FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

TOP PAGE

初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2019年は、名古屋を中心に動き、時々京都と四日市に出向予定。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)



満員御礼。今年は集団1つと少数の個別でやります。
現役生も満員御礼。ありがとうございました。

2021年2月指導スタートのご依頼を承ります。
ご相談だけでも結構です。
また数学・化学で困っている方がいたら、相談に乗ります。
(私の指導生を優先しますけど…)
(2020年03月23日現在)


遠方の指導依頼をお受けできず本当にすみません。
もう基本名古屋市内を出ることができなくなりました…。
まあ本来の在り方ですが、
自宅から15分でも行くのが大変なほど指導生が多くなりました。



よく勘違いされるのですが、

私の指導生は偏差値50ある・ないぐらいの瀬戸際スタートの学生ばかりです。

(基準はありますので、【指導料金と指導依頼する前のご注意】をよく読んでください。

国立医学部を目指す学生はずるずる浪人しないために基準をものすごく高い設定を設けております。)

勉強習慣を持っていない学生もいますし、ものすごい力をもってないくていいです。

できるようにする!!or志望校に受かりたい!といえる気概ある学生だけ来てください。

「苦しくても人生変えてやるんだ!」って頑張る学生にはとことんおつきあいします!!

やる気ない人は向きません。反復練習ごときで音を上げる人は来なくていいです。

ご両親の一方的すぎた御意向もお受けいたしません。


私の指導生はみんなやる気満々とは言わなくても、

勉強をしなければならないと自覚している学生ばかり。

内秘めた闘志をもった学生や、野心家、上昇志向強い学生、自分の理屈を通す負けず嫌いばかり。

私はそういう学生を指導できることを幸せに思っております。




名駅から地下鉄(桜通線)で10分以内(最寄駅から4分です)。
東海高校の近くです。(東海生を鍛えるためにやってきましたw)
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を16年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

勉強する環境と習慣を整えるのが今年の6月。

さて、今年はスタートが遅れた学生が多いようにも思いますが、

いかがお過ごしでしょうか。コロナウィルス蔓延が少し落ち着き始めておりますが、

東京では再び感染者数が増え、北九州ではクラスター感染が起こり、第二波の懸念を余儀なくされております。

名古屋も朝のラッシュは戻りつつありますし、週末の賑わいも戻りつつあり、少々心配です。

私自身飲食店には一切足を踏み入れず、お弁当かテイクアウトで済ませております。

本当は食べたいものがたくさんあるのですが、それでも今は欲望よりも忍耐です。

こういう時ほど細心の注意を払い、油断しない生活を心がけなければなりません。


さて、その一方で、さすがに受験生たちも勉強を受動的に構えていてもダメで、

いい加減能動的に動き始めなければなりません。

私が出向している予備校は、オンライン形式も含め授業自体は復活しておりますが、

それでも郵送するべきものの手違いや、インターネットのつながりの不安定っぷりも否めず、

私自身も前振りでいつも以上に準備をしていかなければならず、先月は大変でした。

しかし、そんなことを言ってもられず、受験は待ってくれないわけでして、そろそろ動かなければなりません。

ただ、あまり焦りすぎた動きをしても、悪いことしか起こりません。

今月はとにかく、「自分の基礎勉強がちゃんとできているか?」

「あと1か月は覚えることに命懸けになろう!」、「環境や習慣が完成しているか?」

この3つのことは必ず確認してください。

特に、最後の「勉強する環境が整っているか??」

この点はしっかり考えてください。今年は本当に予想外な展開が多く、

模試も第1回は自主性に委ねられた形になってしまい、結果もあまりあてになりません。

そういう実力をしっかり測れる講師が誰かしらいるか?

まあそれをあてにしなくても、自分で勉強量を調整できているか?

自粛期間が長かったりして、図書館やカフェ等も使えなかったのもあるので、

そういう勉強環境が確保できているか?

