FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

TOP PAGE

初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2019年は、名古屋を中心に動き、時々京都と四日市に出向予定。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)




現在、1:2指導でしたらいくらか承ります。

今年は浪人枠少ないです。予備校の授業が増えたので…
今年は個別指導浪人は6名受け入れました。
昨年の3分の1にして、こじんまりといきます。
全員国公立医学部or東大を目指します。


遠方の指導依頼をお受けできず本当にすみません。
もう基本名古屋市内を出ることができなくなりました…。
まあ本来の在り方ですが、
自宅から15分でも行くのが大変なほど指導生が多くなりました。



1:2の枠でしたらあと3枠あります。

枠を増やしましたが、真剣に頑張る人のみ来てください。

よく勘違いされるのですが、

私の指導生は偏差値50ある・ないぐらいの瀬戸際スタートの学生ばかりです。

(基準はありますので、【指導料金と指導依頼する前のご注意】をよく読んでください。

国立医学部を目指す学生はずるずる浪人しないように基準をものすごく高く設定してあります。)

勉強習慣を持っていない学生もいますし、ものすごい力をもってないくていいです。

できるようにする!!or志望校に受かりたい!っていう気概ある学生だけ来てください。

やる気ない人は私のところでは向きません。反復練習ごときで音を上げる人は来なくていいです。

ご両親のみの、一方的すぎた御意向で決めた学生はお受けいたしません。


私の指導生はみんなやる気満々とは言わなくても、勉強をしなければならないと自覚している学生が大半。

うち秘めた闘志をもった学生や、野心家、上昇志向強い学生、自分の理屈を通す負けず嫌いは

本当に多いです。ファッションで勉強している人はほぼいないので、非常にバラエティに富んでいます。

私はそういう学生を指導できることを幸せに思っております。


(2019年04月02日現在)


自宅は名駅から地下鉄(桜通線)で15分以内(最寄駅から2分です)。
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を12年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

近況+時間をかければ英語は誰でも得意科目に

さて、今年は指導する学生の数はだいぶ少なくなってきましたが、

それでも授業はなかなか減りません。(減りすぎても困るので、手はあまり抜いていません。)

昨年・一昨年と医学部志望者がとにかく多く、

しかも基本的に旧帝クラスの授業ばかりでハイレベルすぎたので、正直疲れました。

今年も東大・京大クラスの学生や、早慶を本気で狙おうという学生もいますが、

ここ数年で培った教材作成や卒業生の手伝いもあり、手間と予習量は半分ぐらいで済み、

今年は少し気が楽です。

しかし、一方で基礎事項を身につけることに重点を置いた授業が増え、

今年は難しい問題を解くことよりも、英語が苦手な学習者用の教材が膨大に出来上がったり、

単語をどうやって覚えさせようか…そして、中学生で力が出来上がった学生には

どうやって力を維持させようか…っていう、昨年とは少し違った状況です。


でも、講師をしていていつも頭を悩ませるのは、

どうやって復習を定着させて、効率よく覚えさせるのかということ。

どんなに優秀な学生でも、学校の課題や他の科目の課題が多すぎると

思っている以上に実力がつかなかったり、授業内容を大幅に先取りをしても

すぐ忘れてしまうこともあり、正直こちらの思惑通りにいかないことがあります。

というか、そのパターンが多い。

実は最近は中学生を指導することが増えたのですが、

英語力としては課題の負担が小さい公立中学の学生の方が

突き抜けて英語ができるパターンがちらほら出てきました。

先日もお話に出しましたが、英語0スタートで1年本気で勉強したら

英検準一級合格できるのではないか?というところに至って、

英検2級はすでに取得済み。しかも、嬉しいことに、

「私の本を読んで単語を覚えた」と言って、単語を覚えて1年で単語帳を2冊潰したという強者への変貌。

これには恐れ入りました…本当にヤバい…昔の私の狂気的な勉強スタイルに近いものがあり、

昔の自分が中1中2でやりたかったことを見事にやってくれています。

(もちろん彼女の方が私よりも100倍スペックが高いですが……)

