FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

TOP PAGE

初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2019年は、名古屋を中心に動き、時々京都と四日市に出向予定。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)




現在、1:2指導でしたらいくらか承ります。

今年は浪人枠少ないです。予備校の授業が増えたので…
今年は個別指導浪人は6名受け入れました。
昨年の3分の1にして、こじんまりといきます。
全員国公立医学部or東大を目指します。


遠方の指導依頼をお受けできず本当にすみません。
もう基本名古屋市内を出ることができなくなりました…。
まあ本来の在り方ですが、
自宅から15分でも行くのが大変なほど指導生が多くなりました。



1:2の枠でしたらあと3枠あります。

枠を増やしましたが、真剣に頑張る人のみ来てください。

よく勘違いされるのですが、

私の指導生は偏差値50ある・ないぐらいの瀬戸際スタートの学生ばかりです。

(基準はありますので、【指導料金と指導依頼する前のご注意】をよく読んでください。

国立医学部を目指す学生はずるずる浪人しないように基準をものすごく高く設定してあります。)

勉強習慣を持っていない学生もいますし、ものすごい力をもってないくていいです。

できるようにする!!or志望校に受かりたい!っていう気概ある学生だけ来てください。

やる気ない人は私のところでは向きません。反復練習ごときで音を上げる人は来なくていいです。

ご両親のみの、一方的すぎた御意向で決めた学生はお受けいたしません。


私の指導生はみんなやる気満々とは言わなくても、勉強をしなければならないと自覚している学生が大半。

うち秘めた闘志をもった学生や、野心家、上昇志向強い学生、自分の理屈を通す負けず嫌いは

本当に多いです。ファッションで勉強している人はほぼいないので、非常にバラエティに富んでいます。

私はそういう学生を指導できることを幸せに思っております。


(2019年04月02日現在)


自宅は名駅から地下鉄(桜通線)で15分以内(最寄駅から2分です)。
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を12年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

近況状況

さて、久々のブログですが、近況のみです。

今年は予備校で国立クラスと私立の上位層を任されることになっていますが、

皆さん良く頑張ってくれています。

個別の指導生の方が今年は厳しいかなという感じですが、

個別生は個別生でまた課題に奮闘し一生懸命にやっており、

全員医学部・旧帝合格を目指しております。


先日のマーク模試の自己採点も190点以上が5名、

180点以上が2名といい感じな滑り出し。

今年も100点ぐらいの学生が9割をとってくるという努力家もいました。

今年もそれなりに旧帝・国立医学部等を真剣に狙える学生があつまりました。


こういうことを書いていると、また

「そりゃある基準を越えているから…そうなりますわ」と言われそうですが、

半分はそう思っております。医学部受験、しかも国立医学部の受験は

やっている受験生が一番わかると思いますが、本当に大変で、1教科も手を抜けないわけです。

それを1年でケリをつける気でやっているわけですから、

何科目も0スタートに近く事が進めていない状態だったら

苦手科目の強化なんてまずできないでしょうし、合格は遠のきます。

そして、そうかといって私立医学部に行く!って志望を簡単に変えられません。

お金の問題が発生するわけで、私も立場上頑張ってほしくても言えないこともしばしばです。

だから、それでも医師になることを譲れないとなったら

国立志望をやり続けなければならないというのも選択肢でしょうが、

個人的には「違う道もありますよ」と進める側な人間で、厳しいいい方ですが、

「じゃあなんで医師になるというそんなに物凄い意志があったのに、そんなに時間かかってるの?」

という、本来優秀である人も正直少なくありません…。

私自身、やはり学生や親御様にお金をいただく以上、そして、結果を出さなければならない以上、

申し訳ないですが国立医学部受験に関しては、ある程度の基準を求めます。

(でも、それでも本当に意志ある学生もいて、その意志に魅かれて、

数年覚悟で死ぬ気になってやりますという生徒が1人いて、今ものすごい勢いで勉強しています。

今年でケリがつくかわかりませんが、1年で行けるのではないか??と思える学生で楽しみです。)