そういったことも含めて、今月中には勉強するぞ!という環境を整えてください。

私の周りの学生たちもその辺が不十分だったところがいくつかありました。

そこで、どうかこれはお願いなのですが、

受験は家族と講師が協力する総力戦でもあります。

私のサポートなんて、実質的には勉強のことと日々の習慣課題の提案ぐらいのことしかできないわけで、

実は親御様の日々のサポートは私の100倍の意味があります。

指導生のお母さまの中には朝5:00に起きて準備をして、場合によっては送り迎えをするとか、

単語のテストをもっと活発にするために手作りで毎日解かせるとか

ものすごいサポートがあったりします…。本来私がやらなければならないことまでやってくださるところもあり、

本当に指導生のお母さま・お父様には脱帽であります。

そして、そういうことに学生側も気づき、自発的に勉強し始める学生も出始めたり、

非常にいい循環ができている家庭も少なくないです。まさにこれは理想。

受験は人生を左右しますし、やりたいことへの幅がどれだけ広がるかを決めます。

受験勉強のために、学生本人が自分でいろいろできるように自立することは当然必要なのですが、

親御様のサポートによってそのクオリティが上がるのも事実で、そういう環境づくりはできる限り創ってほしいです。

私の母も、高校の時には朝から晩まで環境管理をある意味してくれました。

弁当を欠かさず作ってくれましたし、それなりに参考書代とできる限りの講義受講費は出してくれました。

(私は塾の英語授業1コマのみしか出してもらえませんでしたが、まあ十分でした。

あとは質問と独学で押し切ったし、たまに授業を潜り込んで勉強していたww)

私の場合は自立していたというと自負しているように聞こえますが、

とにかく父も母も勉強についても、生活についてもほぼ干渉せず、やりたい放題ww

というか、子に対して絶大な信頼をおいておりましたwwまあ勉強すると公言して、

やってなかったら多分ブチぎれていたんだと思いますが、

勉強しておりましたし、学年でもトップでしたし、言うことが特になかったんだと思います。

あと、うちの母も父も自分でのし上がった人たちなので、子供が自分で決めることをよしと思って、

ダメだったら、それを自分の思った通りに精いっぱいやるべきだということをよくわかっていたんだと思います。

(しかし、それがゆえに浪人は絶対に許してくれなかったという頑固さもあり、かなり文句を言いましたが、

今思えば、それはよかったなと。浪人したからと言って希望の学校に入れたかはわからなかったし、

むしろきつい境遇にいたときの方がいい結果だったりしたわけで、得たものはでかかった。)


私の家のように、「放任」がある意味で協力的であることは珍しいかもしれませんが、

どちらにしても、どんな形であれ、家族によるサポートは必要不可欠なので、

その辺は学生と親御さんでしっかり話し合って、何ができて何ができないのかを決めて、

学生が何をしていかなければならないのかを自分から考えていけるようにしましょう!!


そういう意味で、6月は学校も始まっているわけですので、考えてほしい1か月ですね。

「自分でやる!」という心をコロナ禍から学ぶ

最近近所がうるさくて、先ほど怒鳴ったのですが、目が覚めてしまったので、

再び寝入るために少し何か書こうと思います。

今回のコロナ禍の流れ、正直不謹慎だと自覚して言いますが、

「まあ、休みをくれてありがとう」というのが本音でして、ほぼ全員暗記に専念でき、

いつもよりもクオリティを上げて勉強することができました。

そう、学校があったときよりも専心して勉強できたことで、

「学校がない方が塾や予備校のことはもっとちゃんと覚えられるのではないか??」

と、私が高校生の時に感じてしまっていたことが見事に的中してしまいました。

(ただ、もちろん学校不要論を唱える気はありません。学校にはそれなりの役割はあると思っているので。)

「いつもは覚えられない」と嘆いていた学生でさえも、

「なんだかんだで学校の課題は課題で処理して、リアルなもの(自分にとって身近なもの)の方が

勉強しなくちゃってなるから、やれました。」って具合で、

学校の授業がなくなったことで、そして、私のリモート指導で授業を継続して対話を続けていたほうが

彼らにとってはよりリアルに感じたということなのでしょうか、しっかり覚えきっておりました。

このコロナ禍を経て、学校のことがとにかく多すぎて、

完全に消化不良で終わっている学生が本当に多いんだろうなってことが完全に証明されたのかなと。

そして、「学校の成績」というあの通知表が学生の勉強意欲を奪っている場合も少なくないのかもしれないというのも

少し露呈されてきてしまい、いずれにしても塾と学校の距離感を大真面目に考える必要は出てきましたかね。

もちろん、学校の対応が悪すぎるとか今回の緊急事態で学校を非難することはできませんし、

むしろ課題対応をしただけでも賞賛に値しますし、正解なんて今回はありません。

お金で他の授業を変えてしまったりすることで賄えてしまう方々もいたり、

もちろん私のような高額な授業提供をしている方もおりますわけで、格差はいっそう広がってしまうのも事実。

しかしながら、学校のクラス体制を少人数制にするとか、大学の講義のように科目によって難易度や学ぶ内容を変えるとか、

せめてでも形式を変えていくこと、もしくはこれはあまり声を大にして言いたくはないですが、

学校権限の成績評定を実力重視にして、学生の自由度を与えて

お金がある人は塾なりどっかで補強する時間を作ること、経済的に厳しい人であっても

今ではスタディサプリとか月額2000円ぐらいでも受験のプロに教えてもらえるということが可能になっているわけで

これは最悪高校生がバイトしても払えるレベルで比較的ハイクオリティ勉強できるという感じ+学校に委ねる

(学校は効率であっても教材はいっぱいあるから言えばくれることも多い。

私は中学校の時とか高校のときにも問題もらいました。古い教材は処分したいみたいだからかっさらってきました)

