2018
05.02

TOP PAGE

Category: TOP PAGE
初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2017年は、名古屋と東京と京都と三重に出向予定です。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)


少し緩和!!

9月の枠の依頼が数件きたので締め切ります。

2017年3月から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。

(2017年3月25日現在)



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を12年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2017
05.07

久々に書きます。

Category: 雑記
久々に書きます。ものすごく忙しく、授業をさせてもらっています。

そして、ものすごい勢いで学生が勉強してくれますし、

成績もめちゃくちゃいいです。

というか、ついていけない人たちが

私のもとを去って行ったというのが正しいかもしれません。

実は4月から今週末までに4人がおやめになりましたww

結果的に補充という形になって、

私としては指導保留にしていた学生に回ってよかったぐらいに思っています。

前よりもはるかにマイルドな宿題量になっているはずですが、

それにも耐えられない学生が結構いました。

あと、覚える習慣がなかった学生や問題ばっかりやって終わりな学生は

僕の指導にはどうやらついていけなかったようです。

でも、それでいいのだと思います。

指導方針が合わないなら辞めればいいし、自分の優先したいものを優先すればいいし、

好き放題やればいいんです。指示に従ってくれない方が

何をやっているかわからないし、その音頭がとれないし、私としては困りますので…。

勝手にやればいいんだと思います。だから、去る者も追いません。

逆にお話を御理解いただけた学生へチャンスが回って、死ぬほど頑張っている人に

私は全力でサポートしたい。それだけです。


先日もマーク模試の自己採点ですが、

190点越えが3人おり、毎年のごとく高スコアが出そろい始めています。

今日は名古屋組のセンターマークですが、果たしてどういう結果になるでしょうかね。

頑張っていただくのみです。そして、ハイスコアをたたき出して

受験を乗り切って、美酒に酔いしれましょうね。

指導募集の近況を更新しますので、よかったらどうぞ。
  Trackback:0
2017
04.03

久々の更新+今年度もよろしくお願いいたします。

Category: 雑記
えーと、昨日ですか、前期だけ教えていた学生が、

名工大の後期で見事滑り込み合格を果たしたことを耳にしました。

本人の志望校ではなかったのですが、後期の合格は実力がなければ無理です。

本当にすごい!おめでとうございます。いい道がきっと開けてくるので頑張ってほしいです。


さて、医学部の補欠繰上りも終わり、もう完全に新年度です。

私の周りもさすがに受験モードで、早速学生のプラン・教材作りに奮闘しております。

今年は大手予備校にいた時以来の生徒数で、個別は過去最大。

毎年記録を塗り替えていますが、今年は相当めいいっぱい詰まってしまいました。

でも、安心してください、週2日お休みにしました。

今年はちょっと病名がついた病気をいくつか患ってしまい、

「無理をしない!」(相当しているが…)ということを心掛けて、

平日の授業はこれ以上は増やすのを控えてきました。

それでもお問い合わせは3月でなんとまさかの39件ですw

本当に感謝感激雨嵐なのですが、もちろん全部の指導依頼を受けるのは無理ですし、

最近の基本はプラン提供だけになっております。

お問い合わせいただいた方には1度お会いして、この旨をお話ししておりますが、

やはり英語でお困りの方は結構多いなぁと感じます。

なんとか助けられないかと思い、今年も奮闘させてもらいます。

引き続き頑張っていこうと思いますので、お付き合い宜しくお願いいたします。
  Trackback:0
2017
03.25

2017年度の合格実績

Category: 雑記
さて、医学部受験の補欠がどんどん繰り上がっています。

我が軍の今年の受験は終戦を迎えています。

補欠組もおおむね無事繰り上がっており、あとは奇跡が起これば…ってぐらいです。

そんななか今年の春期講習も始まっております。

今年もいろんなところから名古屋にやってきております。

我が軍の個別授業も名古屋を離れることが増え、

どんどん意味が解らなくなっておりますww

そんな中一応、今年は合格実績をまとめてみようと思います。

数年ずっと実績をまとめていなかったのですが、

最近卒業生とちょこちょこ会っても「どこに行ったんだっけ?」ってなることが多く、

まとめていた時の方が学生の状況を覚えるものだなーって思い、

今回はまとめてみます。

【2016年度 合格実績】
国公立大学
京都大学 農学部・工学部・経済学部 3名
徳島大学 医学部医学科 2名
神戸大学 法学部 1名

私立大学(医学部は1人で複数合格が多いので、進学先のみにします。)
大阪医科大学 1名
昭和大学医学部医学科 2名
金沢医科大学 医学部医学科 3名
愛知医科大学 医学部医学科 3名
藤田保健衛生大学 医学部医学科 1名

(防衛医科大も出ました。他合格者多数…1次のみでしたら20勝はしています……)

早稲田大学 政治経済学部 2名
早稲田大学法学部 1名
早稲田大学 社会科学部 1名
早稲田大学 先進理工学部 1名
慶応義塾大学 法学部 1名
慶應義塾大学 理工学部 1名


MARCH 日大法学部 名城(薬)等他多数…

昨年よりも結果は良かったですが、国立医学部だけちょっと予想外でした…

やはり厳しいっすね…国立医学部。

2015年・2014年には、

京大(医)・神戸大(医)・名大(医)・名市大(医)の合格に携わっています。

今年は私立医学部の学生が頑張りまして、

予備校での学生と、東京で指導していた家庭教師生が

見事、難関昭和(医)という目標を達成。

そして、難関大阪医科も予備校での指導生で出ました。

早稲田慶応も5人で7勝しました…。

(慶応理工を1つ入れて8勝だと思ったのですが、生徒の見間違いでその日凹みました…

でも、その学生が見事京大合格ですww)

残念ながら今年は下剋上的な大躍進はありませんでした…。

ただ、医学部受験で、センター試験レベルが100点切っている学生の多くが、

160点オーバーorその近辺まで成績を上げた学生がたくさんいました。

一人は120点しか取れなかったのに、

最後の本番では188点という奇跡に近いスコアアップを魅せてくれました。

(今年はセンター試験が簡単だったから余計にスコアアップが顕著に出ただけ。)

あとはリスニング指導が結構実を結んだのかなって感じでした。

センター試験で40点以下をとった学生は3名を除いていませんでした。

満点は今年は4名いました。頑張ったねー!

という具合で、今年は結構いい感じで終わりました。

また来年もこうなるといいのですが……まあ今年は浪人が多いので、

浪人に本気になっていただきましょうね!
  Trackback:0
2017
03.25

≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫

Category: 雑記
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫

●基本パック≪今年1年は試験的に動きます≫
価格:月額3000円(今年はこの額で試験的にやります!うまくいったら値上げ!w)

パック内容:
1.月一の親御さん・学生さんと面談(1h~1.5h)
2.課題提供+課題指示
3.英語学習+他科目(バランス程度)の月間プランを作成(毎月相談後)
4.質問対応(できる限り。大量はダメ。)

●オプション
α:LINEで毎日(2日に1回)課題お知らせメール(+月2000円~)
β:月1授業(90分で10500円(時給:7000円))
γ:テスト作成(月:5000円~、オリジナル対策テキスト依頼10000円)
  ※オリジナルテキスト作成依頼は学生の苦手等を聞いてから作成します。
   その生徒のガチオリジナルです。しかも和訳付き!余裕があれば簡易解説も。

  Trackback:0
back-to-top