2018
05.02

TOP PAGE

Category: TOP PAGE
初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2017年は、名古屋と東京と京都と三重に出向予定です。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)


本当に本当に今殺到中!

2017年の指導生の指導依頼はすべて終了しました。

しかし、2017年3月から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。

(2017年3月25日現在)



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を12年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2017
03.25

2017年度の合格実績

Category: 雑記
さて、医学部受験の補欠がどんどん繰り上がっています。

我が軍の今年の受験は終戦を迎えています。

補欠組もおおむね無事繰り上がっており、あとは奇跡が起これば…ってぐらいです。

そんななか今年の春期講習も始まっております。

今年もいろんなところから名古屋にやってきております。

我が軍の個別授業も名古屋を離れることが増え、

どんどん意味が解らなくなっておりますww

そんな中一応、今年は合格実績をまとめてみようと思います。

数年ずっと実績をまとめていなかったのですが、

最近卒業生とちょこちょこ会っても「どこに行ったんだっけ?」ってなることが多く、

まとめていた時の方が学生の状況を覚えるものだなーって思い、

今回はまとめてみます。

【2016年度 合格実績】
国公立大学
京都大学 農学部・工学部・経済学部 3名
徳島大学 医学部医学科 2名
神戸大学 法学部 1名

私立大学(医学部は1人で複数合格が多いので、進学先のみにします。)
大阪医科大学 1名
昭和大学医学部医学科 2名
金沢医科大学 医学部医学科 3名
愛知医科大学 医学部医学科 3名
藤田保健衛生大学 医学部医学科 1名

(防衛医科大も出ました。他合格者多数…1次のみでしたら20勝はしています……)

早稲田大学 政治経済学部 2名
早稲田大学法学部 1名
早稲田大学 社会科学部 1名
早稲田大学 先進理工学部 1名
慶応義塾大学 法学部 1名
慶應義塾大学 理工学部 1名


MARCH 日大法学部 名城(薬)等他多数…

昨年よりも結果は良かったですが、国立医学部だけちょっと予想外でした…

やはり厳しいっすね…国立医学部。

2015年・2014年には、

京大(医)・神戸大(医)・名大(医)・名市大(医)の合格に携わっています。

今年は私立医学部の学生が頑張りまして、

予備校での学生と、東京で指導していた家庭教師生が

見事、難関昭和(医)という目標を達成。

そして、難関大阪医科も予備校での指導生で出ました。

早稲田慶応も5人で7勝しました…。

(慶応理工を1つ入れて8勝だと思ったのですが、生徒の見間違いでその日凹みました…

でも、その学生が見事京大合格ですww)

残念ながら今年は下剋上的な大躍進はありませんでした…。

ただ、医学部受験で、センター試験レベルが100点切っている学生の多くが、

160点オーバーorその近辺まで成績を上げた学生がたくさんいました。

一人は120点しか取れなかったのに、

最後の本番では188点という奇跡に近いスコアアップを魅せてくれました。

(今年はセンター試験が簡単だったから余計にスコアアップが顕著に出ただけ。)

あとはリスニング指導が結構実を結んだのかなって感じでした。

センター試験で40点以下をとった学生は3名を除いていませんでした。

満点は今年は4名いました。頑張ったねー!

という具合で、今年は結構いい感じで終わりました。

また来年もこうなるといいのですが……まあ今年は浪人が多いので、

浪人に本気になっていただきましょうね!
  Trackback:0
2017
03.25

≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫

Category: 雑記
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫

●基本パック≪今年1年は試験的に動きます≫
価格:月額3000円(今年はこの額で試験的にやります!うまくいったら値上げ!w)

パック内容:
1.月一の親御さん・学生さんと面談(1h~1.5h)
2.課題提供+課題指示
3.英語学習+他科目(バランス程度)の月間プランを作成(毎月相談後)
4.質問対応(できる限り。大量はダメ。)

●オプション
α:LINEで毎日(2日に1回)課題お知らせメール(+月2000円~)
β:月1授業(90分で10500円(時給:7000円))
γ:テスト作成(月:5000円~、オリジナル対策テキスト依頼10000円)
  ※オリジナルテキスト作成依頼は学生の苦手等を聞いてから作成します。
   その生徒のガチオリジナルです。しかも和訳付き!余裕があれば簡易解説も。

  Trackback:0
2017
03.24

英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT

Category: 雑記
さて、春休みの授業が詰まりに詰まっております。

授業のお問い合わせも年始に入り今月までで30件ほどになってしまい、

さすがにすべて授業契約はできませんでしたwもちろん無理です。

早い順、保留を待っていた方、日程や場所的な理由で決めさせていただきました。

今年は引き続き京都の指導と、そして東京での指導も地味に多くなりました。

名古屋の指導は過去最高数ではないでしょうか…。

今年は浪人生も多く、なかなか大変ですw

そんなわけで、むりくりなんとかできる限り授業を組みましたが、

もう無理ですw週2の人も1回に換えてもらう程頑張りましたが、もう無理です。

でも、せっかくご依頼してくれた方に大変申し訳なく思い、

私はお詫びを言いに一人一人訪問させてもらいました。

中には「来年まで待ちますので…」って言ってくれる方もおり、

来年の指導を真面目に考えながら短期授業でも構わないって方もおり、

本当に感激です。(だからこそ、短い時間で何をするかを熟慮しています。)

さて、そんな感じで「一人でも多くの学生の力になれないか??」

これを1ヶ月考えました。そこで、謝罪行脚したご家庭にはあるお話をしてきました。

それが今回初公開。

≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫

なんですよ。

内容はこんな感じです。

●基本パック≪今年1年は試験的に動きます≫
価格:月額3000円(今年はこの額で試験的にやります!)

