FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

TOP PAGE

初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2019年は、名古屋を中心に動き、時々京都と四日市に出向予定。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)



来年の案件の募集をしております。
本気で頑張ろうとする中学生・高1生を積極的に募集いたします。


遠方の指導依頼をお受けできず本当にすみません。
もう基本名古屋市内を出ることができなくなりました…。
まあ本来の在り方ですが、
自宅から15分でも行くのが大変なほど指導生が多くなりました。



よく勘違いされるのですが、

私の指導生は偏差値50ある・ないぐらいの瀬戸際スタートの学生ばかりです。

(基準はありますので、【指導料金と指導依頼する前のご注意】をよく読んでください。

国立医学部を目指す学生はずるずる浪人しないために基準をものすごく高い設定を設けております。)

勉強習慣を持っていない学生もいますし、ものすごい力をもってないくていいです。

できるようにする!!or志望校に受かりたい!といえる気概ある学生だけ来てください。

「苦しくても人生変えてやるんだ!」って頑張る学生にはとことんおつきあいします!!

やる気ない人は向きません。反復練習ごときで音を上げる人は来なくていいです。

ご両親の一方的すぎた御意向もお受けいたしません。


私の指導生はみんなやる気満々とは言わなくても、

勉強をしなければならないと自覚している学生ばかり。

内秘めた闘志をもった学生や、野心家、上昇志向強い学生、自分の理屈を通す負けず嫌いばかり。

私はそういう学生を指導できることを幸せに思っております。

(2019年09月23日現在)


名駅から地下鉄(桜通線)で10分以内(最寄駅から4分です)。
東海高校の近くです。(東海生を鍛えるためにやってきましたw)
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を16年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

国立2次対策で合格を勝ち取るために!

さて、今年は少し大胆に行こうかなと思います。

2月は午前中はかなり暇になりました。今年は私立医学部試験も無事合格者は出ており、

国立医学部の学生たちも若干背水の陣という形になっているとはいえ、

なんとかなるかなというところに至っているかなと。

今年は国立組はかなり安パイを狙いに行っております。どこを狙うかは少々内緒にしますが

まあいろんな方々の情報を使って調べまくっております。

家庭教師組の国立医学部は今年はまともに勝負できるのが2人で、

一人は三重大学へ突っ込むことが決まっております。

もう一人は志望校が大体決まっていますが、まだ悩むかと思います。


さあそんなわけで、今年は正直実力が鈍らないためにも

国立2次の指導を積極的に承ります!

過去5年間で東大京大・旧帝・医学部の過去問指導はかなりこなしてきたつもりです。

結構きわどい質問にもそれなりに答え、昨年は8名国立医学部に滑り込ませております。

2年前は過去最高の結果をたたき出しております。

特筆するべき点は、自由英作文の執筆指導、

特に英語があまり得意でない学生でもそれなりに形にすることができる演習法を

すべて指導生に提示している点です。

昨年の浜松医科は数学がものすごく難しいがゆえに

英語の記述で勝ち取ったといえるパターンが2件あります。

「添える」ための英語ではありません。「攻める」ための英語です!

興味がある方は、ご一報ください。

愛知医科1次試験結果+医学部受験は英数をそろえろ!