こういう姿を見ると、「是非ともこの先突き抜けてほしい」と

自分の夢を彼女に託しているような気分になります。私も人に希望を託すなんて歳をとりましたねww

しかし、私が言いたいのはそんな老人みたいな視点ではなくて、

公立の学生ってよく中高一貫の学生よりも劣るように話されることが多いのですが、

その気になって死ぬほどやれば、英語という科目においては、

覚える時間がそれなりにあって、やる気をみせれば誰でも成績はあがるし、

できるようになるわけです。まあ極論覚えるだけですので、奥は深くても

ある程度時間をかければ誰でもなんとかなる科目!!ってこと。

というわけで、今後も突き抜ける学生・貪欲に勉強を頑張る学生に大きなサポート役になれるように

私も進化していきたいと思います。


そのためにも、今年は課題で押しつぶされているない時間をどのように使わせるか、

もしくは単語等の暗記は私とやるか…?まだまだ新たな体制への模索は続く。

2019年の全統記述模試が却ってきました

さて、今年も第一回の記述模試が却ってきました。

基本的にはこの模試が最初の指標になるし、

どんな学生もそれなりに受けているので信憑性があるかなと思っております。

さて、そんなわけで今年はどうだったかなというと、例年と同じぐらいかなという印象です。

でも、今年は圧倒的に現役生が強いかなという印象です。

今年は中3あたりから鍛え抜いた学生が結構いるので、現役のが強いかもですが、

今回偏差値75を超えた学生は2人のみ、70越えが2人、65近辺が5人、その他という感じでした。

まあ正直まだまだ発展途上という学生は今年も多かったりで、

実力的には偏差値70はあるのに、問題慣れしてないから58とかっていう学生も多くいます。

どんなにできる学生でも、形式的な練習やテスト慣れは必要ですね。

引き続き、しっかり指導していきたいと思います。


さて、2019年の夏休みの指導ですが、

今年はおそらく過去最多記録に並ぶか並ばないかというところで、

7~8月まで350コマぐらい授業があります…。

正直申し上げて、今年の指導生というよりは来年の指導生があまりにも心配になってしまい、

このままでは毎年の水準に至るか心配だ…と思い、(めっちゃ頑張ってますけどね。)

ここ5年では初めての「授業追加の打診」なんて調子に乗ってしてみたところ、

物凄く依頼を受けてしまったこともあり、授業が増えてしまいました…。

まあ今年は浪人も少なかったのもあり、少し指導数も少なすぎたかなと思うことや、

あまりにも現役生がテスト休み的なものを取って思い通りに指導が至らなくて…

少々不完全燃焼感も漂っていたのもあり、まあ今年は仕方ないかなと…。

今年の夏は仕事しますww


実力的な話をすると、今年生き残った中1~中2生は非常に良好。

順調に高校ネタに突入して、英検準2級~2級を取る準備ができております。

一人だけ準1級に手が伸びるかもしれないという状況ですが、

その学生は英単語を無茶苦茶覚えてきてくれるので、まあ今後が楽しみです。

(ちなみに医学部志望ではなければ、言語学部系志望でもない学生。

海外でbiologyをやりたいという志高めの学生。ちなみに0スタートで2年学習して準1手前。

英語はですね、やる気なんですよ、やる気。

反復ができない人に輝かしい未来を語る資格もないのです…。彼は死ぬほどやってる。偉い。)


あとは浜松から来ている高3生の一人が輝いてきましたね。

偏差値50近辺でうろうろしていたのが、今回初めて偏差値70へ突入し、京大・阪大を狙えるのではないか?

