2020
05.02

TOP PAGE

Category: TOP PAGE
初めまして。名古屋を中心に活動している謎の英語講師です。
2017年は、名古屋と東京と京都と三重に出向予定です。
よかったら、簡単なご挨拶プロフィールをどうぞ。

指導依頼はメールフォームまでお願いします。
内容のところには、学生さんのお名前、学年(ご職業)、英語の勉強の目的、
志望校(大雑把で結構です)、どういった指導を希望するか
を書いてください。
基本は即日中にお返事していますが、結構な距離を移動しているために、
お返事が遅くなることがあります。
それでも必ず2日以内にお返事をお返しいたします。よろしくお願いします。
【メールフォームはこちら】


私の著書が完成しました!!
【こちらから買い求められます!!】

出版物 写真 (500x500)




来年2018年の2月からの指導募集を開始します。
少し枠を増やしました。
保留にしていた方々の枠はすでに考えてあります。
来年は新たに愛知医科推薦対策授業(3名ほどの少人数)
を募集いたします。
私の自宅での指導も可能です。
自宅は名駅から地下鉄(桜通線)で15分以内(最寄駅から2分です)。
詳細はお問い合わせの際にお話しします。

本気で医学部受験合格したい学生、
本気で東大・京大をはじめとした旧帝に行きたい学生
本気で英語を勉強して人生を変えたい学生、
お待ちしております。

2017年から
≪英語学習計画作成+学習ペースメーカーSUPPORT≫
を始動!内容をご確認の上、ご連絡ください。
こちらはまだ承ります。


指導依頼をする前に、どうか下記にある
【指導料金と指導依頼する前のご注意】
を必ずお読みください。

(2018年1月18日現在)



指導依頼をする前に、次のことをご確認いただき、
しっかりお読みいただいてから、お問い合わせお願いいたします。

【指導料金と指導依頼する前のご注意】【指導科目と指導実績】
【授業開始までの流れ】

-------------------------------------------------------------------------------

【英語の学習に関する記事一覧】

英語は中学校からの習得開始ということもあり、
数学や国語以上に基礎事項に時間を割く分だけ時間がかかる科目です。

しかし、
部活や学校行事や人づきあい等で思うように勉強ができないのが高校生活。
理想的に英語を勉強するためには、よほどの覚悟が必要になってきます。

これまで大学受験の英語指導を12年間してきましたが、
指導していて感じることは、ここ数年で英語の実力が二極化し、
英語が得意な学生とそうでない学生の間で英語の実力差は顕著になっていることです。
英語を克服せずに、大学受験での成就はないといっても言い過ぎでないほど、
大学受験では英語が重視され、英語という科目を回避することは大方不可能です。
しかし、大学受験を勝ち抜くためには、
英語が苦手な学生も真正面からこの科目に向き合い、
克服していかなければなりません。

そこで、今回は、英語をどのように学習し、学習において
どの程度の質・量が必要なのかという問いについて、
大学受験の観点から考えていきたいと思います。よろしければ、ご参考ください!


★英語の学習で自覚していなければならないこと

【「受験年初期に偏差値50」がスタートライン!】
【基礎ラインに達していない学生がすべきこと】
【偏差値50から始める学習の目標は?】
【偏差値65からの英語学習で心掛けること】

★具体的な英語学習について

【単語の覚え方】
【英作文の対策法】
【リスニングの勉強法】 (1) (2) (3)
【英文読解で必要なこと】 (1) (2)

------------------------------------------------------------------------------
【大学受験全般に関する記事一覧】
自分の立ち位置を知り、ショックを受ける人は少なくありません。
でも、考え方をポジティブにもっていけば、
困難なこともそこまで困難だと思わなくなると思います。
よかったら参考にしてみて下さい。

【E判定から逆転する思考をつくる(1)】
【E判定から逆転する思考をつくる(2)】
【E判定から逆転する思考をつくる(3)】
【E判定から逆転する思考をつくる(4)】

------------------------------------------------------------------------------

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2018
02.19

国立二次で気をつけてほしいこと

Category: 雑記
さて、今週末で受験最大級のイベント、国立二次が始まりますね。

今年は東大のセンター最高得点が900点という驚異の学生がいたようで、

東大が湧いていますが(少なくとも自分の中ではww)、

私の指導生にも理2と理3を受験する学生がいます。

あとは東北(医)、名大(医)、名市大(医・経)、三重(医)、弘前(医)、

京大(経・理)、名工大(工)と

まあかなり背伸びした学生が多いですが、センター試験の結果も見て

強気で行きました。センター利用でも結構勝ち取ってきているので、

大方浪人はしないだろうということもあり、

大きく勝負に出てきました。そして、英語は準備万端です。

どの学校も8割以上出してやろうじゃねーかって感じで仕上がっています。

(東大京大は少しビビっていますが、それでも足は引っ張りませんよ!!)

