2018
06.23

【国立に受かるために】和訳演習を有限化する

Category: 雑記
少し忙しかったというか、厄介な仕事を終えるために

作業に時間を費やしておりました。

先日まで早稲田大学の文化構想学部と社学と文学部の入試問題を

5年分ぐらい解き直して、少し医学部受験用に加工しておりました。

私の授業では基本的に市販の授業を用いずに、

実際に私が入試問題を解いてみて、それで得るものが多そうな問題をチョイスして

学生たちに解かせるようにしています。

そして、過去問を解く時期になったら、その学校の形式に合わせたものに加工し、

オリジナル問題として学生に提供するのも私のウリなのですが、

その際に共通してやっているのが、「和訳作業」です。

ここ10年、色々なところで問題を作る機会を得て、

和訳を無数にしてきて、やっと国立受験で形式的にこうするべきだと

言い切れる指導ができるようになった気がします。

もちろん私はプロの翻訳家ではないし、まだまだ未熟者すぎるのですが、

ここ最近の和訳指導や記述系の指導には自信を持っております。

実際に記述模試を始め、本番での国立2次でも70%を切った学生は

(自己申告と開示でどちらもですが…)

昨年は一人もいませんので、

なかなかのスコアをたたき出してきたと自負しております。

(その分マーク形式でやられた学生がたくさんいて、少しショックでした。

藤田保健衛生大の開示をみて唖然…マークのスコアがギリギリで

トータル見ると合格者平均に一気に近づいていたので、

何でマークできねーんやねんってなった……

てなわけで、今年はマーク形式の指導をもう少し本気でやることにしました……)

そんな結果を出すために、毎年必ず初期段階で文法事項を定着させると同時に、

市販テキストの訳出課題を出して、私独自の解説を渡しながら

添削していく作業をしております。

もちろん英語は英語で理解してほしいのですが、

文法事項を理解する上では日本語が介入された方が理解が早いし、

日本人なので最初は日本語でしっかり意味を、イメージをとってもらおうと、

そして何より自分の母国語を鍛えることなしに

英語習得を完璧なものにはできないので、

周りの賛否両論に左右されることなく、和訳指導を組み込んでいます。


しかし、和訳作業に関しては、

個人的には全身全霊を込めた賛辞を送ることはできません。

最後の最後はやはり英語として意味を理解しなければなりませんので、

「和訳は英語における諸悪の根源ではないか」という主張に関しては、

一理あるねーっていうのが本音なんですが、

英語を英語で理解できない学生もたくさんいるのが現状ですし、

日本語がそもそも壊滅的な方もたくさんいるし、

日本語を捨てて、すべて英語で処理するわけにもいかないので、

やはり高校までは英語と日本語を併用した方がいいと思っております。


ただ、もちろん和訳においてはルールを用いております。

和訳は最初は面倒な作業なのですが、色々分かってくると、

そして品詞がみえてくるようになると中毒性が増して、止まらなくなります。

過去にも私の指導生にも、「英文を1年間全訳してきた」とか

「構文系の文題集を7冊こなした」とかなかなかの強者もたくさんいました…。

しかし、そういう構文至上主義的に来た学生の多くに共通するのが、

長文が読めない

特に1文対応はできても全体像が見えないから内容一致がみえないし

理由やロジックに関わる問題では一気に精度が落ちる

そうなんです、

和訳構文系の問題集をやりまくっていても英語は読めるようになりません。

和訳構文系の作業で培われるのは、

英語における構文の理解力と構成力

段落形式のなんとなく内容の理解向上

ぐらいであり、内容を理解する総合読解力をつけるまでには至りません。

所詮はその総合力を培うための1アプローチです。

でもですね、和訳構文問題集ってなんか謎の構文や、

奇文難文が沢山散りばめられて、それに対してものすごく細かい説明がなされていて、

「やべー筆者は俺たちのためにここまでしてくれるんだぜ」という

労をねぎらうがごとく謎の感情がこみ上げて、

「俺もお前の答えに、応えるぜ」っていう親近感を抱いてしまうのです…。

そう、構文問題集はのめり込みすぎると宗教的な経典に変化し、

見事にその筆者の信者となります。

しかし、言っておきますよ、例えばポレポレとか、透視図とかは

プロの視点から言及されたら多分完成している日本語文はくそレベルです。

もしくはきれいな答えすぎても、「あ、入試ではこんな答え多分出せない…」となるでしょうね。

例えば行方先生の和訳解説の本はものすごくいいですが、

いやいやいやいや、先生ですからその答えが出るんですわ。

「凡人にはとても引き出せない語学力ですわ」ってなります。

(ただ、本気で東大や京大の英語で万点近く獲りたいなら読むべきです)