という状況です。英作文がまだまだ発展途上ですが、国語力もあり、英文で書かれていることをまとめる力は

間違いなく上位層に引けをとりません。

数学をもっと伸ばしてほしいのでこれ以上顕著な伸びはないかもですが、

かなりいい位置を狙えるのではないかと非常に期待している学生でもあります。


こんな感じで、まだまだ魅力的で一生懸命研鑽を積み重ねている学生はたくさんいるのですが、

引き続き頑張ってほしいなと思います。

マーク模試の結果が出てきました。+俄か感だけでやってません。

さて、また少し時間が空いてしまいました。

マーク模試の結果が返ってきたり、進研マークが返ってきたりで、

スコア的な実力がわかってきたわけですが、今年は基礎事項の勉強はよくできている反面、

応用事項にはなかなか手が出ないというか、

点数を獲る術を知らないとか、不器用な学生が多く、大きく足元をすくわれた学生もたくさんいました。

自己採点より5点落ちたとかも多く、今回は180点近辺で落ち着いた学生が多く、

190点~195点が5名ほど出てきました。

一方不器用さを感じるのが予備校の学生で、物凄く一生懸命やっているにもかかわらず、

突き抜けた学生はおらずという感じ…私立クラスの方が実際に結果は良かったりして、

上位層はまあセンター系の練習だけで

これまで乗り切ってきた俄か感全開の実力だったことがよくわかりました。

でも、今のスコアにまったく不満はないし、予想通りだし、

今年の予備校組は本当にやってくれる学生ばかりなので今はぼろくそ気味に言っていますが、

全員にひそかに期待しています。国立医学部5名以上は出ると思っています。

目標は個別も合わせて

国立医学部7名~8名、東大1名、京大~名大付近の旧帝3名10名ぐらい。

一昨年・昨年ほど実力を盛っているわけではないのでなかなかハードルは高いですが、

努力値をものすごく感じるメンツなので、今年も是非とも見守りたいなと思います。



ここ5年ぐらいで国立医学部が出るようになりました。

まあでも、国立医学部を出すためには正直申し上げて、

ある程度の準備ができていなければ難しいです。

正直言います、今の医学受験、主要4科目が現時点で偏差値50台で、

国社が運ゲーみたいな状況だとしたら、まあ合格まで2年は軽くかかると思ってください。

今の国立医学部はマジで甘くないですよ。

しかも、偏差値70揃えても地方のどこかわからないジャックポット受験です。

東海圏でしたら、名大や名市大は愚か、三重・浜松医・岐阜でも記述力があって偏差値70(河合)でも

受からない時は受かりません。そうだとわかっていないのであれば、それはもう情報収集不足。


たまに「あなたのまわりにはそういう生徒が集まるからそれなりの実績が集まるんだ」と

依頼関連のご父兄や先生方に言われますが、勿論そうだと思っております。

だって、基準を設けてそれなりの人が集まっていますもの。当然です。

それなりの意識で投資なさっているわけですから、

私だって「難しいから落ちたってしかたないよ」ってスタンスでは指導していられません。

高額を支払っていただいていますから、導いてなんぼ。

失敗したら大きな仕打ちが待っていることを承知でやっております。

繰り返しますが、私の授業料はそれなりに高額ですし、

(医学部予備校よりは少し安いぐらいです。)

それなりに授業内容等を考えたら(内容はそんじょそこらの予備校よりは濃いと自負しています。)、

国立本気で目指すぞっていう学生に教えて初めてトントンと言える授業量なのかもしれないって

正直思い始めています。(内容は難しめです)

