生物、地学は気合です(笑)(理科の先生、ごめんなさい…) 

満点に近いスコアを取ってきてください。


ここまで英語、数学、理科系の話を進めてきましたが、

医学部受験生にとって問題なのはこの3つではありません。

問題なのは国語と社会です。

国立医学部受験のセンターにおいて、この2教科がネックになると思います。

まず、国語。

国語の満点はまず無理だと思っていいでしょう。

取れたらかなり優秀です。でも、本当にごく一部の人間でしょう。

先ほど英語、数学、理科系で70%を取ったらきついといった理由はここにあります。

国語で9割を望むのはあまり現実的ではないし、

勉強したからといってすぐできるようになる教科ではありません。

国語で挽回は無理とはいいませんが、奇跡に等しいと思っていいと思います。

センターの国語は、80%でさえかなり大変だと思います。

なので、80%取れたらかなり楽になりますので、これを目指してください。

もうひとつ、社会。

これはいつから始めたかで決まると思います。

高3から始めるのは遅いです!

自殺行為と思ってください。社会で9割取るのはいうほど簡単ではありません。

たとえ現代社会を選んだとしても、

8割取るのに最低半年はかかると思ってください。

ぜひとも早めの準備を心がけてください。


では、今回のことをまとめて、大雑把な目標を掲げてみたいと思います。

①夏までにマーク模試で全教科9割完成!!
②社会が高3の夏までにちゃんと終わるかどうか。
③センター試験までの日程から逆算して計画を立てられるか

マーク模試は偏差値よりも%を考えてください。

あの偏差値にはあまり信憑性がないです。わかりにくい。

ぜひとも参考になればと思います。ありがとうございました。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
Comment:0  Trackback:0
2011
06.07

医学部受験の心得

さて、今回は医学部受験のお話を少ししたいと思います。

実は私も医学部受験をしたことがあります(仮面浪人で受けました)。

でも、迷いに迷って辞退してしまいました。

今思うと、私が医者として世に出ていたら

医療ミスを量産していたことでしょう(笑)←笑えないか・・・

でも、医者への憧れと使命の重さは

だれよりももっていたと自分自身を信じていました。

医者は素敵な仕事の中の一つだと思います。

しかし、もちろん医者になるためには医学部に入らないといけません。

では、どれぐらいのことが要求されるのでしょうか。

ちょっと目安にしてもらえるとうれしいです。

言うまでもなく、医学部を受けるためにはものすごい勉強量が要求されます。

センターでいえば、全教科で90%

私立ではおよそ80%と言われています。

合格した医学部に提出したスコアは、センターでトータル89%でした。

もともと東大の理一狙いで、このスコアで前期を受けたのですが、駄目でした…。

しかし、後期で群馬大学の医学部に奇跡的にひっかかりました。

この経験を生かして、これまで3人に群馬大学の医学部受験をさせてきましたが、

3戦2勝1敗で、経験がいい結果を生みだしてくれています。
(1敗といってもその生徒はちゃんと私立の医学部に合格しました。)

しかし、数撃ちゃ当たるという気は毛頭ありません。

受ける前に入念に打ち合わせと分析をします。

なあなあで医学部受験をお考えでしたら、おやめください。

人の命を預かる身になろうとするので、よくお考えください。


医者になろうという心構えができたら、次のことを目安にしてください。

・センター90%を高3の夏の時点で取る!
・私立医大だったら、1次試験は7割取れば、99%受かる!!

この2つをまず目標として掲げてください。
センター試験で90%取れれば、どこかの医学部にはひっかかると思います。

国立医学部に入るためには、センターを絶対にとらないといけません。
2次で挽回はほぼ無理です。文系国立大学との違いはここにあります。


私立医学部の1次は7割で絶対に受かるといえると思います。

確か今年の東海大学医学部の1次は70%以上と書かれていたかと思いますが、

それは適性試験を含めて数字を出した、数字のマジックにすぎません。

なので、まず7割を取ってください。

とりあえず、最初の目標をかいてみました。参考になればと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)
Comment:0  Trackback:0
2011
06.06

受験情報の普及

Category: 雑記
If Juliet had Googled Romeo,

she would have found out he was a Montague and avoided all that fuss.