という感じなのですが、

それでも2次試験は何が起こるかわかりません。上位になればなるほど

何でもありなところがありますので、一般的なものをガンガン読ませています。

そして、入念な解答作りもしてきましたので、まあ大丈夫と信じています。

そこで、今回はお裾分けということで、

受験のときに気を付けてほしいことを少し書いておこうと思います。


国立二次受験の英語で気を付けてほしいことは大きく2つですね。

まずは日本語の解答方法。

指示語を訊かれたときは、必ず「~ということ」みたいに名詞で終わらせること。

そして、the informationなどのように下線を引かれた場合は、

「~という情報」って具合に名詞をしっかり明示して解答すること。

こういう細かいところはやはり設問に答える上で非常に大切なことで、

受験に近づいて行けばいくほど、適当にやってはいけません。

普段できないことは本番でもできませんので、気を付けましょう。

またよく「字数制限がなく『説明せよ』的な問題はどれぐらい書けばいいのか?」

という質問を無茶苦茶受けますが、これは藤田の一般試験指導でもいうのですが、

「1文の日本語でそれなりに内容を載せて読みやすい量ってのは、

60~70字」
っていうことを覚えておきましょう。

もちろん、内容によるのですが、100字を超えると要約になってしまうことが多いので、

多くても80字ぐらいで処理したら印象はいいんでないの?

って思い、この暗黙の字数制限を与えております。

そして、この制限を与えておくと普段の練習でも、

ただ和訳しておけばいいんじゃね??がなくなって、読みが鋭くなり、

身が引き締まった解答が書けるんですよね。

現高2生とかもよかったら参考にしておいてください。


そして、和訳の仕方についてですね。

これは先日ある国立大学の先生に直接訊いてみました。

すると、「意味がしっかり伝わる日本語で直訳的なものすぎたら概ね×にします」

とバッサリ言われました。やはり意味重視だそうな。

同じようなこともツイッターの住人の指導者が言っておられて、

やはり直訳的なものは避けたほうが良いと思われます。

ではものすごくきれいな訳を書かなければならないのか??

というとそこまでではないようです。

日本語を読んで、ある程度英語の文法構造通りに意味が通るなと思えるものであれば、

問題ないようなことも言っておられたので、

日本語を書いたときに他者が読んでも

「あ、言っていることわかるね!」って思わせるような日本語かどうか

1度でいいから必ず書いた解答を読み直してみましょうね。


あとは英訳では逐語訳は厳禁ですね。まずスコアをくれないでしょう。

あとあまりにも拡大解釈的なものもよくないですね。

塩梅が難しいですが、そこは信頼できる添削者にお願いしましょうね。


というわけで、本当はまだまだ各大学の癖等いろいろありますが、

それはまあ指導生にしか教えませんwww

今やることないなーって思った人は

こういう感じで解答かく練習をしてみるのもいいかもです。

よかったら参考にしてみてください。


では残り数日ですが、頑張りましょう!!
  Trackback:0
2018
02.18

医学部受験における英語の立ち位置

Category: 雑記
さて、医学部受験も終盤。先日は埼玉医科大学の後期試験2次で、

我が軍からも数名受験するために埼玉へ飛び立ちました。

補欠長者は一見よさそうに見えますが、

正規合格がなければとにかく不安を払拭すべくうけまくるしかありません。

まあそれも何か間違っているような気がしますが、

本気で医者になりたいと思う人の中には、何としても正規!

ってなってしまう人もいるかもしれませんね。


さて、そんな医学部受験ですが、

ここ数年よりも少し緩和してきましたが、

それでも平均して4科目の合計点勝負ですので、

苦手な科目はできる限り減らしたいところです。

そして、理科科目もできなきゃダメなのですが、

それでも

やはり英数の実力が必須になってきます。

個人的には英語の先生がこういうのもいけないかもですが、

数学は正規合格の命運を最後の最後で分けると思います。

指導している受験生の中にも、数学強者はやはり合格しやすく、

英語は申し訳程度とは言わないまでも、基礎を叩き込んで

ある程度勝ちパターンの勉強をさせてしまえば、

合格させることは結構可能です。

まあとはいえ数学強者というのも、記述模試等で偏差値75手前、

駿台の模試でも65ぐらいはほしいところで、

なかなか取れるスコアでもありません。

しかも数学の場合、1問の失点が大きいので、1回できたからと言って

それが実力という風にも言えない場合があり、

数学の実力=平均的に偏差値70をとれたかどうかが

結構大事なのかなと思っています。

となると、これが結構難しいんですよね。

まあそれがおいそれとできてしまう人は

必然と医学部受験に合格できてしまうのはなんとなく納得かもですよね。


じゃあ数学強者でなければ合格できないかというと、そんなことはありません。

(でも、弱いでは困る。)