要するにくそっぷりにも程があるし、極めたら極めたらできりがないし、

実は構文演習だけに傾倒するのは英語ができなくなるor

英語を試験的にしかとらえられないとか、享楽or研究のためのものとして

捉えるようになってしまうのです。(4技能推進派はここを突く主張が多い)


では、どうすればいいか。

和訳演習するという作業をある基準で有限化してください。

和訳をする訓練をするのは、

基礎構文事項と品詞を覚えるための作業

と割り切って、100から150文で構文精読は終わり!!

この区切りをするだけで、あとはガンガン長文を読み込んで武者修行。

このプロセスで割り切るだけで、書くことには強くなるし、

英文を読む精度はそこそこ上がります。

そして長文に移行する際には、

構文で培った知識をわざと引っ張り出しながら読み込むことです

たまに構文演習=和訳セクションの対策という構図を描いている人がいますが、

それでは和訳作業は意味を成しません。究極の二度手間です。

最後の最後の英語における1つのゴールは読解ですので、

和訳を読解に生かそうとしなければいつまでたってもできません。

私の指導生にも毎年いますが、

和訳添削して私に褒められることを生きがいにやっている人がいます…

ね、和訳作業すると、教祖と信者の系図が出来上がっちゃうんですww

そうではなくて、読解処理に生かすための補助輪としてぐらいに考えてください。


英語は英語で解釈するのがベストです。

和訳は「そのためのプロセスであること」を忘れないで学習してください。


よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.20

基礎フォローはプロじゃない方がいい時もある。

Category: 雑記
大学院時代から名古屋で家庭教師稼業を初めて

今年で10年目を迎えましたが、

ここ数年で随分と認知していただいたかよくわからんのですが、

依頼は年々増えている状況です。特に医学部受験をお考えの方や、

最難関大学狙いの方が非常に増えており、

厳しい要望が沢山飛んできます。

昨年は、東大京大が3名出たり、国立医学部も5名出て

その中で早慶狙いや上位国公立までカバーでき、

解いた問題数や問題のレベルの高さは過去最高だったと思いますし、

正直疲れて、問題を解くことが「嫌だ」と思えた一年でした。


その一方で、偏差値40台やそれを割る指導生もおり、

底辺層の指導方法や問題ないようにも目を向けていき、

東海大学や日大、名古屋のFランク系の大学もかなり分析し、

なんとかセンターが50点を越えなかった学生が120点ぐらいにまで到達し、

それなりに勉強ができる大学に入学することを実現してきました。



しかし、やはり偏差値40あるかないかから偏差値75オーバーまで

幅広く指導すると、しかも推薦入試のことまですべてカバーするとなると、

やはり尋常じゃない労力を要するし、去年のように午前様まで指導して、

朝の3時までガチ作業しても大半のことは終わりません…。

本当に市販の問題を使わなきゃダメだ…ぐらいまでに追い詰められましたww

(自習教材は市販or学校でしか使えないものにしてますが、

授業ではもちろん使わずに処理しましたが……)


そんな事情もあり、ここ数年は実力をあげるために時間を要するだろう学生は

見たい部分もあるのですが、(そういう学生が成長するのは見てて楽しい…)