今のところ、私の中で今年の名文はこれです。

訳はこんな感じ。

「もしジュリエットがロミオをグーグルで検索していたら(ググっていたら)、

彼女は彼がモンタギュー家の人間だとわかって、一連の大騒ぎなんて避けていたのに。」

もちろん彼らの世界(シェークスピアが生きていた時代も)にはGoogleがなかったので、

この悲劇は成立したのですが、

もし彼らが互いについてググれていたら、

あの悲劇はただの三文芝居に終っていたのです。

そして、後世になってもこんなに愛される物語にはならなかったのです。


この文は、TIME紙にあった記事の最後の一文です。

その記事の内容は、「どうしたらツイッターでうまく愛を伝えられるのよ?」

って感じの題名で、現代の人々はネットで出会いを求めている人が多いですね

という内容でした。

要するに、現代人は、

どんなものが好きで、何をしていて、どんな性格をしているというような

基本事項を話す前にわかった上で、自分と会いそうな人を探し、

愛に発展させていくというわけです。

んー、なんて便利な時代なんだ。

恋愛も便宜性が優先されてきているんですね。


さて、私はここで恋愛の講釈をたれたいのではありません。

最初に紹介した英文ですが、

いろんな分野に関しても同じようなことが言えると思います。

例えば、塾・予備校・家庭教師探し。

実は私は5月に7件ものお問い合わせを受け、

非常にびっくりしています。

お問い合わせにもびっくりしましたが、それ以上に

私のブログを地味に読んでいる人がいることにびっくりしました。

塾探しというと、やはりその塾のチラシやパンフを見て、

そこに足を運んでもらうという感じですが、

もはやもう紙媒体の宣伝だけではダメなんですねってのを痛感しました。

保護者様や生徒さんがしっかり読んだ上で、

私を選んできているのを知ると恥ずかしい反面、非常にうれしいです。

(おうちで飛び上がっています。(キモいですね…))


ネットを使って、情報処理をするような社会になった以上、

PCのスキルがあるかどうかで、

受験情報を収集するクオリティーもクオンティティーも

左右されますね。

受験も世界もプロパカンダ。サイードもびっくりだ。



そんなわけで、ぜひPCを駆使して、受験を乗り越えていきましょう。

そして、ネットで収集できる内容は正直どこも薄いです。

いい情報ほど人々は隠したがります。

情報を鵜呑みにすることだけはやめましょうね。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.05

なんで英単語を覚えても読めないの??

Category: 雑記
最近また英単語の暗記に目覚めています。

新しい・知らない単語を目にすると、

焦る反面、どんな意味なのか知りたくなってしまいます。

今回も英単語に関することを書いてみようと思います。

まず、命題を掲げてみます。


「英単語を丸暗記しただけでは英文は読めない!!」



私は大学の学部生の時、英単語を1年で3万語ぐらい丸暗記したことがあります。

スウェーデンに留学することが決まってからは、

やらないと死ぬっていう謎の強迫観念に追われながら必死にやっていました。

でも、膨大な英単語を覚えていくにつれて、

あることにふと気付くのです。

特にTIMEやNew York Timesなどの新聞を読んでいるとなんですが、

わからない単語はまったくなかったのに、


「ん、いっている意味が取れない…なんでだろう??」


という境遇に何度も陥り、よく不安になりました。

文法もそれなりにというか、

入試問題を解いても間違えることはほぼないくらいに極めたつもりでいたので、

それが根本的な問題ではないことすぐに気付きました。


では、どうして読めないんだ…???


この問題が深刻なこととして付きまとったのは、

スウェーデンに行く3か月前で、正直焦りました。

そこで私の師匠(お世話になった教授です)に相談しにいき、

解決策を乞うてみました。

すると、師匠はこう言います。

「言語は隠喩と暗喩でできている。常に言い換えで成立してる。

 単語を知っていても使えないのは、その単語をメタ言語として使えないからなんだよ。」


んー、むずい。

でも、要はこういうことです。


例えば、reproductionという単語を、社会科学の分野で使う場合には「再生産」、

生物みたいな自然科学で使う場合には「生殖作用」ととらえるというように、

お話ししている内容で使う単語の意味を変えることができるかどうかってことです。



えーじゃあ結局辞書丸暗記しないといけないのか・・・?

そんなことはありません。

辞書の意味は上から3つぐらい覚えておけば、大抵はなんとかなるんじゃないでしょうか。

あとは調べて覚えていく。または類推解釈(笑)


辞書を覚える以上に重要なのは、


・単語を覚えたら、とにかくさまざまな本を読みまくる。

そして、その経験をたくさん作る



これに限ると思います。

英語は、数学のように公式を覚えて、問題を考えながら解くといったことよりも、

ある程度の量の知識を蓄積することで語学力はあがるものだと思います。

これは日本語というか国語も同じことが言えると思います。

国語も結局、

「自分の言葉でいかに正確に言い換えができるか」が要求されると思います。

英語や国語は地道な努力が必要です。

受験生で英語でお困りの方、

まずは英単語を覚えてみてはいかがでしょうか。

馬鹿の一つ覚えみたいであまり賢い方法にみえないかもしれませんが、

実は一番近道な気がします。

文法も大事ですが、単語を覚えることで文法も意識するようになってきます。



よかったらココをクリックしてください。ありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)