にして、学校の義務事項で学生を縛らないようにしていくべきだなということを

このコロナ禍が少し露呈してしまったのではないかと考えます。

いずれにせよ、現在の学校システムでは限界が生じてきており、

どんなに予備校がいい授業して勉強しても二度手間感は否めないし、本来の予備校の使い方をしている学生は

本当に最上位学校に通っている学生だけになっているのではないかなと。

実際に私の指導生も「学校のことはできて当然」、それ以上のことを目指すためにやっている!ってコンセプトが強めなので、

学生のフォローに関しては基本的にはあまり来れないようになってしまっておりますが、

学校で謎授業をされたから基礎から予備校の授業を利用しようって感じなサービス全開な風潮は

年々強まっておりますよね。

(実は数年躊躇していた…という依頼者が多く、「いや、やる気があるなら早く来て!」って思ってますww

そして、そういう方々はやはりうまくいっているので、やはり「早く来て!」ってなりますww)

(そして、高額がゆえに学習フォローとなると回数がどうしても増えて不経済ですし、

私自身「学生のやる気がすべて」だと思っていて、事情がある人は別として

自発的に勉強してこなかった学生をあまり相手にしたくないので…いろいろな意味で嫌で、

そう公言する以上は学生に対して結構戦略を張り巡らせているつもりです)


本来、予備校や塾がこんなに儲かってしまっていること自体がおかしいわけで、

(昔から比べたらかなり下火になっておりますが、こんなに金を出して国際戦士として外に出れない国も多分珍しい。

教育的には失敗していると思っているし、

お金に余裕がある人で上昇志向が強い人には容赦なく海外の大学行け!って言います。

海外出て、金かかったけどいろいろな経験できて、その国で高給職につけたって方がいいし、

最悪日本に帰ってきてもそういう人には仕事があるor作れる。)

まあ少しあり方を考えなければなりません…。


でも、それでも多分当分はこの状況は続きますし、日本はあまりにも腰が重い国なので、

下手するとこの事態を経験しても変わっていかないことも十二分に考えられるwww

となると、これこそ私の指導生に唯一自信をもって言えることは

「ね?普段から危機感もって勉強して、自分たちの最善最速のスピードでやれば

どんな事態でも普段通りにやれるでしょ??」

ってこと。全員先取りして勉強していたわけで、まあ学校の進度に遅れるなんてことは1人もおりませんでした。

前を見据えて勉強している学生であれば、予習もできるし、

仮に講師がいなくても、今までの復習なり暗記なりができるというわけです。


今回のように、必要な時にアベノマスクは来なかったし、お金を申請することも未だにできておらず、

それらがなかったがゆえに命を落としてしまったり、職を失ったor予定調和が崩壊した方もいるでしょう。

全部日本政府が悪いと責任転嫁はいけませんが、

その一方では自分たちの危機感のなさが招いたと言い換えられる部分もあるかもしれません。

そういう最悪の事態の時に人は助けてくれない・助けることができないことが多いわけで、

「自分でなんとかする」っていう力が必要不可欠になってきます。

常にそれは今後考えていてください。少し素っ気なく自分でやる!ぐらいの気でいた方が、

イライラは減ります。そして、そういう頑張りをしているとですね、誰か助けてくれることがあります。

人って、結構人をよく見ていて、そういう少し常軌を逸した頑張りは人を動かすことがあります。

というわけで、学校が始まったわけですが、引き続き日々の努力を積み重ねてください。

学校が解禁になりますかね。+お久しぶりです。

お久しぶりです。またブログの更新がなくなってしまっていたのですが、

とにかく忙しい日々を送っておりまして、やっと少し時間ができつつあります。

今年は、とにかくイレギュラーの対処が多くて、今指導している学生の管理でいっぱいいっぱい。

募集はもちろんできないのですが、いろいろその日暮らし感が否めません。

しかし、その一方で大手予備校では学生がやめ始めている学生も耳にして、

思っている以上にコロナ禍は深刻なところまできているなという印象です。

しかし、とてもとても受け入れる状況もないので、私は今いる学生を大切に指導していこうと思う次第です。

(それでも、求めてきていただける人がおり、来年の募集も少々かなと思っております)