一方現役生組は、高1が大奮闘しており、大きな改善を遂げた学生がいます。

半年基礎を死ぬ気でやって、やっと高1終了範囲である仮定法が終わり、

学校の進度においついて、少し入試問題をこなせるぜって言える学生に変貌。

彼には申し訳ないが本当にできなかったし、

「覚える作業って何?」「ノート作る作業って何?」

の状況から本当にまともな実力をつけたなぁと思います。そういう根性ある学生、大好きです。


変に進学校に入ってその所属に満足してプライドが高かったり、

「できないから」と自身を卑下している・過小評価して躊躇したり、

いざやってみてもすぐダメだ…ってなってまたしぼんでしまうよりは、

勉強ができるできないに関係なくとにかく完遂しようと頑張れる学生の方が

100倍結果は出ると信じています。今後の彼に期待です。


中学生も全員奮闘しており、学校で満点狙うぞという準備ができた学生や、

中1~2で英検2級が取れるんじゃないの?っていう学生、

医学部に行くぞと死ぬ気で頑張っている公立生、

画家を目指して海外に行く気満々で英語を極めたいと努力する中学生。


とにかく、頑張っております。そんな学生が多いので、私も頑張っております。

そして、6月にはある大学で進路指導講演をすることにもなっているので、

また近くになりましたらお知らせいたします。


個人的にもやることだらけで、引っ越し・家庭づくり・ある資格の取得などなど

まあ今年は色々学ぶ年にしたいなと思います。


あと、1:2でしたら、時間によっては指導できます。

あと新居は名古屋駅から電車に乗って、いまよりも少し近くなりました。

よかったらどうぞ。(私は文面ではかなり怖いと思われていますが、

根は真面目で、実際に会って話すと結構へらへらしています。

でも、こうやって思っただけを書くのは、「本気じゃない」学生と会うことを減らすためです。

私がやる気にすることは授業の中ではあると思いますが、

最初から「○○に行く気にさせてください」と私に言わせるのは違いますよ。

それは本人がやることであり、100歩譲って親御様が説得したり、そう育てたりするといいです。

めちゃくちゃヤル気ある方、大歓迎です!!)

今までのノリを変えられるかという決意ができるかこそ、4月でやるべきこと。

さて、今週は予備校の週末テストが展開されましたが、

今年は思いのほかスコアが良くて、私もびっくりでした。

もちろん事前にこういう問題が出ますよっていうのを今年は出してみたのですが、

思いのほか効果は絶大。まあよくできていました。

しかし、同時に覚えることが本当に苦手な学生、もしくはポテンシャルがあっても

実際に丁寧にやっていなかったり、メモ書きをしたり、自分の道を貫きすぎている人は

うーむな結果になったかなというところです。

私にとっては小テストのスコアなんてどうでもいいのですが、

このスコアをやっていて気になることは、

いかに自分のやり方を貫くのか??

それとも敢えて言われたとおりに流れを変えてみるのか?