Comment:0  Trackback:0
2011
06.04

英単語ってどうやって覚えるんですか?~暗記するとは何か?~

Category: 雑記
受験生の前半期は、暗記に徹したりしたほうがいいのではないかと思います。

9月になる前に沢山知識を吸収し、

9月以降の最終調整と実践問題を思いっきりやり抜くというスタイルが、

一番オーソドックスだと思います。

そんなわけでもう水無月ということで、

今回は英単語の暗記に関して少し書いてみようと思います。


英語と言うと、みなさん文法をしっかりやって、

文の構成を考えてといったことを優先するのではないでしょうか。

でも、それって非常に面白いと思ってやっている人はごく少数だと思います。

ちなみに私は大学に入るまで、文法についてよく知りませんでした。

教えるようになってから文法書を熟読するようになって、

文法の深みを知りました。

私が高校生のときにどのような勉強法をしていたかというと、

基本丸暗記です。英語と社会科目と古典・漢文は、

文章の丸暗記や単語帳の丸暗記は当たり前でした。

自分の記憶力におんぶにだっこだったので、

国語の成績はなかなか上がりませんでした。

あと、数学はある程度までは到達しましたが、

最後の最後で成績が伸びませんでした。

理科に関しては何も言えません・・・。

(だってちゃんとべんきょうしたことないんだもん(笑))


一通り勉強してきてわかったことは、

勉強をする前に、暗記するものと理解するものを見分けることです。

現代文の文章を丸暗記しても、大学入試の点数にはほとんど影響しません。

現代文で必要なのは、暗記力ではなくて、読解力です。

もちろん漢字は暗記しなければなりませんが、

国語力をつけるためには暗記力よりも、

まずは書かれている内容を丁寧に理解することだと思います。

一方、英語ですが、最終的には読解力がモノをいうのですが、

まずは我々英語のノンネイティブは、

基礎レベルの語彙力の習得が必要になってきます。

というわけで、

必然とあるレベルに達するまでは暗記力に頼らざるを得ません。

大学入試でいう偏差値65までは、

暗記するだけで到達することは可能だと思います。

文法・単語・文章の構成形式の3つを暗記するだけで

偏差値65ぐらいの学力を習得できるなら、

英語はいうほど難しくないと思います。

(でも、この発言は暗記が得意な人にとっての感覚ともとれますかね…)


しかし、「暗記する」という行為を意識的にするのは、

非常に抵抗があるだろうし、

どこかで疲れてくるものです。

あと、私は暗記力に自信があるので、

小さな辞書を丸暗記をしようとかとも思うのですが、

それができない人もたくさんいると思います。

そこでよく聞かれるのは

「なんでそんなに暗記することができるのか?」という質問です。

これは正直よくわかりません。

私は授業や講演を1度聞くと、

すぐにノートにまとめなおす癖があり、

その過程ですべて頭に残ってしまうだけなように思います。

もちろん忘れることもたくさんありますけどね(笑)

でも、いらないなって思う知識は

無意識に取捨選択されてなくなっていきます。

例えば、もうあわねーなって人の名前はすぐに忘れてしまいます。

なので、私はよく人の名前を覚えていなくて「誰ですか?」と

失礼ながらも聞いてしまうことが多いです。

でも、それは自分の名前を最初に名乗らない相手が悪いんだって

私は勝手に開き直っています(笑)

では、このことが英単語の丸暗記とどうかかわっているのかってことを

お話しすると、

結局、英単語を覚えたいなと

思うことから始めるべきだと思います。

一番手っ取り早い方法は好きな分野の英単語から覚えるか、

よく見る単語から覚えることです。

一時期「萌える英単語」(?名前忘れましたが、通称「萌え単」)

というような単語帳が出回りましたが、

あの中で書かれているあまりにもありえない例文を暗記した人は、

私のほかにもいくらかいたのではないでしょうか。

好きなものはすぐ覚えてしまいます。

子どもがゲームをするときって、説明書を読まずに、とにかくやってみて、

繰り返すごとにいつのまにかできるようになっていますよね。

あの感覚です。

とにかく、自分に合う単語帳なり好きな文章なりを探して、

繰り返し見たりして覚える。

これが暗記する最短距離だと思います。

意識的に単語を暗記するというよりも、目や耳に入ることが大事なのです。

一種の「経験」ですね。

洗面所やトイレに単語を書きあげた紙でも貼っておいてください。

朝必ず見ているはずです。

その積み重ねが、明日の英語力になっているんだと思います。


ずらずら書いてしまいましたが、まとめるとこんな感じです。

①好きなものを暗記する。

②よく見るものを暗記する。

③暗記するというよりも、暗記を習慣に組み込み無意識化する。


これは他の科目にも応用ができます。

ジャン=ガブリエル・タルドという人の模倣論で用いられる言葉を拝借すれば、、

反復は順応を生みだすのです。

その順応こそ、

みなさんがほしがっている答えなんだと思います。

お付き合いありがとうございました。


よかったらココをクリックしてください。ありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
case-of-cases☆hotmail.com(☆は@にかえて送信してください。)