あまり指導しないようにし始めました。

【もちろん、スコア的に問題があっても、自発的に勉強する習慣があるとか、

物事を覚えることができるとかそういう基礎学力をそれなりにつけてきた学生、

そして何と言っても、死ぬほどやる気がある学生は大歓迎です。】


また、「学生が勉強できないから無理」というのではなくて、

「あまりにもできなすぎて2~3コマを要するだろう」ということもあり、

コマ数が1人で何コマも確保されてしまうという問題が出てくるため

少しだけ消極的になっております。

私の指導は月曜日から木曜日まではほぼノンストップで、

基本朝の7時(たまに6時半)から夜の23時までの、

1日7コマ~8コマ指導が詰められております。

予備校の授業をかなり縮小し、引っ越して私の家で指導するようになって

やっと少し多めに指導生が増やせる感じになった感じで、

1名2コマ指導はよほど切羽詰っている時や、

兄弟・姉妹で連続or同時指導でない限り、

最近は受け付けられない状態になっています。

求めてくれる人が多いからというのもありますが、

一人指導してガンガンできるようにする陶芸家的な存在としてよりは、

今は2人、2人よりは3人と、

できるだけたくさんの学生の英語力を向上できるように、

しかも自習室でただ質問に答えるとか、適当に授業をしてあげて、

後は自発性にかなりの割合で任せるという状況にしないで、

それなりに手塩をかけて、プランニングとある程度の添削をしてあげる

隠れ家レストランのオーナーシェフ的な感じの立ち位置でいるべきかなと

考えています。


しかし、それでもやはり困っている学生、しかも本当に進級が大変な学生や

大学受験を迎えたが自分なりにたくさんやっててもできるようにならなかった…

という学生は放っておけない部分もあり、悩んで悩んで……


でも、断腸の思いで、

そして自分の生活ももう少し余裕あるものにするために

今年からは大学生になった教え子を講師として指導してもらっています。

もちろん授業内容と成績管理と指導方針はすべて私が監修し、

学生たちに的確に指導してもらうように統制しています。

(私が選んだ学生講師(教え子の中でも選びます…)

偏差値75をたたき出してきた学生orセンター満点を2度以上取ってきている

国立の入試問題で7割は軽く取れるという学生にしか頼んでいません。

「でき」だけで言えば、下手なプロ家庭教師より実力的に実践的にできます。)

本当は私がすべて一人でやりたいのですがもう無理です…。

でも、私のエッセンスが入った学生が話しているネタは

私とそんなに変わりません。1冊のテキストで培った知識は共通しているので、

もしかしたらできる学生の方が私よりも良い説明を

考えてくれるかもしれませんので、ある学生レベルであれば

彼らの指導で十分です。


そして、何より私ができなすぎる学生

(定義的には四則計算ができない、

英語で言えば、高校生でbe動詞と一般動詞の区別がつかない、

単語を10個を1週間記憶できない(その努力ができない)……)

を指導する上で躊躇するのは、

ものすごくお金がかかってしまうからです。

正直申し上げて、高校生でbe動詞や一般動詞を覚えさせることで

何十万も費やしてもらうのは正直私としては気が重いです…

中学生の先どりとしてそれらの知識を覚えるのとはやはり違うもので、

私でなくてもそれはできます。be動詞の区別、一般動詞の区別に

魔法の説明はないと思っていますし、それにすがってはいけません。

それはあるレベルに達している学生であれば

誰でも指導できると思っていますので(帰国子女とかはできないかも…)、

やはり私の指導に時間を費やすのはどうかなーというのが本音です。

短期間で基礎を定着させる技術もプロ家庭教師には

備わっていなければなりませんが、

やはりそれが完璧に実現するためには

学生の努力とある程度「覚える」という習慣があるということが求められます。

(中学受験を終えた学生の多くは問題をこなして消費して、

バカみたいな量を消費して初めて知識を得るという

無駄な作業をしている学生が多すぎる…)

「英語ができない」という根本解決をするためにも、

その問題がそもそもコンスタントに覚えていないだけではないのか

(本当に物事を覚える力がないという人も地味にいます。)というのと、

覚えているのにできないということなのかを見極めないといけないので、

前者の問題であればやはり学生講師でも用が足りるし、

反復作業に対して近い年代のほうがエールを送ってくれたり、

気を遣わずに面倒を見てくれるのではないかなと思い、

最近はそういう体制を執ることにしました。まあもちろん

私も月一で状況把握をしたり、課題提出をしたりして、管理して

指導をしていない私も距離感をちゃんと保ちます。

一部この体制でやっていますが、少しずつ結果が出ています。

夏にはある程度顕著な結果が出るように頑張っていきます!!