ですかね。

正直ドンピシャの指導法に出くわす人はかなりラッキーで、

私の指導方針(ノートを基に覚える・問題を大量に解く・4択問題ほぼやらない・解釈重視)なんて、

まあ拷問と思う学生や親御さんもいるし、過去にどれだけ「ついていけません…」と

私が言われてきたか…。それはそれでいいのですが、

申し訳ないですが、1年間手を抜かずに欠かさず貫き通して、

粘ってきた学生たちは何かしらを得て、1年前のスコアの1.5倍ぐらいにはなっている次第です。

その通りガチで努力して、すぐにはできないけど、半年から1年は粘ってみて初めて結果が出ます。

正直1~3か月ぐらいで、「言われたことをやったのに…」と言われても、

覚えることを極めたところで結果が出ないことは多々あります。

また与えられた課題をこなすのは当然で、

むしろそれをこなすことしか頭が回らない時点で少し真の実力からは1歩後退。

その先のステージというか、本来の勉強の姿ですが、

「どんな状況でも知識をアウトプットするものなんだ」と自分の力で維持しておかなきゃいけないっていう自覚が

学生の中に芽生えないうちは、どんなに勉強しても無限ループです。


でも、そんな無限ループを抜け出すためには、実は

自分のノリから敢えて外れてみることが一番

ある一定期間精一杯の努力をしていても、

無限ループにハマっていたり、成績が顕著な上昇がない時には、

自分のノリに限界がある証拠で、何か新しい流れを生み出すきっかけなしで、

反復を繰り返していても何も進歩はありません。

「可愛い子にこそ旅をさせろ」で、自分にはなかったものに適応順応させようと自身で努力させる・

もしくは自分で努力をこなして生き抜くと、想像していた以上に異質な力を得ることがあります。

反対に知っていることや、ネットに書かれていることに真に受けてその実力を反復することも、

結果的に自分が心地いいことしか取捨選択していないわけで、大きな変化は臨めません。

明らかに自分よりも違う力をもっているかもって思ったところに師事したり、

忍耐強く自分を少し捨ててその人の「ノリ」にのることで、その人が見ている新しい目線を手にして、

その人の目線から受験を捉えたら実はたいしたことはなかった…なんてことも多々あるわけです。


私は毎年同じこと、いや、私がこれまでそうだったと信じている勉強法を

現代的に、そして学生のニーズに合わせてupdateして提供しているだけですが、

現代の勉強法

(youtubeとかみる・謎の4択問題を解きまくる・とにかく授業を聴いてテクニックをえる)とは異なっているようで、

「高橋の扱う英語はなんか難しい…」、「あいつのやっていることは明らかに他とは違う…」なんて

外部の指導者や私を良く知らない指導生からは評価を多々受けます。

でも、そんなことはなくて、実際に指導を受けている学生からしたら、

「あれが普通だし、問題もいたって普通。入試に実際に出ているしね…」という感想で、

そういう感想を持てない人の多くは食べず嫌いか、形式が違うから異質にものを見ているだけか、

もしくは内容がない鶏がらのガラみたいな英文を嗜んでいるだけなんですよ…。

もちろん指導生の中には1年やっても、

「なんか今までやっていたものとは違ったし、なじみがなかった…」なんて印象を得て、

自分のなじみがないものはすべて受け付けられなかった……だからダメだったみたいな学生、

つまり「流れとか習慣はそう簡単に変えられないんだ!!」って言いきった学生や

中学受験でどっぷり問題しか解き抜かないで力技のみで乗り切った親御様は、

思考を変えられず、もしくは普段の流れに戻って、結局大きな変化を得ずに

自分の想定内かその範疇よりも下回った結果…最悪なのは結果を得られなかったという状況…


ノリを変えて失敗する人もいるように見えますが、実は少ないです。

うまくいっている人は、ノリをいい方へ変えても、

新たに必要なノリを自分の良いノリの中にうまく都合よく組み込むもの、

もしくはそれをうまく排除して、自分のノリをそこまで変える必要はない…って

感覚的にわかるんですよね。

自分の状況がよくわからない人や、状況が良くない人ほど

自分がこれ以上悪くなったらどうしようもないと思って安全地帯の外へ出ないんですよね。

自体が変わっていない時点でもうそれは最悪。現状維持は衰退の一路を辿るのみです。

春はそういう先生たちにたくさん出会える季節であり、

自分のなかで少しきつそうだけど、口調や思想はなんか近いからやってみようかな、

でも、1年はこうと決めたからついていくぞって思ったらついていってください。

こうだと思った先生でしくじったら、それはある程度あきらめもつくでしょうし、

場合によっては「なんで上がんなかったんだよー?」と愚痴るぐらいでいい。

是非ともいい出会いをこの4月中に学生ができたらいいなぁと思います。

入試で絞るよりも落第させる道を選んだ医学部なのかも?

さて、今年も新学期が始まったのですが、なかなかやる気に満ちた学生ばかりで、

ガンガン和訳をもってきた学生も多々おり、正直少し安心しております。

一方我が道を行きたい学生もいるのかなーっていう学生もちらほらいますが、

それでもやらないよりはましで、当分は様子を見ようかなって思っています。


さて、今年は「覚えること」を強調して話すことを意識しています。

もう理解・理解を繰り返していても、講師が理解を求めて指導することは当然で、

最近はその度合いがいき過ぎてしまい、使っていくうちに覚えればいいことまでも

文法の説明として組み込む先生まででてきてしまっていますよね。

(もちろん授業によってはプラスになるものも多いので、全否定ではないが…

grammar geeksを生む可能性もあり、工夫はしてほしい。)