そして、5月末から6月にかけて学校が解放されますが、ここで大きく差がついたのも正直なところ。

私の指導生の多くが文法事項を終えた、

中学生だったら高2手前まではちゃんと基礎を詰めたという状況で、

高校受験でしたらいつ受験しても勝てますって感じでコロナだろうが何だろうが、一切手を抜いておりません。

むしろ、学生たちに休暇をありがとうぐらいに思っております。

まあこういう日々の積み重ねが非常事態でもできるかどうかなんで、

やっている人はちゃんとやっておりますし、やっていない人はやっていません。

どうか後者な人間にはならないで、自発的に動ける学生・大人になってください。

そして、今日からまた頑張りましょう!

お久しぶりです。生きております。

ご無沙汰しております。ブログを書いているどころではないです…www

今年は本当に大変で大変で、生徒も多く、

しかも生徒があまりにも一生懸命やってくれる学生しかおらず、

学校がない4月は非常に有意義な時間を過ごした学生が多かったかなと思います。

とにかく長文を読みまくった学生、文法を解きまくった学生、英単語を覚えまくった学生、

私はとにかく準備と問題和訳を高速で書き上げて、学生に配る始末ww

まあ実力が上がった学生ばかりだったなと。

例えば、現中3生で高校ネタに入っていない学生は一人もいません。

今年始めた学生でも、あまり英語に自信がないと言っていた学生も、

全然見違えた実力となりました。完全に学生の努力の賜物。私は見ていて面白すぎる。

先取りしても、ものすごい問題量をこなしてもらっているので、

不謹慎ですが、いいコロナ休暇になりました。


授業もZoomとスカイプを使い分けながら行っておりますが、

私としては早く対面授業をしたいところです。

とにかく、私の指導生はほぼいつも通りで、私の生活も特に問題なく、

むしろ指導や相談事が増えてしまった分、例年よりも忙殺しております。

ブログとか書いている暇がなくて本当に申し訳ないのですが、

また暇を見て医学部受験情報等をお話ししていこうと思います。

今年は旧帝医学部が狙えそうな学生もたくさんいるし、

英語が苦手な学生も一生懸命勉強して質問のワルツなので、きっと合格するだろうよって

信じて疑いありません。

こういうコロナウィルスの状況で、人と会うことがものすごく少なくなっているから、

誰かにご指摘をいただけるのは正直ラッキー。

そして、それを言われ、そのように言われたことをこなすのは当たり前。

そう、こういう時期に大きく差をつけるには、与えられたものよりも少し分量多くとか、

自分なりに試行錯誤してみるとか、大胆に1つのことに集中して苦手を克服するとか、

自分自身の意志が実は実力を飛躍させます。

私は今回はそれをお手伝いする側に回る機会もたたあったわけですが、、

一人の女学生はものすごい量をこなしてくれて、これはこの先伸びる!と確信しております。

アドバイスと教材渡すだけで、こんなに実力が変わるのかってびっくりするほどです。

(もともとのセンスも高いですけど、ポテンシャル以上に頑張っていると思う。)

ぜひともこの先もまだ何が起こるかわかりませんし、

学校はまだまだ混乱だらけで、予備校については機能不全とはいいませんが、微妙です。

そろそろ人に頼ることよりも、自分で動き出すぐらいの方がうまくいきます!

そういう自発性での勝利を、私は受験生に期待しながら、引き続き指導を続けていきたいと思います。


(すみません、もう依頼は無理です…今年はいかなる依頼も受け入れません……

来年度のご相談のみ受け入れます。来年度の相談は可。

とにかくですね、もうですね、プランニングの方もてんてこ舞いですし、

新しい試み系も今年は多く、テキスト作り等で時間が潰されていたり、

私生活の方もいろいろ変化がありまして、現時点でもうこれ以上は増やせません。

来年度の依頼も結構いただいており、縮小する可能性があります。

まだ言えないことが一つあるのですが、1つあることが確定しましたら、大幅に事業を縮小する予定です。

もちろん、今継続していただいている方はご心配なく。

英語で困らない基礎をちゃんとつくりますので、一緒に引き続き頑張っていきましょう。

私の目標は常に、学生と勉強して目標達成して、この先も自分で目標を見つけて巣立っていくのを見届けることです。

この時期に進化しましょう!)