FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

TOP PAGE

初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2019年は、名古屋を中心に動き、時々京都と四日市に出向予定。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)



来年の案件の募集をしております。
ただし、来年は国立志望の受験生の依頼の場合
少し条件を付けます。
基本的には本気で頑張ろうとする中学生や、高1生を積極的に募集いたします。



遠方の指導依頼をお受けできず本当にすみません。
もう基本名古屋市内を出ることができなくなりました…。
まあ本来の在り方ですが、
自宅から15分でも行くのが大変なほど指導生が多くなりました。




よく勘違いされるのですが、

私の指導生は偏差値50ある・ないぐらいの瀬戸際スタートの学生ばかりです。

(基準はありますので、【指導料金と指導依頼する前のご注意】をよく読んでください。

国立医学部を目指す学生はずるずる浪人しないために基準をものすごく高い設定を設けております。)

勉強習慣を持っていない学生もいますし、ものすごい力をもってないくていいです。

できるようにする!!or志望校に受かりたい!っていう気概ある学生だけでいい。

苦しくても人生変えてやるんだって頑張る学生にはとことんおつきあいします!!

反対にやる気ない人は向きません。反復練習ごときで音を上げる人は来なくていいです。

またご両親の一方的すぎた御意向もお受けいたしません。


私の指導生はみんなやる気満々とは言わなくても、

勉強をしなければならないと自覚している学生しかいません。

うち秘めた闘志をもった学生や、野心家、上昇志向強い学生、自分の理屈を通す負けず嫌いは

本当に多いです。私はそういう学生を指導できることを幸せに思っております。


(2019年09月23日現在)


自宅を6月から引っ越しまして、名駅から地下鉄(桜通線)で10分以内(最寄駅から4分です)。
東海高校の近くです。(東海生を鍛えるためにやってきましたw)
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を16年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

英語に寛容な心を

昨日、ジンバブエの人とお話しする機会がありました。

何で日本に来ているのかはよくわかりませんでしたが、非常に英語が達者で、

私ももっと自分の英語を磨かなければならないなと勉強させてもらいました。

私の英語はおそらくイギリス英語寄りだと思います。

発音はあまりきれいではないでしょうが、

語彙のチョイスは間違いなくブリティッシュの感覚に近いでしょう。


こういった発音や語彙の感覚に対して、外国人は非常に敏感です。

なんででしょうか。これは私がずっと抱いている疑問です。

確かに日本語の中でも同じことは言えそうです。

名古屋弁のイントネーションで「くつ」を発音すると、

「く」の音が上がって、「つ」の音が下がりますが、

これは関東(標準語)では逆になります。

音が違うだけで、一瞬クスッとなってしまうときもありますが、

通じないということはありません。

そして、それをバカにする必要もありません。通じれば何でもいいのです。


しかし、アメリカやイギリス圏にいくと、自分たちの英語を誇っているので、

自分たちの様式でしゃべらなければ見下されることがあります。

非常に残念ですね。受け入れる心が乏しい人もいるものですねと思うときがあります。

いかに自己の精神が乏しいか、人への寛容さに欠くかが露呈されているわけですが、

彼らはそれでいいと思っているわけです。

これが言語の権力の威力です。残念ながら、英語が公用語である以上、

ある程度はこの権力に屈服せざるをえないところもあります。

(文法の基本ルールを吹っ飛ばして話すことはダメですよー。)

だから、こういったことを回避するためにちゃんと英語を学ばなければなりませんが、

同時に「どんな英語を話してもいいじゃないか」と自分の独自性を

言い張れる度胸も作っていかなければなりません。

語彙のチョイスについてはいうまでもありません。

「ありがとう」と言うべきところで、「てめーに助けをもとめてねーのに」と言ったら、

その言ったやつは非常に嫌な奴にしか映りません。

時と場合を考えて物を言うために、ニュアンスを覚えることは必要ですので、

この知識は受験期にしっかり身につけてほしいなと思います。


英語は奥が深いです。公用語として使っている人が多いので、

どんどんバリエーションが増えていきます。本当に日々勉強ですね。

ジンバブエ人と話して、いろいろ考えさせられました。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人                        <div class=