昨年は理解重視で説明と基礎演習に力を入れて復習させたはいいものの、

知識を座学としてちっとも覚えず、最終的に勉強の意味が解らず

問題を解けばできるんでしょコースに逃げていった学生がちらほらいて、

その反省から今年はあえてガンガン進んで、単語のイメージネタをたくさん作って、

覚える力に期待するような授業にしております。


先日ある医学部学生と話して、彼らが言っていたことは

「大学の授業はすごくわかりづらい。まとまってないことだらけで自分でまとめなきゃいけない。」

これを耳にした時は驚愕しました。

難関を通り抜けた学生でさえも、与えられたレジュメ処理はできても、

講義を聴いてまとめる作業をして自分でどこを覚えるか等を考える力の

有無は相当まちまちで、本来の勉強が何なのかをよくわかっていない学生も多いのだなと

非常にびっくりして、悲しくなってきました。

(これは彼らだけをいかん!!まずい!!と言えなくて、講師側もまずい。

点数をとらせようと、面倒なことを省いてあげようと準備してあげすぎた結果です。

私もこういう部分では戦犯者なところもあり、自分の学生がこういう風になっていた場合は

やはりもう少し自発的にやらせればよかった…と思うことがあります。)

こういう学生が増えているからなのか、それとも本当に実力がないからなのか

大学側は落第生として進級させない道を結構選ばせているなぁっていうのが

最近の私の印象です。

藤田の情報ですと、1.2年生時の留年決定した学生が30人手前いたそうな…。

医学部での勉強自体が大変ですが、

受験を乗り越えても必要な実力が身についていないというのが

医学部受験をやっている身から思う感想ですね…。


こうなってもらいたくないのもあり、やはり英語指導者としては

「英語力」はもちろんのこと、「覚える力」を身につけてあげたいなというところで、

最近は中学生にも容赦なく覚えさせます。

(そのせいか、生き残る学生もずいぶん減ってしまい、

正直中学受験も中高一貫指導もお勉強マシーンを創り出しているだけじゃないかと

世の中をまた悲観してしまいそうです)

今年も中1学生で2人ほど春休みで大幅に力を付けました。

2人とも公立中学の学生で、うち一人は0スタートの学生でもう中3手前のことまで終えています。

力がなまってしまうので当分は英作文やスピーキングで力を維持したり、

さっさと高校ネタの英文を読ませるなどガンガン行きます。

公立だろうが私立だろうが英語の場合は関係なくて、

死ぬ気で覚えるか、自発的にやれるかどうかで全然変わります。

まあ難しいですね…


英語を通じて、単語等を覚えさせまくって、しっかり自分で勉強できる習慣をつけるのが

私が教える英語指導であり、

受からせる家庭教師としてよりも、大学へ入っても困らない英語力をつける家庭教師へ

引き続き進化していこうと思います。

人生を変えたい人たちがたくさん来てくれた!

すみません、ブログ更新がかなり途絶えましたが、生きています。

というか、公私共に忙殺しており、ブログなんて書ける状態ではありませんでした。


さて、今年は非常に意志が強い学生があつまりました。

「本気でやらないと人生変わらない!!」

「ここで人生の成功を得なければ、後はない!」

こういう思いをもった学生が多々集まりました。

また、九州から飛んできた、

浜松や長野、また関西圏から奈良、神戸から飛んできた学生もおり、

相当人生賭けてきてくれているんだなと、

しかも私ごときに遠くから声を掛けてくれる学生や親御様がいるなんて、

本当に本当に嬉しく思う反面、恐縮してしまいます。

また予備校の学生たちも頗る真面目な学生ばかりで、

「本気でやるからな!」っていう学生が残って、

今年も高校野球で魅せるような学生の頑張りを見れる

贅沢な1年が送れそうです。でも、添削はきっと大変です。

それでも、学生がやる気を維持している限りは頑張ります。


やる気がない学生、少しでもいいから指示に沿えない学生は

人生を変えるとか、自分の目標より2ランク上の目標に到達できないです。

「できないかも」、「ダメかも」、「そこまで頑張らなくても他に道はある」とか

考えてしまうのが人間の常なのですが、そこを1歩前に前進できる人は、

小心者と映る一方で非常に勇気ある学生だなと思いますし、

大きな結果に繋がるなと信じたくなります。

中学生のことが全然できなかった高1生が昨年は本当に集まったのですが、

この半年から1年の間で高校受験の応用問題まではしっかり手が出るようになり、

やっと私が言っていることを理解し始めてきました。

最初は宇宙語に聞こえた私の言葉も1年粘ったら、それなりに英語の成績は好転してきました。

そういう粘りある学生、成績が悪かったとしても可能性だらけなので大好きです。

(それでも、先日卒業生たちに「先生はできないとイライラを垣間見せますよw」と言われました。

でも、「その相手の焦燥を感じとり、なんとかしようと考えて努力するのも勉強だよ」と

自己肯定感を表に出しておきましたww)