Comment:0  Trackback:0
2011
06.02

『Next Stage』(桐原書店):

Category: 参考書関連
Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服
(2004/11)
不明

商品詳細を見る


【特徴】
 この問題集は文法、語法、発音などオールマイティに練習でき、大半の文法知識を網羅できる。左のページが問題で、右のページが解答と解説になっているスタイルで、解答した後にすぐ解説で確認できるようになっている。しかし、この問題集は500ページ以上あるので、やりこなすためには受験生は根気を必要とするだろう。覚えるべき知識事項もたくさん収録されており、この問題集だけを1年かけてやるだけでも十分実力をつけることができるだろう。英語を解き抜く体力を作るためにもこの問題集は必読書なので、ぜひ受験生は取り組んでほしい。



【使い方】
 この問題集はとにかく量が多いので、日割りして進めるのが一番よいだろう。1日10~15ページずつ進めれば、1カ月半で1周できる。しかし、これは繰り返しやることに意味があるので、受験生は最低3周こなしてほしい。従って、4カ月ぐらいはかけて完成させればよいだろう。センター試験に焦点を合わせて短期完成するのであれば、第1章の基本文法の問題と最後にある発音問題に特化して使用してもよいだろう。用途によって、使用法をカスタマイズできると思うので、前述したことを目安にして独自の使用法を見つけるのもいいだろう。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.01

『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』(講談社)

Category: 参考書関連
これは英文自体少ないので、

短期で決着をつけたい人はおススメです。

ある生徒さんには、一か月で英作文を書かせるために、

この本に載せられている例文100文を丸暗記させて、

合格にたどり着きました。

参考になればと思います。

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
(2005/09/21)
竹岡 広信

商品詳細を見る




【特徴・使い方】 
英作文を書ききるためには、例文暗記が必須である。そこで、暗記例文長としてこの本を使用することを提案する。この例文集は100文を紹介しており、各文について詳細に解説されており、内容だけでも結構ボリュームがある。受験生は読んでいるだけでも面白く感じるだろう。1日5文ずつ覚えていき、2カ月かけて理解しながらそらで書けるようにすることを心がけよう。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2011
06.01

『英文解釈の透視図』

Category: 参考書関連
英文読解の透視図―大学入試英文読解の透視図―大学入試
(1994/01)
篠田 重晃

商品詳細を見る



【特徴】
 この問題集は英文和訳を完璧にしたい人にとって必読書となるだろう。全体的に、英文構造の基礎、難しい単元の英文、そして特殊な英文に関する内容で章だてされ、各講に細かく分けられている。各講には、2つ~3つのChallenge問題とそのトピックに関する演習問題が2題ずつ含まれている。Challenge問題は入試問題から抜粋されたもので、実戦的なものが選出されている。演習問題も入試問題から抜粋されたものが扱われ、テーマがはっきりしており、演習問題の説明も細かく書かれている。一つ一つの問題はどれも良問であるが非常に難解なので、上位国立大学、早慶上智などの最難関私立大学を志望する人でなければ使わなくてもよい。構文書なので、著者の日本語が少々拙く感じるときもあるだろうが、英文和訳のいろはを高いレベルで習得できる良い参考書である。



【使用法】
 別冊の「入門編」をじっくり熟読して、英語の構文の基礎をしっかりわかってから本編をはじめてほしい。また一度自信がない人は、『英文解釈のトレーニング 必修編』で英文を一文から訳せるようになってからこの問題集をつかってもいいと思う。英語の偏差値で60以上を出したことがある人がスタートラインの目安になるだろう。よって、その基準で使用法を解説していこうと思う。
 まず、チャレンジ問題をやらずにポイントと演習問題から始め、各講の内容を抑えるおとからはじめる。そして、ある程度自分の頭の中で訳出のイメージができあがったら、チャレンジ問題をやり、模範訳を照らし合わせて解説を熟読して完璧な知識として昇華させることを心がけよう。全部で24講あるので、1講2日かけてもよいだろう。3~4ヶ月で2周できたらよいが、長期的に考えて3周するぐらいでよい。とにかく難しい内容や英文が満載なので、早く終わらせるというよりもじっくりやって定着させることを考えており組むべきである。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top