受験生よ、英文を遅く読む時間は終わった。

さて、赤本を片手に受験勉強をしている学生も増えてきましたかね。

今年も12月がやってきてしまいました。

さて、うちの予備校の学生たちも、私のデスクに置いてあるセンター試験演習問題や

リスニング問題や赤本を死ぬほど解いております。

そして、私の授業では予習型の授業形式よりも

実際の試験と同じ時間で演習してから解説するという形で臨場感を意識した演習を

週に2回程やっております(その時はできるだけ問題をやりたいので解説も高速気味で学生も大変)。

さて、これを授業怠慢ととるかどうかは正直分かれるところですが、

私の持論ですが、どんなに読解を丁寧に辞書を用いてやっても、

速く読む・解く訓練を意識してやろうとしない限りはできるようにならないと思っており、


授業内で演習をすることは大事だと思っています。

もちろん、辞書を引いて精読するのは大切で、私の指導でも前半期は容赦なく辞書を引かせます。

でも、それが当たり前すぎてそれが癖になって悠長に読解することしかできなくなる学生もいます

そうはいっても、情報をもらう方が

実際に、指導時間内で学生に解かせるのは正直時間の無駄だと思う部分もあると思いますし、

指導生の中でも、それを過去に問題にされて指導中断ってパターンもあります。

それでも、私は意見を曲げずにいます。

それはひたすら厳しい時間の中で解いて処理することで、

そして家に帰って辞書を引きまくって単語等を覚える作業に浸る方が、

英語を高速に読めるようになると思っているからです。

そして、何より自分がそうやって実力をあげてきたのもそうですし、

自分の同輩もそうやって留学を勝ち取って英語を堪能に扱っている事実があるからです。


さらに、自分で管理して時間配分を丁寧にやることを分かっていても、

できないで甘えてなあなあにしている学生って実は多いし、

他人の前で制限時間をきっちりはかられてやっているのと自分でやっているのではやはり違います。

他者にプレッシャーをかけられて読んでいる場合って、本当に糖分使うんですよねww

そういう臨場感は時期になったら必要です。

(また90分で授業して90分きっちり話すと、物凄い情報量を与えて1週間で死ぬほど覚える量が増えたり、

演習して定着させなきゃいけなくなるので、その定着ができなくなる学生ってむちゃくちゃ多いんですよね。

ガチの東大志望とかだったらそれでもいいのですが…)


さて、そういう時間制限をかける練習ができる状態になっているでしょうか、受験生の諸君。

1文が全然わからない、パラグラフがわかっていない場合は、かなりやばい。

でも、それでももう突き進むか、思い切って半月でもいいから基礎に戻るor読解の練習に特化する

とかとにかく手を打たなければなりませんし、判断を迅速にしていかなければなりません。

2次での英文読解の訓練も正直あまりできないので、ピンチな状態だと思っていい。

(2次は英作文等が演習のメインになるかなと…)

心配だと思った人は、まだセンターレベルなら挽回可能です。

自分のことを良く知っている先生にご鞭撻いただくべきです。

諦めずにガンガン突き進みましょうね!

河合のプレテストの雑感+現役が伸びる!が通用する学生とは?

さて、先日河合塾のセンタープレテストが行われました。

英語はというと、少々失速気味で170点台が多かった気がしました。

一方、190点後半もちらほら出てくれて本番でもきっと結果を出してくれるのではないかと信じております。

しかし、英語はいいとして、今回波乱がおこったのは数学と理科、あと社会もですね…

とにかく自己採点の数学がよろしい学生が少なく……少々心配です。

あと、理科もいつもできる学生たちがスコアを落としていたので、ここにきてしっかり詰めようねと話しました。

まあ私のジンクスなのですが、プレテストでうまくいった学生は

本番でやられることが多いので、今悪いぐらいで十分です。

過去にプレで830点を取ってしまって、「これはもう名大医学部に突っ込むか??」ってなったのですが、

本番ふたを開けてみると結果として675点……まさかのスコアっていう学生もいました。

今ではその学生とこの時期になるとネタのように話すわけですが、本人は一瞬焦ったでしょうね。

(ちなみにその学生は藤田医科で一生懸命医学生やって、優等生の一員として数えられております。

本当によくできるし、気が利く学生なので講師としてもお手伝いいただいております。)