パック内容:
1.月一の親御さん・学生さんと面談(1h~1.5h)
2.課題提供+課題指示
3.英語学習+他科目(バランス程度)の月間プランを作成(毎月相談後)
4.質問対応(できる限り。大量はダメ。)

●オプション
α:LINEで毎日(2日に1回)課題お知らせメール(+月2000円~)
β:月1授業(90分で10500円(時給:7000円))
γ:テスト作成(月:5000円~、オリジナル対策テキスト依頼10000円)
  ※オリジナルテキスト作成依頼は学生の苦手等を聞いてから作成します。
   その生徒のガチオリジナルです。しかも和訳付き!余裕があれば簡易解説も。


こんな内容で行きたいと思っております。

もちろん、試験的なものなので指導ほどうまくいくかどうかは正直未知数ですが、

色々な科目とのバランスをとりながら指導することは比較的得意で、

英語の指導とは別に他の科目のカウンセリングもしながら

課題指示ぐらいまではしてきました。

英語の課題指示+添削だけで、奈良女子大+中央法学部合格という実績があります。

(他の科目は自分で先生を探してもらっていました。)

また、夏だけなどの指導でしたらなんとか組めるように頑張ることはお約束します。

といった具合でお話を少ししていたら、実はもう10名ぐらいの方にお願いされてしまい、

この依頼でさえ近いうちに閉鎖してしまうかもしれません…。

でも、色々な学生を指導してきて、うまくいかない学生の多くは

「自分で計画を立てられない」、「計画を立てられてもうまく進められない」、

また「計画の修正ができない」と言った学生ばかりで、

合格した半分の学生は私が統制してきたと言っても過言ではありません…ww

こうやって銘打ってやると決心してお披露目した以上、

自信がないわけではありません。やってやろうじゃねーかってぐらいの気持ちを持っています。

すでにご依頼をいただいた学生や親御さんには

早速満足してもらえるように私も頑張りたいと思います。


  Trackback:0
2017
03.18

日々の生活に問題があるから合格から遠のくこともある

Category: 雑記
さて、今週はお問い合わせや、「謝罪行脚」という名の面談で

日本中を奔走しております。今週は山口県、京都府…

来週は愛知の豊橋と西尾、岐阜の多治見、東京都……

もう名古屋の家庭教師という名を打つのはやめなければなりませんかねーw

なぜこんなにも名古屋の外に名前が漏れたかはよくわかりませんが、

非常に色々なところからご依頼が届き始めております。

しかし、残念なことにもちろんレギュラー授業は今できません。

ただ、近々授業ではないサービスを考えております。

まあ、お問い合わせをいただいた方にはちょっとお話をしております。

ただ、指導ほど成績が上がるかどうかは微妙なところで、

自主性がちゃんとある学生のためのサービスです。

私はやはり勉強しない学生と縁がないし、何より相手にしたくないので、

今回のサービスも真面目に頑張っている学生に対して行っていきたいと思います。

さて、そうやって真面目にやっている学生もたくさんいるわけですが、

我が軍の今年の学生もガンガン真面目な学生が揃いました…。

まじめすぎます…早速添削の数が尋常な数じゃありませんもの…。

でも、いいんです、学生たちが受かれば良しとします。

しかし、それでも成績が上がらないってことは多々あります。

もちろん、英語の場合は英単語をたくさん覚えても成績が上がらない場合は

自分のもともとの国語力が追いついていないとか、

色々挙げられる場合があります。

ただ、おおむねその悩みは成績が結構伸びきったあとなわけで、

偏差値65~70をうろうろしている人の悩みに聞こえることがあります。

しかし、そこに至らず偏差値40~55をうろうろしている人に多いのは、

「無意識に他のことをしている」

そして、それが習慣化している
ということです。

偏差値50を下回る学生に多いのですが、

その近辺にいる学生の多くの根本的な問題は、

勉強ができるできないの問題ではない場合が結構多いです。

机に向かえない、机に向かっても違うことを考えているとか、

自分のやりたい方法でやってみたいとか、

怒られることに気が回ってしまい怒られないために勉強しているとか、

とにかく自分のしなければならないことに直結していないために

お勉強が「できないことになっている」わけなんですよね。

でも、今の学生は予測することが苦手だったりして、

「英語ができなかったとしたらどうなるのだろうか?」っていうのが

想像をつけられずに結局受験が終わった時に「あ、全然足りないんだ…」って

思うことになるケースが多いです。

というわけで、そういう学生には

1.とにかく自分のやっていることで結果が出ていないことを指摘する

2.その後に自分のやり方のどこが悪いのか、その改善点を確認する。

3.1週間後にそのやり方で成果が出たかを確認する。

4.できるようになっていたらそれで経過を見て学習。
  
  そうでない場合はまた修正を加える。

こんな具合で悪いものが何か、そして継続できるのか?ってことを

しっかり確認しながらやっていかなければなりません。

それが自分でできないとなると……うーむこわいですねー。

まあ普段の生活を見直すことから自分のやり方の問題点が見えてくることもあります。

頑張りましょうね。
  Trackback:0
back-to-top