英語強者が受かる道も結構あって、

最近では北里とか帝京、あと個人的には愛知医科(年によるが)は

英語ができると合格する確率は上がるかなという感じです。

数学で絶対的に優位が獲れなければ、

英語でコンスタントなスコアを獲るしかないです。

英語は数学ほど大きな波が出にくいし、記述が苦手な人はマークに逃げられる等、

手の打ち方の幅もあり、実はなんとかできる科目でもあります。

ただ、基礎的な力をつけることに時間をかけなければなりませんので、

地味な仕事が結構要されます。単語習得とか構文理解とかもろもろ。

ただ1度それが仕上がってしまうと、大きくスコアが落ちるということはありません。

あとはどれだけ英文を読み込んだかとか英文を書いたかに比例するので、

努力が顕著に出る科目でもあります。

だから数学がにっちもさっちもいかないのであれば、英語に力を入れるのはアリです。

でも、数学ができない・英語ができないだと医学部受験でうまくいきません。

どちらかが偏差値60切っていると、

どんなに片方が良くても1次合格すらまともにもらえません。

特に英語強者で数学弱者というパターンは合格がもらえません。

反対は結構パターンとしてありますが、

英語だけでは残念ながら合格は厳しいです。(早慶とかみたいにはいかない。)

医学部でビリギャル的な学生を創るのは本当に難しいですね。

というわけで、英数は早いうちから力を創る必要がありますので、

しっかり継続的なお勉強をしてください。

では今日も一日がんばりましょう!
  Trackback:0
2018
02.17

防衛医科大学2勝+これからどうするの?って悩んでいる人へ

Category: 雑記
さて、先日防衛医科大学の正規を2勝獲得しました。

まあ東京の最上位の学生です。正直余裕でしたって具合で、

昭和の正規をおえているので、そちらに行くことが決まっております。流します。

でも、昨年から2年連続で受かりましたので、個人的には嬉しかったです!


先日は予備校のほうも色々動きがあり、新しい学生さんも結構増えていました。

まあどうなるかわかりませんが、またせっせと準備をしていかなきゃですね。

しかし、今年は1次合格で止まった学生も多々おりましたが、

もちろん1勝もしていない学生も予備校には結構おり、

結構悲しい結果も耳にします。

(でも、うちの校舎はグループの中では結構戦績いい方です。)

そして、そういう学生の多くが今予備校に残ろうか、他の予備校へ行こうか、

はたまた都市部へ行こうか迷っているように思います。


Ⅰ:予備校に残るのであれば……

今いる予備校で先生も揃っていて、環境も悪くないのでしたら、

残っていた方がいいでしょう。

ただお金の問題もあるので、親御さんと相談するのが優先されますね。

しかし、自習室がうるさいとか、友人としゃべくる環境があるのでしたら

それは敢えて環境を変えて、新しいところへ行くべきです。

もしくは家庭教師を雇って自習室だけ借りれる感じの塾を探すべきです。

うちの予備校でよろしくないのは、学生同士が結構徒党を組んでしまうんですよね。

勿論不安もあって仲を深めようとするのでしょうが、それではダメです。

あと、なんで環境が良い予備校にいたのに受験でうまくいかなかったのか???

これをしっかり考えてほしいです。

先日、Twitterにもあげましたが、医学部受験の英語は

市販レベルのもので80%取れる学校が大半で、それに至っていないのは

練習不足か実力不足なのですよね。概ね前者ですが…。

ただ、問題を解いているだけではダメなので、やり方を変える必要がありますね。

よく知っている先生でしたら、その打開策を見つけてくれるでしょうが、

それが合わないなと思えば、先生を変えちゃうのも一案です。


Ⅱ:他の予備校に行く!!

予備校が合わなくてもう動こうとしている人、これもアリですね。

現状でダメなら新天地でっていうのは僕も嫌いではないし、

それで新しい風を入れて、発見があるのも事実です。

自分の見えなかった弱点も見えるかもしれませんので、ありですね。

ただ、とりあえず大手!!っていう発想はやめた方がいいでしょう。

よく見栄を張って、「医学部予備校にいくのは負け組」と言う学生もいますが、

いやいや、大手でただ聞き流して授業をして、好き勝手問題を解いて、

自称無双とずんっってしている方が恥ずかしいです。

最上位のクラスに所属していれば受かる!俺・私すごい的な雰囲気が漂っているところほど、

足元掬われるので、ちゃんと大手予備校にいくのであれば、

自分の立ち位置を冷静に把握し、黙々と勉強できる環境を作ってください。

自分を制御できないのであれば、諦めて医学部予備校にいくのもありです。

色々指導してくれますし、少なくとも私はガンガン課題を出しますし、

添削も勉強方法もゴリゴリにできます。(あとで自発的に方向もつけますよ)


Ⅲ:都会に行く!!