(来年は少し指導枠を増やせるように頑張ります。1:2になるかもですが、

気になる方はどうぞご連絡ください。)

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.18

【必読】藤田の開示ポイントと英数のスコアについて話します。

Category: 雑記
さて先日は成績開示の考え方をちょろっと書いてみたのですが、

今回は藤田保健衛生大学の開示の話をしようと思います。

さて、藤田の開示をみてわかったことがあります。

マークシート方式の足切ラインが明確になりました。

英語は80点満点中40点
(マーク+記述で200点)
数学は100点満点中30点
(マーク+記述で200点)

これを下回ると本当に採点してもらえていませんでした。一科目でもです…。

でも私が去年思っていた基準とは全然違ったので、

(私はめちゃくちゃ高いと思っていました…

あのレベルでなら6割はと言っていたので、去年の学生たちごめんね。

でも、満点取れたでしょ??っていう感じだったよね)

英語は実は納得できるボーダーラインですよね。

そして、トータルの科目の1次合格点は600点満点で303点

なんと半分でいいのです!!!

理科2科目はそれほどスコアをみんなとっていたので、

70%揃えられれば、英語と数学で50%以上獲れていれば、

合格点には乗るという状況です。

ただ、成績開示した学生の結果で共通していたことは

数学の記述(論述)形式の問題でほぼ点数が獲れていなかったこと…。

どうやら数学の先生的にも相当難しかったようです。

なので、実は数学では大きく差がつかなかったように思います。

ということはですよ……

藤田の合否を大きく分けたのは、

英語ができたかできなかったか

決まった(来年決まる)と思ってください。

決め手はマークで80%を越えて、記述形式で70%ぐらい取れていれば、

多分余裕の合格点~補欠繰上りというところまで行けたんだと思います。

(合格した人のスコアが開示できないので、正確なことはわかりませんが、

数学がダメだった…と言っていた学生でも正規を獲ってきた学生がいて、

英語で挽回したor理科が安定していたというのが多分あります。)

特に英語の和訳系・説明系の問題は合格した学生の多くはできたのでしょうね。

よって、合格するのはやはり国立医学部崩れたちで、

俄かな英語力では受からないようになっています。

まあ英語の最低点を取って、数学で一本背負い勝ちというパターンも

少ないながらもいたのでしょうが(それができたら多分余裕の合格です)、

戦略的には現実的ではない数学のレベルなんだと思います。

ただ1次合格が半分というのは意外でした…。

私が去年藤田を受験した学生たちの中で、

多くがトータルで60%はあると豪語していて、

その見立ての多くが間違ってなかったということもわかりました。

数学が…って言って、他が獲れていた学生が落ちたのも、

本当に数学ができていなかったのでしょうね……(英語かもですが…)

まだ7件ぐらいの結果を見ただけなので(予備校の状況も含め

昨年ダメだった新規の学生の結果を参考にしています)、

ちゃんとしたことは完璧に言えませんが、

参考程度にしていただけたらと思います。



藤田保健衛生大の対策はやはり間違っていなかった!!

引き続き来年藤田の学生を量産できるように頑張っていきたいと思います。

AO対策も9月以降やりますので、気になる人はご連絡ください!(ちゃっかり宣伝w)