愛知医科大学医学部医学科1次、無事5勝

ですが、今年はかなり厳しいです。勝率は半分切っていますので、

今年はやはり鍛えたりなかったなと…というか、忍耐が持たなかった。

あと数学が少し弱いのも相まって、厳しい結果が突き付けられております。


医学部受験は英語と数学がどちらかできていないは結構致命傷なんですよね。

英語だけできていてもダメで、数学の勉強時間も考慮して

英語の実力を完成させていかなければなりません


数学も英語同様にコツコツ積み重ねていかなければならない科目であり、

よく「中学校のときから数学ができたからいける!」となっても、

高校での数学は中学のそれとは違う・中高一貫の学生たちがものすごく数学強者であること

を忘れないでください


英語も同様に、「中学で英語ができた」と強気な学生が、

わからない語句が多くなった・応用が利いた英文が増えた・文量が増えて文脈が追えなくなった

等で中学で培ったであろう「英語力」は無効化するので、それを忘れないでください。

わが軍の中学生にはとにかくそれを口酸っぱく話して、

そういうことが起こらないように中学生のうちに死ぬほど語彙をつけております。



そして、もう一つ。これは厳しいことを言いますが、

語彙をちまちま覚えられない・そういう作業ができない学生、

そして、そういう人に限って対策的にうまく英検等を切り抜ける要領型の学生は

受験においてうまくいった学生は本当に見たことがないし、かりにぎりぎりうまくいっても

現役で合格ではなく浪人になるか、大学に入っても暗記で苦しい思いをします。


暗記から逃げないでください。そして、英語や数学は使うんだ!という気をもって

「何とかなる」という甘えを消してください。

医学部の1次試験が始まっております+戦略と割り切り

さて、1次試験が土日でガンガン行われ、

来週を終えるときにはおおむね1次試験が終わってしまいます。

わが軍は無事国際医療福祉の1次試験を突破した学生が2名出まして、

愛知医科・藤田医科も何とか乗り切りました。

正直結果はどうなるかわかりませんが、愛知の英語は善戦。

藤田の英語は長文が難しかった+文法でなかなかの奇問が出まして、

問題をあげたら、Twitterでもすこしバズりましたねww

まあでも結局は医学部受験で大切なのは英語だけではなく4科目の総合点数ですので、

英語ができているだけではだめです。(そんなわけで、ほかの科目の先生には頭が上がりません。)

一方、藤田医科はなかなか記述問題が難しいというのもあり、

初めから東京女子医を受けるのはどうかね?と勧めた学生も今年は多かったです。

地元愛知では藤田崇拝的な雰囲気もあり、受験を避けるなんて…って思うかもしれませんが、

東京の受験生からしたら「いやいや東京にとどまることを考えるべきでしょう?」と

藤田受験を一蹴されてしまうでしょうねww

藤田はもちろんいい学校だと名古屋に来てよくわかったし、とにかくいい方へ大幅な変化を遂げていますが、

それでもやはり合格するしないの話になると少々話は別になります。

マーク形式重視で比較的とっつきやすい問題が並ぶ東京女子医でしたら、

合格できる、しかも女子だけの戦いであることから若干受験生が減るということもあり、

合格する確率が上がる魔法の受験校であるわけです。東京女子医。

また1/25と1/26は医学部受験ががっつり被るところも多く、

今年は3校ずつかぶりましたかね。そこをどう選ぶかも毎年の風物詩になっているわけですが、

結構いい選択をして、受験に臨ませることができたと思っております。


というわけで、毎年のことで慣れてきたわけですが、

医学部受験をよく知らない方々はよく覚えておいてください。

医学部受験はただの難易度表をみて判断するんじゃねぇ!

受かるためには戦略は大事だ!

全科目を総合的に判断できる先生に相談しなさい!

これだけ覚えておくだけで、結構合格できるようになります。

国際医療福祉大学医学部医学科の1次結果+国立出願云々の話

国際医療福祉大学医学部医学科の1次結果が出てきました。

無事、2勝いただいてきました!

愛知医科を受けずに今年は国際医療福祉大学医学部にチャレンジした学生がいたのですが、

見事いい感じで勝負してくれました!この調子で他もうまくいってほしいです。

さて、結果的に医学部受験組は間に合ったかなという感じで安心しております。

正直、今年は1名のすこぶるできる学生を除いては全滅も少し覚悟していたのですが、

しっかりまとめてくれているようで、いい感じで結果を見せてくれています。



一方、国立医学部受験も無難なところ+地方国立には出願できそうな感じでした。

トップは837点で旧帝の医学部に一人は突っ込む予定です。

もう4名ほど800点オーバーが完成しており、安全パイで三重・信州・山口あたりを考えております。

(結構勝てると思ってますが、とにかく数学で自信喪失学生続出で、強気が減った。でも変わるかも。)

700点後半の学生は今週末に死ぬほど悩んで出願を決めます。

文系の国立は残念ながら数学で全員こけまして、英語と国語で踏みとどまった学生ばかり。

目標点よりもかなり下回りましたが、1名は強気で旧帝、2次で必ず勝てるだろう千葉で悩んでおります。

しっかり数学2次の相性を考えて出願を決めたいと思います。


目標点には大幅にたどり着かなかったが、周りもなかなかつぶれてくれており、

周りの受験生に助けられている形で少し強気の受験ができております。

バンザイシステムもセンターでは結構厳しい判定が出るかなと思いきや、

なんだ~センターはみんなも比較的悪い(特に数学)し、模試も周りが思ったよりもよくないのか!

ってかなりプラスな感じで評価しております。

やはりセンター試験は水物で、2次がちゃんと準備できているかどうかで決まります!!

来年受験する高2生は覚えておいてください。