都会に行く、つまり合格率が高い大手の予備校(駿台のお茶の水とか)や

医学部予備校(よくわからんがいろいろある)ってことですが、

東京や大阪に出ても状況は言うほど変わりません。

よく名古屋からも、「名古屋にはまともな予備校がないから京都・大阪に出ます」

という方がいますが、そういうことを言う人ほど、

自分の子供が根気よく勉強できていないとか、自立してない親御さんだったりして、

富ですべてを解決しようとするんですよね。

地方の方で都会に出ると言うのならこれは一案ですし、

本当に頑張ってほしいですね。

ただ、医学部予備校は

見たことないような金銭感覚狂乱バカも少なからずいますので、

そこに流されずしっかり自分をもった勉強をしてください。

あと大学受験は中学受験と違って反復だけでは合格できません。

自分がある程度気づくとかしない限り、合格にたどり着かないし、

それができない学生が医学部へ行ってはいけません。

(僕が言わなくてもお医者様の立場にある医学部の教授がはねるでしょう)

また生徒だけでなく、東京大阪名古屋は「医学部受験指導可」といって、

全然医学部のことを知らずに指導する方も多いのでお気を付け下さい。

私はむちゃくちゃ詳しいではないですが、多分人よりは知っている方だと思います。

そして指導生の合格者は少なからずいますので、何かしらご提供できますww


まだ国立が終わっていなくて少々早い話ですが、

もし来年頑張って医学部に行くんだ!!って意気込んでて、

ライバルよりも先に動きたい学生は参考にしてみてください。

国立受験組の方は是非とも合格してくださいね!!
  Trackback:0
2018
02.16

繰り上がりが始まりましたね。+私立医学部受験で思ったこと。

Category: 雑記
さて、今年も私学医学部の1次試験は慶応を残すのみとなりました。

そして後期試験も着実に終わり、明日金沢医科ですか。

あとは藤田・関西医科・昭和・大阪医科・近畿と後期を控えておりますね。

私としては藤田が実はねらい目(定員少ないですがね)だと信じ、

ガンガン対策しています。そして、5枠全部取ってやろう!と

他の先生と強力なタッグを組んでガンガンやっております。

頑張りましょうね。藤田後期対策は準備しまくっていますので、

受かりたい!!って思う人は一緒に頑張りましょう。


国立2次明けは時間ができます!!


そして、さっそく補欠が回ってきました。予備校では北里が、

私のところの学生も北里と金沢医科がきましたね。

日本医科大学はすでに80名以上回ているようなので(これは順天のおかげでしょうね)、

これから各地補欠が回ってくるでしょう。

私の学生も皆さん補欠を持っているので、しかもなんとか回りそうな順番なので、

まあいけるかなと。しかし、受かってもいかないパターンも今年は多いので、

いくつか補欠を回します。愛知と藤田、ガンガン回ってください。

そして、福岡の正規合格を心からお待ちしている学生もかなりいるので、

そこにも期待ですね。


さて、そんなわけで振り返ってみるわけですが、

今年は英数がやはりきついと書きましたが、

それでも1次試験合格をたくさん見ました

正直申し上げて、4年前ぐらいの医学部受験と比べると、

ずいぶん楽になったなと感じます。

4年前は実力があっても全教科そろわなかったらアウトみたいなところがあったのですが、

今年は1教科無双、英語無双であとは60%みたいな手ごたえでも、

正規を取ってきた学生をみてしまい(本当の手ごたえはわからんですよ)、

正直1次の戦績は過去最高にいいです。

医学部受験の熱も少し冷めてきましたかね、というのが私の印象です。

しかし、そうはいっても正規をとるのはなかなか大変で、

上位層はそれほど変わっていないなという風にも分析しています。

でも、英数が偏差値70~75あって補欠1つしかないはありませんでした。

理科が弱くても英数で2勝以上、

わが軍は1人平均4つぐらいは1次試験合格しています。

とはいえ、これも数学の先生と、物理の先生が協力してくれたおかげでもあります。

本当に理数系を詰めてくれる2人には感謝でございます。

来年はそんなわけでもう少し結果が出しやすいかもですね

と少し期待していますが、

やはり正規を完璧に取ることを念頭に置かなきゃいけないって

考え方を今まで以上に強くしていかなきゃですね。

私の周りの学生には、

「医学部受験は大変だけど1次は当然。

それぐらいのことをやっているので、課題は必ず終えて」


と結構プレッシャーをかけてやっています。

根本的に理解を深めた勉強をしなきゃ合格しないことは相変わらずなので、

引き続きガンガン受験指導準備、

そしてすでに来年を見据えている学生のために授業をしていきます!



思いのほか正規合格が出たので、まだ数名募集中です!
  Trackback:0
back-to-top