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.17

点数開示が続々出てきました。

Category: 雑記
昨年の点数開示が続々出てきました。

今年は新規の学生しかほぼいないので、

実際にどんな程度かなというのも見たかったのですが、

今年の国立組で浪人に回った学生の多くはセンターでのしくじりが

原因だったり……と本人たちは話しますが、

それは正直申し上げて、

2次試験で主要科目70%~80%獲ってからいうもので、

そこに満たしていない学生は

やはり突き上げ具合が不十分だったということです。

「センターが良ければ受かっていた……」

これは甘えで、センター試験は問題的には捻りがないもので

むしろ精神的なところで勝負できるかどうか?を試す試験で、

そこに多くを期待してはいけません。

特に名大や名市大を始め、医学部の多くの国立や、

旧帝国大学受験者なんて正直センターなんてそれなりに獲っておけばいい

ぐらいに思っている学生は少なくないでしょう。

私の周りの学生も去年は900点満点にして、864点と849点がいましたが、

あとは800点を少し振り切ったか、800点以下続出でした……。

750点切っても名市大医学部に受かった学生や

750点ぐらいで東北大医学部とかごろごろしています


ボーダー???なにそれ、美味しいの?ぐらいで、

国立を受けた学生の多くはボーダー近辺

orボーダー3%ぐらいは下回っても勝負しているほどです。

勿論センターがとれていれば言うことがないのですが、それにすがりすぎて

一縷の望み的に国立2次試験、特に国立医学部に突っ込みすぎており、

二次重視の勉強をしてこない学生は正直どの国立を出しても受からないでしょうね。


個人的に、英語力は国立2次的な力を作ることを前提に勉強していけば、

センター試験はもちろんのこと、

私立対策なんてそこまでしなくてもできるようになります。

特にこの時期に点数開示を見て、

「私は早稲田がギリギリだめだったから早稲田の分析すれば受かる!!」

とか「慶応は特殊だから、その問題だけやればいい…」

6月~8月の時間を、そんな俄かで確かではない力の証明書から

大胆な分析をして、目先のことにとらわれていてはいけません。

点数開示してそのスコアと対峙したら、

1.まずどの科目が獲れていなかったのか?

2.複数校開示した場合、スコアが獲れなかった科目は一致しているか。

3.その科目の根本的な問題は何か。

4.得意科目は本当に得意科目として処理できて、予想通りだったか。


この4つぐらいはしっかり分析してみてください。そして、

そのへんが見えてから先生等に相談してみて、

そこからまた勉強計画を改善していくべきだと思います。

そして、この時期にちょうど記述模試の結果も帰ってきますかね。

開示に振り回されずに、今まで通りしっかり基礎をつくる勉強をしてください。

それができるようになればきっとうまくいきます。

今年はそういう学生がちらほら片鱗をみせてきたので、

少々楽しみです。今年は予備校の学生の方が面白い学生がちらほら。

もちろん家庭教師の組の方も面白いのですが、

覚醒組は少ないですね。まあまだこれからですので、気長に待ちます。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.16

医学部受験で求められていること=医学部生活で求められていること

Category: 雑記
さて医学部受験指導が今年はメインとなっているのですが、

先々週、2年前に医学部医学科に入った学生と飲みに行っていました。

いやー2年生になってから医学部のお勉強が大変ですとのことでした。

でも、それでも僕のバイトをやってくれる頑張り屋さんなので、

盛大においしいご飯を食べにいき、

私も勉強させられる話をたくさん聞くことができました。

ここ5年ぐらいで教え子が増えたのもあり、医学部の話を聞く機会も増えました。

本当にみんなよくやっているなぁと感心しているところです。

そんな学生をみていて、指導している身としては、

「医学部にコンスタントにいけた学生ってどんな人なんだろうね?」

って思うことはよくあります。実際に医学部予備校の卒業生も

家庭教師で見ていた学生も一生懸命に頑張っているのですが、

ここ2年ぐらいの学生で留年した学生が、残念ながら数名います。

そこに共通することが、実は英語ができない…

しかもなんとか単語がない状況で乗り切った学生

大量に暗記が限られた時間内に覚えられない学生

実は留年の波にさらわれてしまいました…。

覚えておいてください。医学部に入ったら大量に物事を覚えさせられます。

昨年センスで英語の偏差値77をとっていても、

大学に入ってから行われる医学単語の英単語テストでは

なかなか簡単に合格できないようで、

長年かけて英語やっていたからできるってことが通用しません。

英語をやっている中で、

単語を覚える習慣づけや文法書なんか頻繁に読まない程度に

知識をつけておかないと、思いもよらぬところで留年の危機を迎えます。

高校の進級基準が甘すぎるのも問題ですが、

(東海高校の数学はむちゃくちゃ厳しいし、できないと本当に落第ですからね。

英語もなかなかえぐい定期テストを出しますから、それを最低限乗り越えています。

一方南女は全然ぬるいです。満点は取れなくても無難なスコアが獲れるテストです。)

ほかにも色々医学部に入る前に力をつけておかないとなと思えることは

実はいくつか思いつきます。性格診断テストではないですが、

よかったら参考にしてもらえるといいなと思います。


1.高校時代に部活と勉強の両立ができた!!