実力的にそこに至ってないとか、そこまで至ってやろう!みたいな闘争心や意識の高さがない学生を

ただ「のうのう」と教えたり、「まだできてないんですよ」と

お茶を濁してずるずる指導するわけにはいかないんで、。


でも、2つ言わせてください。

もし、そういう優秀な学生が来ても、彼らが私の授業を糞授業だと認識していたら、

私はこれだけの実績にできませんし、

完璧な授業とは言わなくても、それなりに意味があったと思ってくれたと信じています。

そんな優秀な奴らで意味がないと認識していたら、自分でやった方が速いやって思うでしょうし。

それなりに満足を与えられるようになったのかもと自負しております。

もちろん英語だけの配慮だけではありません。

数学や化学の先生と連携もとって合格を出してます。

英語のことだけで合格するなんてとても言えません。でも、英語の他に小論文や

他科目で当てにできる先生も手数にもっていたり、どこかに頼めるようにはしている

ネットワークも考慮に入れて、云々言ってほしいわけですよ。


もう一つは、怯まずに「自分もこういう実績を出せるのかもしれない」って

超プラスで実力をつけよう、自発的に頑張るぞ!!という学生こそ、

やはり一番「受からせてやるぞ!」とか「一緒に勉強したいからおいで!」って言いたくなるんですよね。

もっと言いましょうか。正直、お金がなくてどうしようと思っている学生には

奨学金とか出しているんですよ(優秀が故に授業料半分とか)or

バイト制(打ち込み系のバイトで授業料なし・これは浪人に多い)とかしてでも、

「こいつには手をかけてあげなきゃダメだ」って思うわけで

(偏差値75とか独学であげても、問題形式の詰めが甘いからダメだった学生とかいるんですよ…)、

普段へらへらしていても、結構真面目に学生の将来を考えているんですよ、私。



というわけで、相変わらず今年も偏屈者全開で授業をやっていますが、

合格に関しては結構ガチで考えています。

そして、今年の夏は「私と一緒に勉強習慣をつけよう」講座的なものをやろうか迷っております。

そういうことを感じてくれた人だけでいいです。本当にお待ちしております。

マジで一緒に勉強して、好きな大学に行きましょう!


そして、今年はあまりにも勉強の仕方がわかっていない・身についていない、

もしくは中学受験のような猪突猛進型で問題しか解いてないっていう勉強の仕方を

改善して、本気で身につけて、

物事を思慮できる勉強講座
を少し低価格でやろうかなって思っています。


また少し違う切り口で話をしていけたらと思います。

マーク模試記述模試等の手応え2019

お久しぶりです。今年は思いのほか忙しいのですが、

今年は指導で忙しいというよりは、自分のこと、特に引っ越し等でものすごく忙しく、

正直授業のプランが少し雑になっているようにも思います。

しかし、授業はなかなかいい感じで納得いくものにはなっており、

昨年末あたりからしっかり準備していたおかげで、それほど焦っておりません。

その成果もあり、センターマーク系の模試は今年も壊滅的な学生は少なく、

195点が5名ぐらい並び、今年は現役がなかなか強めです。

河合塾の記述模試も2名ほど180点前半を自己採点で出してきたり、

初めて100点越えたとかっていう学生も多く、今年もそれなりにいいスコアが揃いました。

毎年書いていますが、

こういう学生の多くは死ぬほど勉強しているのと、

しっかり知識事項を詰めている学生ばかりです。

正直ちょっと頭いい学生でしたら170点から180点ぐらい、

マーク模試では獲れてしまうんですよね…。

単語とかそんなに知らなくても、ロジックではできてしまうものです。

でも、190点以上は文法等で間違いを出せないわけで、

そう勢いでは取れるわけではないです。それなりに努力の結晶を感じます。

よく190点が揃ったことを話すと「またよい生徒が入ってきたんだ」とか、

「地頭がいい」とか言われますが、それは実際にそのスコアを獲った学生に失礼で、

そう簡単に取れるスコアではないのです。

確かに「地頭」の差はないわけではないですが、

満点近くをコンスタントにとるっていうのはそれ以上に努力の方がものを言います。

厳しいですが、それだけの努力を積み重ねられていないと思った方がいいです。


まだまだこれからですが、是非とも頑張ってほしい学生が今年もたくさんいます。

急成長している学生や、手塩をかけて指導したいって思わせてくれる学生も

本当に多く、今年も頑張ってくれる学生ばかり、今年の集団授業はかなり盛り上がっております。

(指導生じゃない生徒に「先生の授業はなんか傍から聴いていると気になる」と言われ、

どの先生とも同じような授業しかしていないと思っていても、違う風に聞こえるそうです…)

引き続き、頑張っていきます。



最後に連絡事項です。

1:2の授業枠もあと1枠となりました。

2年後にはガッと空くかもですが、来年以降はリスニングもあるので、

あまりにも仕上がっていない学生を引き受けることは少ないかもしれません。

でも、それ以上に覚悟とやる気がある学生さんは、是非お待ちしております。

今年はあとは夏休みだけの特別企画も内輪メインかもですが、

何かやろうと思っております。とってもためになることですので、興味がある方はどうぞ。