だから、いっそ少し悪い方が気持ちが引き締まるし、安心できます。常にチャレンジャーとしていましょう。

それと、悪いと言ってもトータルで750点は取れている学生が多いので、

今のところ志望校を変える学生はほぼいません。期待して突っ込む気でいます。



しかし、そうはいっても正直申し上げて

この時期に伸びる学生と、そうでない学生はいます。

どんな学生が伸びるのか??伸びる学生っていうのは、

基礎訓練がしっかりできている学生です。

基礎の理屈がしっかりわかって復習できる学生は最後の1ヶ月にテスト形式で死ぬほどやっていけば

必ずスコアが出てきます。そして、基礎があるがゆえに本番でパニクりすぎずに、

基礎に戻って考えられる知恵が残っていれば難しくても悲惨は免れます。

一方一番怖いのは、自称70%~80%の学生

通しであまりやったことがなかったり、模試や練習問題を重ねたのに

突き抜けたスコア(180点オーバー)が出たことがない学生は実はヤバいです。

それが思い当たるのであれば、少し基礎を見直してください。どの教科もそうです。

社会だったら年号の流れを追い直すとか、政経だったら各単元の主要内容を説明してみるとか

実は全然理解していない範囲があったりするんですよ…マジで。

英語・社会に関して言えば

180点(90点)って、基礎があって練習しまくって10回ぐらいやっていると1回は180点出るんですよね。

模試で180点が1度も出たことがなければ、正直根本に問題があるor戦略で押しすぎです。

そういう人が800点越えた事例は実は見たことがありません。

基礎をギリギリまで詰め込みつつ、ある程度演習で磨いて、過去問を解きまくるという

順序がある学生はやっぱり伸びます。


それと即興二桁から180点から3桁にするってなったとしても、正直170点台がマックスかな。

テクニック推しのネットの宣伝でも180点越えのパターンってみたことがないし、

むしろそういう宣伝が160点ぐらいまでしか取れないことを物語っています。

(そして、ちゃんと英語ができれば180点はむしろとれる科目なのよ、英語って。

190点切ったらもう英語なんてできない人なんですよ…上位の世界って。)

あと、基礎が詰まってない人は、問題を解くスピードがクオリティとともに上がらなくて

結局解く量が不十分に終わるという事態を引き起こすか、

素早く解いても同じミスが連発して、解くものが無くなってしまう問題量トラブルを引き起こします。

(実は今年はこういう基礎が甘い学生が多いので、本当に振り切れないパターンが多い。

そして、本番きっちり出してくる学生が果たして何人出るのだろうかと予備校の方は心配。

皆自己ベストは更新しているが、正直つらい壁にぶち当たっている…なんとかしなきゃ)


もう12月がはじまりました。ここからは緻密に忍耐強く生きた人が勝ちます。

寒いですが乗り越えましょうね!

記述解答が苦手な人のための医学部英語試験ガイドww vol.2

さて、記述解答が苦手な学生が医学部に入るためには、

正直申し上げて戦略が少し必要になります。その続きを少々。

前回の物は4校挙げましたが、それよりはさすがに何かしらのリスクがあるのであしからず。


5. 獨協医科

獨協医科の英文読解と文法問題はそれほど難易度的には高くないので

文法ができれば高得点が狙えるし、地方の学生が受けないのでそこそこ穴場にも見える。

またセンター利用もしやすくボーダーもそれほど医学部受験にしては高くない。

でも、ここは募集人数がそもそも低いので補欠が回ってくるかどうかは謎で、

あまり受けさせたくないと言うのが本音。



6. 東海大学医学部

東海大学医学の問題は最初の長文が標準的or少し長いだけで

あとはセンター試験みたいな問題が散りばめられており、それほど難易度が高くないです。

最後に英作文と和訳がありますが、それでもマーク形式で点数がとれる実力があれば

しっかり解答ができるレベルなのでそれほど難易度が高くないし、とっつきやすい。

でも、ここは最低80%、正規を狙うのであれば90%っていう勢いでやるべきです。



7. 東北医科薬科

ここの英語は長文2本が医学ネタで2本目の英文が1000ワードクラスでなかなか大変にみえますが、

問題はそれほど捻ったものは少なく、英語をそれなりに理解できれば難しくないです。

偏差値65ぐらいを維持している学生にとってはそれほど難易度を感じないでしょう。

文法問題もそれほど難しくないので、英語が苦手な学生はねらい目です。

ただ、ここも募集自体はそれほど多くないのとかなり辺鄙なところなので

大手を振って勧めることができないのが本音。あと、前回あげた学校よりは難しい。


8. 久留米大学医学部

久留米大学の問題は和訳と英訳もあり、単語を問う問題も少し難易度が高いのですが、

90分の時間制限のなかで考えればじっくり読めるので

偏差値65をキープしていて、単語を覚えて臨めば何とかなるレベル。高得点も期待できる。

しかし、基礎レベルとは言えないし、慣れが必要なので簡単とは言えなくなってきます。


というわけで、この辺の問題を少し見てみてください。