医学部に入ると、特に私立に入ると多方面のお勉強を試されるので、

1つのことだけにしか集中できない人は苦労する面があります。

学生時代に勉強だけにのめり込むのは仕方ないですが、

部活に入らなくても自分の好きなことに時間を割ける余裕さがあること、

その分野から人生観が見いだせるかどうかはお医者様になる時には必要。

(オナニーとかAV鑑賞とか酒池肉林系はダメ…メンバー化しちゃうから)


2.計画性があって、適度に怠ける力がある

実はこの力が多くの受験生に欠けていますね。

勉強計画を立てることがもはやできない学生がここ最近多く、

私の計画に関する依頼も増えていることからよくわかります。

私などが計画を立てることで生徒の計画を立てる機会を奪っているのも事実ですが、

それでもそれをこなす力がないとか、できないから少し修正するとか

計画を立てる以前の力がないという状況にまで陥っている学生も正直います。

メディカルラボさんを始め、医学部予備校に通っている学生ほど、

この傾向多く、医学部予備校に通っている学生の中に留年が多かったりします。

(ただ、医学部予備校にはネットワークがあり、それでサポートする部分もある…

是非は別にして、なんとかなることもあるが、それでもダメな人もいます……)

計画は自分で建てる努力をしましょう。そして、それができると、

自分が怠ける時間を自分で作ることができるようになり、

良い学生生活をおくることができます。これも医学部生はもちろんのこと、

大学生には非常に必要な能力です。怠惰という意味でなく、

「力をゆるませる」という意味での「怠ける」ですね。


3.物事を適度に深く考えるときがある

文系の耽美主義は言い過ぎにしても、適度に物思いにふける力、

そして、その思慮があるデータや科学的根拠に当てはめながら出てきたかどうかは

やはり重要で、考えが短絡的な人や気が回らない人は

やはり医学部受験を越えた後は大変だろうなと。

これは実際に入った学生もよく言っており、国立組の倫政を教えた学生から

「哲学的な知識は入れておいてよかったし、医学に応用できる」ということが

感謝されることがあります。


4.意味のないことの丸暗記が得意。

これも必要ですね。医師になる上で、思慮は必要ですが、

患者の命に関わることにおいては迅速な判断がもとめられることがあるので、

思慮深すぎることが仇になることもあります。

だから、単語を覚える際に「なんでこれがこうなるか??」なんて

言語学者的なことを追求しても医学には意味がないことになり、

(もちろんすっと入るのであればそういう知識は必要ですが、優先することではない)

必要な大量知識をストックすることはできないのではと思います。

(それができる天才もいるけどね)


5.効率重視主義で要領がいい!!


これはやはり最初の方で書いたのと同様、色々なことをやらなきゃいけないので、

要領が悪い人は優秀・秀才であっても苦労するかもしれません。

知識の深度をある程度有限化する力がほしいですね。

最近は英語でも語源うんぬんを強調する人が増え、

知識がこれでもかってほどあふれているので学生も困ってしまうかもだが、

要領を得ることもやはり受験期に覚える必要がありますね。


というところがぱっと浮かぶ必要な能力ですかね。

まあもちろん、

「これがすべてないから医者になる資格なんてない」とか言えませんし、

何かが優れていることで欠けているものを補うことは多々あります。

ただ、意識してこういう力をつけて行ったら、きっといい医学部生活を送れるなあと

学生をみていて思います。

医学部受験を乗り越えてちゃんと医学部に入った学生は

大変そうですが、すがすがしく生活している人ばかり。

この先の人生も是非とも謳歌してほしいと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
back-to-top